« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012/07/29

OpenGardenDaysAmsterdam2012  4つの印象的なお庭

暑い日本から、爽やかだったオランダの6月を思い出して書いています。

ここ数日、アムステルダムの気温も高いようだけど、いつまで続くかな??

1か月前のアムステルダムオープンガーデンOpenGardenDaysAmsterdam2012 レポートをもう一つ。

公開されていた29ものお庭をいっきに巡っていると、同じようなスタイルのお庭や グリーンばかりのお庭に飽きてこないとも言えません。

(このブログをご覧いただいている皆様もオープンガーデンネタが続いて飽きている頃かとは思いますが・・・ラストです)

クラッシックスタイル・モダンスタイル・ナチュラルガーデン・・・いろんなスタイルのガーデンがある中で、今回ブログでは他とはちょっと違うと感じたお庭・印象的だったお庭・心に残ったお庭など・・・4つ ご紹介します。


Og201206sp01

Herengracht502(↑↓)

ここは市長官邸宅。

ものすごくきれいな シンメトリックなトラディショナルガーデンです。

Og201206sp02


真ん中に広がる鮮やかなグリーンの芝生と、白い小石の小道・・・。

そして奥には 一本ポツンと植えらた紅いモミジが とても効いています。

さらにその奥の白い東家(1909年)が お庭の印象を引き締めています。

なんだか ロマンティックですよね。

大きな公園を歩いているような落ち着いた雰囲気が、私はとても気に入りました。


Og201206sp03

Keizersgracht586(↑)

ここは”Nihon no hanga”(日本の版画を扱うギャラリー)。

お庭はもちろん!? JapaneseGarden!日本風ガーデン。

竹やオリエンタルの樹木・植物が植えられています。

ガーデンオブジェはもちろん灯篭。

芝生のグリーンがとっても鮮やかです。

ドライな(乾燥した気候の)オランダでも、日本の空気を思い出させるような雰囲気があります。

お庭の小道には”飛び石”が配置されており(写真には写っていませんが)、オープンガーデンで訪れたオランダ人やヨーロッパの人達もみんな、”飛び石”を楽しそうに渡っていました。

このお庭は、これまでのオープンガーデンでも公開されていて、私も何度も訪れていますが、年々 植えられている植物たちが育ち、しっかり馴染んできているように感じます。


Og201206sp04

Herengracht386(↑)

ツゲのグリーンと赤サビ仕上げのパネルが特徴のお庭。

グリーンと赤(茶)の色のコントラストが印象的です。

運河ひしめくアムステルダムを模したスタイルのようです(なるほど~)。

こんなデザインのお庭、初めてみました。

斬新です!


Og201206sp05

Kerkstraat67(↑)

ヨーロッパクラッシックスタイルに欠かせないツゲBuxusがこんな姿に!

ツゲの曲線で、まるで丘のようにガーデンが作られています。

このガーデンがKerkstraatのお庭だということも驚きの一つです。

Kerkstraatは運河沿いの豪邸が並ぶストリートとは違い、狭いストリートに細く 小さい家がチョコチョコ・・・と並ぶ庶民的なストリート。

それが!

建物をくぐって中に入ると中庭はこんなに大きく立派!

そしてモダン!!!!!

これまでにも何度も公開され毎年見ていますが、それでも毎回そのギャップに 驚きます。



ストリートからは 全く想像のできない中庭を持つアムステルダムの建物。

その中庭には、いつもはカフェで騒いで飲んだくれてる?!オランダ人達が 密かに大切にしているプライベートの ゆったりとした静かな時間が流れます。

オランダの、オランダ人の魅力ですね。

見習いたいON/OFFの時間の使い分けです。

(んっ?ON/OFFの使い方間違ってる?!仕事の時間は?)


半月に渡り オープンガーデンネタにお付き合いいただきありがとうございました。

今回レポートで 2012年のオープンガーデンOpenGardenDaysAmsterdam2012レポートは終了です。

来年のオープンガーデンOpenGardenDaysAmsterdam2013 は、2013年6月14・15・16日開催です。

来年は是非 皆様も 町を歩きながら お庭を見ながら アムステルダムの人々の本当の姿を探してみませんか?

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2012/07/26

OpenGardenDaysAmsterdam2012  ウォーターガーデン

もう1か月以上経ってしまいました。

日本はとても暑く・・・爽やかだった(寒かった!?)ヨーロッパの1か月前の出来事が、とても遠い日のように感じてしまいます。


さて・・・

6月第3週週末に行われたアムステルダムオープンガーデンOpenGardenDaysAmsterdam2012。

今回は水のある風景(お庭)・ウォーターガーデンを集めてみました。

ご存じの通り、アムステルダムは運河の町。

Og201206magerebrug_2

上の写真はアムステルダムで唯一の”木造の跳ね橋”『マヘレの跳ね橋MagereBrug』。

オープンガーデンのコースは観光スポットでもある『マヘレの跳ね橋』も横目に、アムステルダム中心エリアを歩きます。

アムステルダムの人々も「運河」「水」が大好きです。

公開されていたお庭の中にも、「お水」「池」を備えたウォーターガーデンがいくつもありました。

お庭の片隅に小さく・・・、お庭の真ん中に大きく・・・スタイルはいろいろです。

青空の日には、空のブルーと太陽の光が 水に写り込んで キラキラときれいに違いありません。

お庭のオーナーさん達が、お庭の池のほとりでくつろぐ様子を想像しながらご覧ください。


Og201206water01_2最初のお庭はPrinsengracht849

煉瓦で囲われた池と、ツゲBuxusできれいに造形された、手入れの行きとどいたお庭。

写真では見えませんが、ツゲの周りには 白い小さな”貝”が敷き詰められた小道があり、お庭が引き立ちます。

横幅5-6メートルですが、奥に(10メートル以上)細長く広がるアムステルダムらしいガーデンです。


Og201206water02

Keizergracht 745-747(↑)

まるで公園のように広いガーデン、タイプの違うお庭が組み合わさっています。

バラのアーチをくぐると(まだ咲いてないけど)、趣のある池と渡り板。

様々な水辺の植物がみられます。


Og201206water03

Keizergracht 633 MuseumGeelvinck(↑)

ウォーターガーデンで有名なこのお庭は、カナルミュージアムMuseumGeelvinckのお庭なので、オープンガーデン開催中以外でも見ることができます。

私も大好きなお庭です。

ハスのお花はオランダ人にも人気の被写体、みんな一生懸命に ハスの写真を撮っています。

Og200306k633

上(↑)のピンクのバラがきれいな写真は 2003年のオープンガーデンで公開された同じお庭。

2003年、このお庭を見た時の美しさの衝撃は今でも忘れられません。

水面がキラキラで バラのピンクが鮮やかで バラの香りが漂ってて・・・夢のような空間でした。

2003年当時に比べると、現在は改造され 今のお庭・植物になりましたが、私は2003年の時のお庭の方が好きでした(今のお庭もとても素敵ですけどね)!


Og201206water04

Herengracht 366-368 BijbelsMuseum(↑)

カナルミュージアムの一つバイブル(聖書)博物館。

このお庭に植えられている植物は聖書にゆかりのある植物なのだそうです。

クラッシックでもあり直線的でモダンな雰囲気もあるウォーターガーデンです。


Og201206water05

Keizergracht poort naast nr.369-371(↑)

毎年公開されているお花いっぱいのナチュラルガーデンです。

お庭には高低差が造られ、小さな小川や池も配置されています。

お庭の中のいくつかのコーナーには、ベンチが設けられていたり くつろげるスペースがあります。

それぞれの場所からは違うお庭の雰囲気が楽しめます。

そんな憩いのスペースはとても人気。

このお庭では、オープンガーデンを巡るガーデン愛好家達が、いくつかあるお庭の中の憩いスペースで のんびりお花を眺めながら 休憩しています。


Og201206water07

Keizergracht 148-152 CanalHouse(Hotel)

Og201206water06CanalHouseホテルのお庭が公開されていました。(←↑)

昨年の夏にお庭を改造したそうで、それを機にオープンガーデンに参加。

今年のオープンガーデンの29のお庭の中で、ここCanalHouseHotel のお庭が 私は一番好きでした!!

大きなモミジの木がとても印象的。

モミジの葉にあたる太陽が優しい光となり・・・何時間でも過ごしたいと思う とても素敵な空間でした。

ウォーターガーデンといっても、お庭の片隅にお水のコーナーがあるだけですが、それでも水音(雰囲気)がとても心地よく とても癒されました。

クラッシック&ナチュラルな雰囲気も残しつつ、ラウンジガーデンファーニチャーがとっても似合うモダンガーデンでした。


今、こんなに暑い日本にいると、太陽の下で過ごすなんて考えられませんね・・・ ・・・ ・・・

普段は、いつも悪天候のオランダの気候に不満ばかりですが・・・オランダの空気が、オランダの空が、オランダの太陽が恋しい今日この頃です。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2012/07/22

BVT 秋冬リボン・タッセル第一弾 入荷のお知らせ

今回ブログは BloemenVanThuraから新商品アップのお知らせです。

2012年7月、「2012年秋冬リボン・タッセル第一弾」入荷いたしました。

Facebookページではお知らせしているので、すでにホームページをご覧いただいた方もいらっしゃるかもしれませんね。

BloemenVanThura Facebookページ


今回入荷は少数・少量ですが、ほとんどのカテゴリーに新商品を追加しております。

今回新商品をアップしたカテゴリーは・・・サテン・太巾サテン・布テープ・オーガンジー・スペシャル・ウール・デラックス・ベルベット・ロープ・ブレード・タッセル・・・等。

ホームページのリボン・タッセルカタログページも、秋冬商品を見ていただけるよう商品の並びを変更しておりますので、お時間ございます際に 是非ホームページをご覧いただければと思います。

BloemenVanThuraホームページ「雑貨カタログ」


今回の新商品アップに伴い料金表のパスワードを変更しております。

お気軽にお問い合わせください。

BloemenVanThuraホームページ「お問い合わせ」


今回アップした商品の一部の写真をご紹介します。

いつものサテンやオーガンジーも、ちょっとキラッとする素材やデザインがおススメ。

そして冬と言えばやっぱりベルベット素材!

Bvtribbon1207


インテリアやクラフトに人気のタッセルは、豪華なタイプを中心に たくさん入荷いたしました!

ヨーロッパらしいスタイル・カラー・配色の豪華なタッセル達です。

Bvttassel1207

タッセルは美しすぎて 見てるだけでも満たされます!?


Davincisampleそして嬉しいお知らせ?!

BloemenVanThura定番商品 ドイツDaVinci社「玉虫サテン」シリーズ40mm巾/25mm巾リボンの料金を値下げいたしました!

オールシーズン、様々なシーンで人気のリボンです。

アレンジやウェディングはもちろん、これからの季節でしたら リースやギフトラッピング等にも大活躍!

是非この機会に!


BloemenVanThura今後の入荷予定・・・

【2012BVTクリスマス】

8月後半~スタート!

本場ヨーロッパの豪華なガラスのクリスマスオーナメントや、アレンジに添えたいかわいいオーナメントなど。

BloemenVanThuraセレクトの クリスマス雑貨 もお楽しみに!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2012/07/19

OpenGardenDaysAmsterdam2012  グリーンクラッシックガーデン

毎年6月第3週週末に行われるアムステルダムオープガーデンOpenTuinenDagenAmsterdam2012レポートです。

1ヶ月以上経ってしまいました。

日本は、梅雨が明ける7月後半から真夏~!となりますが、オランダは5・6・7月が夏(のイメージ)、8月はもう秋、肌寒~い風が吹き始めます。

太陽もそう、夏至を過ぎると 日の沈む時間が 徐々に早くなるのを感じます(それでも日本よりずっと遅くまで明るいんですけどね)。

多くの人がバケーションに出かける7月、それを終えるともう秋です。

私も今回の帰国と 8月初めの夏休みを終えオランダに戻る時には、もう夏は終わり・・・(寂)。

8月中旬からは展示会があちこちでスタートするので、そうなると もう完全に夏ムードはありません。

そんな短いオランダの夏を振り返りつつ、アムステルダムオープンガーデンOpenGardenDaysAmsterdam2012 をレポートしたいと思います。


今回ブログでは今年公開されていた29の様々なスタイルのガーデンのうち、歴史を感じるヨーロッパのガーデンらしいフレンチスタイルやクラッシックなスタイルのお庭をご紹介します。

一つのお庭でもいろんなスタイルがミックスされていたり、私には専門的な分類が難しいので、このブログでご紹介するお庭の種類は、私のイメージでの分別となっています。

Og201206classic02

Og201206classic03

Og201206classic04

Og201206classic05

今年の夏はいつまでも寒く、お花の成長も遅い夏でした。

ちなみに今年のオランダの夏は、平均気温15.7度の25年ぶりの冷夏だったそうです(オランダ・ポートフォリオさん記事参照)。

オープンガーデンのお庭は、残念ながら どのお庭もお花が咲き揃っていない状態でした。

ツゲBuxus によりきれいに形造られた このタイプのお庭には バラがよく似合います。

・・・が、バラの季節だというのに(6月第3週週末)、ご覧の通り!バラすらも まだほとんど咲いていませんでした。

今年は”グリーンガーデン”。

お花は少ないですが、こうして写真を振り返ると、時折こぼれる太陽の光が、ツゲや芝生に反射してきれいですね。

グリーンたっぷりのお庭・・・気持ちが落ち着き ずっとグリーンを眺めながら過ごしたいと思うお庭です。


このスタイルの代表的なガーデンとして、アムステルダムに数ある運河ミュージアムの一つ、ファンローン博物館MuseumVanLoon(Keizergraht672, Amsterdam)のお庭をご紹介します。

ファンローン博物館は 17世紀(1672年)に建てられた豪華なカナルハウス。

東インド株式会社V.O.C. にかかわったアムステルダムの豪商ファンローン家が1884年から所有、現在は博物館として公開されています。

ここは、オープンガーデンの3日間に限らず、博物館としてはいつも公開されているので、オランダの黄金時代のインテリアや暮らしに浸ってみるのもいいですね。

って、私自身オープンガーデンで何度もファンローン博物館に行っていますが、博物館として訪れたことはまだありません・・・。

いつか機会があれば、まだ足を踏み入れたことのないガーデン以外も 見てみたいと思っています。

お花の少ない(まだ咲いていない)今年のファンローンのガーデンでしたが、大木の白いバラのようなお花が満開(下写真参照)で、と~っても良い香りが漂っていました。

Og201206classic01

この写真の反対側(背中側)にあるガーデンハウスも とっても素敵なんですよ(一番最初の結合写真の左側がそう)!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2012/07/15

『Aquarius』 in Amsterdam, Summer 2012

今回のブログは(も) 6月中旬の お花イベントについてのレポートです。

オープンガーデンについてはまた次回・・・


10日間だけオープンするアムステルダムのスペシャルなお花屋さん・・・

前回(昨年)、11月にこのブログでご紹介したのですが、覚えていらっしゃいますか?

2011年10月に開催されたイベント・・・2011年11月19日ブログ参照

様々なシーンで活躍する オランダフラワーデザイナーUeli SIGNER氏 と Florian Seyd氏 による、10日間だけオープンするスペシャルなお花屋さん in Amsterdam。

”お花屋さん”というより、”ギャラリー”と表現する方がイメージにあうでしょうか。

今回は6月8~17日、アムステルダム中心エリアの Kerkstraat163番地 で行われました。

前回のイベント時と同じストリートの違う物件(番地)です。


Aquarius120601この日、私はたまたま別件で このストリートを横切り・・・

すると横目に飛び込んできたんです。

お花でできたタコのような??オブジェが!!

すぐにピンときました・・・Ueli SIGNER氏 と Florian Seyd氏 のイベントだ!!と。

別の用事へ向かう途中でしたが、吸い寄せられるように 思わず方向転換!

Aquarius120602

Ueli SIGNER氏 と Florian Seyd氏も ショップ内にいらっしゃいました。

お話を伺うと、この日が最終日とのこと・・・たまたまこのストリートを横切ってラッキーでした!?

前回のタイトルは『UrbanFarm』”都会の中の自然”がテーマでしたが、今回はガラリとイメージを変えて!!

『Aquarius』・・・アクエリアス?・・・アクアリウス?・・・水がめ座?・・・アクア?・・・

タイトルについて詳細は伺いませんでしたが、ショップ内のデコレーションを見れば伝わってきます!!

水の中にいるような、水中の生物とお花達が共存する 独特の世界が広がっていました。

写真を撮らせていただいたので、ご紹介します。


Aquarius120611

エビやサンゴ(みたいなもの)見えますか?

Aquarius120612

Aquarius120613

Aquarius120614

Aquarius120615

他にも魚(はくせい?やオブジェ)や貝や水槽・・・そして本物の金魚も!

金魚は、ヨーロッパでは日本以上に(たぶん)珍しく そして人気です。

ディスプレイのあちらこちらに ”水”に関係するアイテムがちりばめられています。

鮮やかな色合わせや 個性的なアイテムのセレクションなど、お二人の独特の世界が表現されていました。

植物と お魚や水の生物のミスマッチが、(日本人にとっては)浦島太郎の世界に足を踏み入れたようで、とってもミステリアスでモダンに感じられるスペシャルな空間でした。


最後の写真はショップの外に並べられていたプランツ達。

プランツ達も お二人のカラー(個性)が出ていますね。

Aquarius120621

Aquarius120622

次回は11月(予定)だそうです、やはり アムステルダムのどこかで。

今度はどんな世界を魅せてくれるのでしょうね・・!?

私は11月は日本滞在予定なので・・・行けません、残念・・・

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2012/07/12

OpenGardenDaysAmsterdam2012  見ごろ咲きごろ?

気が付けば7月半ば・・・もう!1ヶ月近く? 経ってしまいました。

Oga20120601私が毎年 アムステルダムで一番楽しみにしているイベント・・・

毎年6月第3週週末に行われるアムステルダムオープガーデンOpenTuinenDagenAmsterdam2012(OpenGardenDaysAmsterdam2012)。

今年2012年は、6月15~17日(10~17時)に 開催されました。

私は今年、16・17日の2日間 オープンガーデンを巡り、公開されていた全てのガーデンを見ることができました。

写真は今年のイメージガーデン、チケット(小冊子)の表紙です。

雨に降られることもなく、たまに太陽が覗くくらい、前後のお天気を思うと そこそこ恵まれ、よいオープンガーデンDAYになりました。


Oga20120602今年は29のお庭が公開されていました。

左写真はチケット(小冊子)に掲載されていた 公開ガーデンを記すマップ。

この内、多くのガーデンは毎年公開されているお馴染みのお庭ですが、初めて見るお庭もありました。

毎年見ているお庭でも、昨年までとはガラリと変わっているお庭があったり、昨年一昨年より植物たちが成長したり 馴染んでいたりする様子をチェックするのも、このオープンガーデンの楽しみ方の一つです。

まずはチケットポイントとなっている住所で、3日間共通チケット代わりの地図・詳細が掲載された小冊子を入手(15ユーロだったかな)。

始めてこのイベントに足を運んだ時のことを思うと、この小冊子・・・年々とっても立派になってきています?!

それに年を追う毎に、6月第3週週末に この小冊子を持ってアムステルダムの運河沿いを歩く人が どんどん増えています!!

Oga20120603私が初めてこのイベントを訪れた時(2003年)、この地図を持って歩くことがなんとなく恥ずかしい気持ちすらしていたのですが・・・

今となっては・・・オープンガーデンを訪れる人も、アムステルダムに住む近所の人だけでなく、オランダ全土から、ドイツ・フランス・イギリス等からも ガーデン愛好家が訪れる 人気のガーデンイベントなんです。

左の写真は、チケット(小冊子)の裏表紙のスタンプ帳。

1~29までいろんなサインで埋め尽くされました。

全てのお庭巡りを達成しても「おめでとう~」とは誰も言ってくれませんが、私にとっては最高の達成感です、おめでと~!


2012年、アムステルダムのオープンガーデン・・・

今年は(も?)夏だというのにヒーターが必要なくらい寒かったり、嵐のような悪天候が続いていたオランダ・・・

アムステルダムのストリートを歩いていても、毎年見かけるお花の成長も遅いような気がしていました。

オープンガーデンのお庭はどうだったでしょう??

29のお庭を巡った感想・・・

おそらく・・・私が過去数年間 見た中で、今年が一番お花の成長が遅かったのではないでしょうか。

過去には、どのお庭もバラがちょうど満開を迎え 良い香りが漂っている年もあれば、色とりどりのアジサイやしっとりとしたアジサイが最高にきれいな年もあり。

バラが完全に終わり 他のお花もほぼ終わり お花は少なくグリーンばかり・・・という年もあり。

しかし今年は、バラがやっと咲き始め、種類によってはまだまだこれから、アジサイもほんの少し咲いている品種がある程度で まだまだ多くの植物達が成長途中・・・。

植物の成長の遅さや ガーデンの咲き揃い度の寂しさ(?)・・・今年2月の 運河すら凍ってしまった大寒波が 影響しているのかもしれないですね。

オランダの今年の冬から春・初夏への気候のことも思い出しながら、お花の成長を見て歩きました。

このオープンガーデンから約1ヶ月経った今(2012年7月)、アムステルダムの街中で見かけるバラはほぼ散り、アジサイが満開となっています。


「毎年毎年 オープンガーデン見て歩いて飽きないの?」

・・・なんて友人から言われたりもしますが、同じお庭でも 毎年違う お花・植物達の成長具合を見るのは とても楽しいと 思っています。

今年はちょうどこのイベントのタイミングに、日本からお客様がオランダ視察にいらしていたので、一日は一緒にアムステルダムの街を ガーデンを巡りながら歩きました。

黙々と歩く いつものオープンガーデンとは違う 観光気分の楽しい時間となりました。

お客様にとっては貴重なオランダでのお時間でしたが、お付き合いいただきありがとうございました。


今回のブログには 肝心のお花の写真がありませんが、また後日(1ヶ月も経とうとしている今、まだ整理できない!?)写真を整理してご紹介したいと思います。

昨年までのオープンガーデンの様子は BloemenVanThuraホームページ「Holland&Eupore情報」コーナーでご覧いただけます。

アムステルダム初夏の人気イベント・・・過去の様子も 是非ご覧くださいね、写真満載です。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2012/07/08

フロリアードFloriade2012 VillaFlora in June

6月中旬に訪れた 私にとって2回目のフロリアードFloriade2012。

(もう1ヶ月経ってしまう・・・)

お花関係者が集うガラス張りの大きなVillaFlora・・・

館内のデコレーションやアレンジも、夏のお花・デザインに変わっていました。

5月の様子は・・・5月28日レポート「Villa Flora in MAY」

使われている花器や置かれている場所などは、ほとんど変わりません。

ですが、活けられているお花が 春仕様から夏仕様に変わっていました。

お花が変わるだけで、ガラリと印象変わりますね。


夏のお花の様相に変わったVillaFloraの様子を写真でご紹介します。

Floriade201206green01_3

Floriade201206green02

Floriade201206green06

カラフルなお花の季節ですがグリーン系のデコレーションもいいですね。

Floriade201206green03_3

Floriade201206green04_2

Floriade201206green05_2

Floriade201206green07

VillaFlora内にあるステージでは、展示用のデコレーションの活けかえを、デモンストレーションにして見せてくれていました。

いいアイデアですね。

このVillaFloraを訪れる人なら誰でも興味のあるデコレーションの活けかえ作業。

デモンストレーションにして見せてくれれば一石二鳥です。

見る側も作業者(フラワーデザイナー)も。



日本政府のブースも模様替え(前回の様子は5月25日ブログ参照)。Floriade201206japan01

きものや”帯”の鮮やかな色が目を引きます!

今回はプリザーブドフラワーとKIMONOとOBIの共演でした(6月17日まででした)。


Floriade201206japan02フラワーデザイナー中山 佳巳氏の節句がテーマのデコレーションコーナーは「桃の節句」でした。

前回とガラリと変わり 華やかなデコレーションになっていました。

「桃の節句」デザインは7月8日までだそうです。

次回も楽しみですね~・・・私は見に行けそうもありませんが・・・


遠い・辛い・もう行けない(遠くて)・・・と思っていたフロリアードFloriade、日本からのお客様のおかげでまた行くことができました。

一緒に時間を過ごしていただきありがとうございました。

そして!”晴れパワー”ありがとうございました!?

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2012/07/04

EURO2012を振り返って・・・アールスメーヤレポート2012年6月

3週間にわたって開催された2012年夏のビッグイベントUEFA EURO 2012、スペインが優勝し幕を閉じました。

Ek20120600オランダも盛り上がるはずだった?!EURO2012・・・

グループリーグ3連敗で「オランダの夏は終わった・・・」かのような”盛り下がり”具合の EURO2012 となりました。

開催前は、街は写真のようにオレンジ色に飾られ 盛り上がっていたんですけどね・・・。

オランダにとっての初戦だった6月9日と 2戦目の13日は、オレンジ色を身につけた人が街にあふれ、カフェにはオレンジ色の人垣ができ、(負けても)夜中まで盛り上がっていたのですが・・・

2連敗後のグループリーグ3戦目6月17日は、試合前から街中に”悲壮感”が漂っているかのように感じたほど。

違う結果になっていれば、オランダの経済効果と オランダの2012年夏のハッピー度も ものすごく違っていたことでしょう。

残念です。

スーパーマーケットには、BBQをしながらサッカー観戦で盛り上がるはずだった この夏のために用意された大量のハイネケン(ビール)が 今も山積みになっています。

・・・もうみんなバケーションに出かけてしまいますよ~。

BBQをしたくなるようなお天気も 少なかったのも 一因だと思いますけどね。

(売れ残ったのか?というのは、勝手な私の想像です)

現在、いろいろ心配事や問題の多いEUですが、スペインの優勝で EU経済・世界経済に多少はよいニュースになる事を祈ります。


EURO2012・・・

Ek201206plants011つの 2012年夏のビッグイベントとしての ”EURO2012”を、お花を通して振り返ってみたいと思います。

6月中旬、ちょうどグループリーグが行われていた頃の アールスメーヤ花市場の仲卸さんで見た サッカー仕様のプランツ達をご紹介します。

オランダの応援にはもちろんオレンジ!!!

このスタンドには、オレンジ色のお花達・・・カランコエ・ガーベラ・グズマニア・オレンジのカラテア・ケイトウ等が並んでいます。

Ek201206plants03

グズマニアやカランコエのミニポットプランツにはサッカーボールピックを添えて。

ポットもサッカーボール柄!

Ek201206plants02

エケベリアは出場国国旗カラーにペイントされていました!!


そうそう、グループリーグ敗退後、オランダの取引先メーカーさんへ行った際、おそらく予想以上に余ってしまったと思われる”オレンジ色”と”トリコロール(オランダの国旗色)”のグッズをもらいました。

「サッカーは負けちゃったけど、ロンドンオリンピックで活用してねっ!」と。

そうですね、気持ちを切り替えて 7月27日から始まる”オリンピック”ですね。

経済のためにも、みんながハッピーになるためにも、暑い夏になるためにも・・・”オランダ”頑張れ~。

もちろん”日本”も!!!!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

2012/07/01

フロリアードFloriade2012 夏の色 in June

今日から7月、2012年後半ですね。

いつものんびり「オランダのお花ブログ」は、まだ6月・・・6月に見たこと聞いたこと体験したことをレポートしていきたいと思います。


10年に一度のフロリアードFloriade2012、5月に行った際、(遠いので)もう行けない~!と思ったのですが、日本からのお客様の訪蘭のため、また行く機会ができました!!

ということで、(今はもう7月ですが)6月中旬のフロリアードレポートです。


辛い3時間のバスの旅・・・日本からのお客様にも 何度も 「こんなにかかるの?」「こんなに遠いの?」と問われ・・・

申し訳ないのですが、”辛さ”(?)を共有していただきました(汗)。

私もあらためてバスの中で何度も「遠い~、もう行きたくない!」と思いました・・・!

前回訪れた ”春の終わり・夏の初め”の5月中旬、フロリアード会場の花壇は、ほぼ枯れた春のお花チューリップと 咲き始めの夏のアリウムが混在・・・。

あれから1カ月・・・どのように季節は進んだのでしょう!?


6月中旬フロリアード会場は、みずみずしくグリーンが広がり、たくさんのお花が揺れていました。

私はその空間に足を踏み入れた瞬間、長距離バスの”辛さ”を忘れ、すっかり”幸せ”な気持ちになりました。

グリーンの香りが心地よい~。

Floriade201206bloemen01_3前回訪れてから たったの1カ月でしたが、フロリアード会場に見渡す限りに広がる花壇には、ヨーロッパらしい香りのする、ヨーロッパの気候ならではの植物たちが、自由気ままに咲き乱れていました。

これは!オランダらしい?自転車の刈り込みプランツ!!

そして・・・6月のお花達・・・

よく知るお花も 見たことのないお花も、ヨーロッパらしい爽やかな風に吹かれて揺れていました。

Floriade201206bloemen02_2

満開の真っ白なマーガレット(上写真左)。

ヤマボウシBenthamidia japonica/Cornus kousaも満開(上写真中)。

空に向かって広がる?”見たことのない木”も気になります(上写真右)。

Floriade201206bloemen03_2

真っ赤なポピーと”ケシの実”が立派です(上写真左)!

個性的だけど風に揺れる姿が優しいオダマキAquilegia(上写真中)。

イチゴは ピンクや赤いお花も咲いていました、白いお花だけじゃないんですね(上写真右)!

Floriade201206bloemen04

日の長いこの季節、太陽に向かってグングン・ワサワサ?伸びる音が聞こえてきそうな勢いの植物たち(上写真)。

Floriade201206bloemen05

上にスッと伸びるタイプのお花もこの季節に多いですね(上写真)。

Floriade201206bloemen06

Floriade201206bloemen07_2

そして、この季節はブルーとイエロー(上写真)。

ヨーロッパの夏の代表的なカラー・コントラスですよね。


6月の平日・・・前回 5月に訪れた時以上の 想像以上の混雑具合でした(驚)!!

雨が降りそうで降らなかったこの日、途中 晴れ間さえも出て 気分は上々。

そして またまたつい!? お昼のワインが進んでしまいました・・・お客様と共に!?

お客様と日中からワイン?・・・オランダ式です、オランダ式っ!・汗

これは確実に、晴れ男・晴れ女パワー(日本からのお客様)のおかげでした!

ありがとうございました。

先月、5月のフロリアードレポートは下記リンクから。

5月19日レポート「バスで観光気分!?」

5月22日レポート「午前はのんびり・・・」

5月25日レポート「午後ものんびり!?」

5月28日レポート「Villa Flora in MAY」

5月31日レポート「リビング・ガーデンの未来形」

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など