« ”ライラック”ロマンの旅 =Historische Tuin Aalsmeer= | トップページ | 機内で観る映画のセレクトとタイミング »

2012/05/12

”ライラック”ロマンの旅 =季節巡り=

春の日本帰国を終え、本日 オランダへ向かっています。

ブログは公開日時を予約してアップしています。


さて、前回ブログで『Historische Tuin Aalsmeer』と ライラックの生産量はAalsmeer が世界の95パーセントであることをご紹介しました。

今回はそんな”ライラックのロマン”に迫りたいと思います。

『Historische Tuin Aalsmeer』を訪れた後、私は Aalsmeerとライラックの関係を調べようと、あれこれネット検索。

すると!あまり知られていないライラックの栽培の様子が見られる動画をYoutubeで見つけました。

私が語るより分かりやすい動画を いくつかご紹介したいと思います。

是非 動画をご覧ください。


まずはライラック(切り花)の収穫、ガラスのグリーンハウス(温室)の中です(3月頃~)。

硬い枝は電気の通ったハサミでカットするんですね。

こんなハサミ初めて知りました。

この後、サイズを揃え 5本単位(たぶん)に束ねて、スリーブ(ラッピングセロファン)に入れて出荷となります。

下の動画は前回ブログでご紹介した”島”で栽培されているライラックを 植え替える作業中(10月前後、2か月ほどかけて作業)。

広い農園ではこんな風にコンベアを利用して作業するんですね、なるほど。

こんなに広い場所での重労働ですが、これなら数人で作業できます。

是非動画をご覧ください。

下の動画は葉っぱの剪定、お花の咲く春への準備です(11月頃)。

広い農園、まずは全体的に機械で刈って、細かい部分はこの電気のハサミで。

脇には水路も見えますね。

そしてボートを使って運搬、グリーンハウスへ(1月頃)。

前回ブログでも登場したボート・・・「かつては・・・」とご紹介したのですが、現在もこのようにボートを使っての運搬です。

登場する犬もかわいいですよ。

この時点では 芽も葉っぱも出ていないただの枝の状態です。

もう一つ短い動画(16秒)、凍る水路をボートで運搬。

見てる側には美しい光景ですが、寒く冷たい氷の中の 大変な作業です。


これらの動画を見て、私はとても感動しました。

ライラックの生産に、農業に ”ロマン”を感じました。

”温室育ちのきれいなお花”と、とくに深く考えたことはなかったライラック(切り花)ですが、季節を通して栽培の様子を見て大・大・大感動!!

いつかお花の咲いている時期に『Historische Tuin Aalsmeer』へ行ってみたいし、ライラックの島々を巡るボートツアーWesteinderRandvaart もあるようなので、いつか体験してみたいです。

そしていつかこの動画を掲載していた生産者のseringenkwekerさんにお話を伺ってみたいです。

いかがでしたか、ライラックのロマンの旅。

ライラックが今まで以上に神々しいお花に見えますよね!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« ”ライラック”ロマンの旅 =Historische Tuin Aalsmeer= | トップページ | 機内で観る映画のセレクトとタイミング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ”ライラック”ロマンの旅 =Historische Tuin Aalsmeer= | トップページ | 機内で観る映画のセレクトとタイミング »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など