フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ解析


無料ブログはココログ

« ”ライラック”ロマンの旅 =季節巡り= | トップページ | フロリアードFloriade2012 バスで観光気分!? »

2012/05/16

機内で観る映画のセレクトとタイミング

Klm120512オランダへ戻ってまいりました。

写真はオランダ到着直前上空、パッチワーク模様のオランダ。

数週間前なら、カラフルなチューリップ畑のパッチワークが見れたかもしれません。

カラフルなパッチワークこそ見られませんが、5月のオランダは 光がキラキラしていて 空も空気も青く澄んで 一番素敵な季節です。

今回のブログはオランダにもお花にも関係ありませんが、よろしければお付き合いください。

 

日本から12時間弱のフライト、私にとっては貴重な 映画タイムです。

とはいえ観たい映画を決めているわけでもなく、前もって調べているわけでもなく、いつも言っていますが 全く行きあたりばったり。

今回はウワサの??「テルマエ・ロマエ」が観たいとは思っていましたが、なかった。

今回の機内では、離陸直後 いきなりヘビーな?映画を観ちゃっいました・・・。

離陸からしばらくして 皆が寝静まった頃ならまだしも、離陸直後で皆が元気に歩き回っている時間帯、明るい中で涙をボロボロ流してしまいました。

日本をお昼前に出発する 日本⇒オランダ便は、日中のフライトのため とても明るく、機内のライトが消えても十分明るい、ずっと。

午後出発のオランダ⇒日本への便は 逆に夜間のフライトとなり、機内のライトが消えれば真っ暗になります。

日中?明るい中でボロボロ泣いていたら 周りの人たちもびっくりしますよね・・・。

映画の内容や選択も タイミングを考えないといけません。

 

今回 真っ昼間?から 涙を流して観た 最初の映画は・・・

Extremely Loud & Incredibly Close(ものすごくうるさくて、ありえないほど近い)』。

トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、そして主役は子役のトーマス・ホーン。

アメリカ同時多発テロで犠牲になった父親の遺品の秘密を探し歩く旅・・・

9・11が背景にあり、飛行機内で観るのはどうかな(怖いな)と思いながら見始めると・・・

ストーリーは興味深いものなのですが・・・

目を背けたい、目を離せない、真実を知りたくない、でも知りたい、受け入れたくない、でも受け入れないといけない、乗り越えたい、逃げたい・・・ ・・・ ・・・

・・・大切な人を失った人たちの気持ちが 私にも乗り移り・・・(涙)・・・

とても胸が痛く 重い内容で・・・何度も何度も一時停止。

そして その度に涙がポロポロ流れました。

最後は 冒頭からは想像もつかないストーリー展開で、全く無駄のないとてもよい涙・涙のお話でした。

9・11に限らず、大切な人を突然失う辛さや悲しみ、大切な人だからこそ胸に秘める苦しく辛い想い等・・・自分が当事者でなくても理解し得る 辛さや哀しさを感じました。

ストーリーとしては、悲しい・辛いだけでなく とても素敵なので、機会があれば是非ご覧ください(ハンカチ用意してね)。

DVD ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(Amazon)

 

二つ目の映画は・・・

メリルストリープの『The Iron Lady(マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙)』。

KLM機内だけでも、もういくつメリル・ストリープの映画を観たか分かりません。

そのたびに全く違うタイプをこなす本当にすごい女優さんです。

アカデミー賞主演女優賞&メイキャップ賞受賞。

老後のお姿、あれはメイクですか!?すごいですね。

マーガレット・サッチャー元英国首相もすごいけど、メリル・ストリープもすごい。

サッチャー元英国首相の伝記映画で、半生を振り返りながらストーリーが進みます。

イギリスの歴史や政治に詳しければ、面白さも倍増でしょう。

私はイギリスの歴史も政治も詳しくないので、ただただサッチャー元首相の当時のすごさと、メリル・ストリープのすごさに感動しました。

ストーリーは「鉄の女」の半生・・・強くても 生きるって辛く悲しい事ですね、やはり泣けます。

DVD Iron Lady(Amazon)

 

そして3本目はがらりと雰囲気を変えて・・・

三谷幸喜監督『ステキな金縛り』。

想像通り、想像以上に面白かった!!!

でも時間が足らず、結末を見れませんでした。

帰りの飛行機で続きを観なくてはいけません!

こんな映画は どんな時も安心して機内で見られます。

思わず声をあげて笑ってしまいそうですが・汗。

DVD ステキな金縛り(Amazon)

 

最後に、これは今回ではないのですが・・・機内が明るい時間帯にふさわしい(と思う)類の映画です。

・・・それは昨年12月に飛行機で見た映画『Larry Crowne(幸せの教室)』。

トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ共演。

ちょうどこの5月、日本でも公開ですね。

上映予告のCMを日本で観て、この映画を昨年末に機内で観たことを思い出しました!

テンポもいいし、笑いもいっぱい、なにより気持ちが癒される ハートフルな映画です。

好きです、こういう映画・・・明るい機内向け(笑)。

絶対おススメ。

DVD 幸せの教室 (Amazon)

 

ずらずらと観た映画の紹介になりましたが、飛行機で映画を観る時には、セレクトとタイミングに注意が必要ですよね。

これまでに、機内で 不覚にも声をあげて泣いてしまった映画や、目があかなくなるくらい(腫れるほど) 涙を流してしまった映画もあります。

今回は・・・泣いても全く取れないマスカラでよかった(笑)。

機内では観る映画のセレクトとタイミングを考えましょう(と自分に言い聞かす・・・)。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« ”ライラック”ロマンの旅 =季節巡り= | トップページ | フロリアードFloriade2012 バスで観光気分!? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ”ライラック”ロマンの旅 =季節巡り= | トップページ | フロリアードFloriade2012 バスで観光気分!? »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など