« クイーンズデイ2012 in Amsterdam | トップページ | ”ライラック”ロマンの旅 =季節巡り= »

2012/05/08

”ライラック”ロマンの旅 =Historische Tuin Aalsmeer=

Japanseringa12042週間ほど前、実家の庭にライラックが咲き、よい香りが漂っていました。

ヨーロッパや北海道など涼しいエリアで咲くお花だと思っていたので、こんな”暑い地域(愛知県)でも咲くんだな~”と感動。

切り花でも 高貴なイメージで人気のライラック。

私もとっても好きなお花ライラック、オランダから切り花を輸入・販売していた時代も、ライラックシーズンには 欠かさず入荷していました。


そしてこの春、さらにライラックを好きになるような ”ライラックのロマン”に出会いました!


きっかけはこの3月、オランダ・アールスメーヤAalsmeerにある『Historische Tuin Aalsmeer(ヒストリッシュガーデン)』を訪問することになったことでした。

いつもご紹介しているアールスメーヤ花市場のある町Aalsmeerにあるテーマパーク?(お庭)です。

Hta20120301たまたまオランダ人の友人とイベント企画をしていた時の会話にでてきた『Historische Tuin Aalsmeer』。

『Historische Tuin Aalsmeer』では、様々な植物、とくに”ライラック”の歴史に触れられるとのことで、実際に行ってみることに。

その日は、ちょうどオランダの長い冬が終わり、オランダに暖かい春の日射しが降り注ぎ始めた時でした(3月中頃)。

お花が芽吹き始めの時、『Historische Tuin Aalsmeer』にも 残念ながら まだお花が見られない時期です。

お花のない『HistorischeTuin Aalsmeer』でしたが、「4~6月頃はすごいきれいだろうな~」と お庭を見ると 簡単に想像できました。

”HistorischeTuin Aalsmeer”の資料によると、下記のようなお花・樹木が見られるそうです。

ダリア80品種・バラ160品種・ライラック80品種・・・

リンゴ・洋ナシ類等のフルーツの樹木・・・

ツゲ等の常緑広葉樹、イチイ等の常緑針葉樹、コニファー類の針葉樹・・・

各種多年草・・・

その他たくさんの樹木・・・

Hta20120303

上の写真はライラック、左写真と中写真は屋外、右写真はグリーンハウス(温室)内。

Hta20120304_2

上写真左はグリーンハウス内のバラ。

上写真真ん中は 屋外の様子、ずっと続く遊歩道は 両側を植物に囲まれています。

上写真右も屋外、たくさんのツゲのトピアリーなどが栽培されていました。

ある木にはヤドリギMistletoe が花を咲かせていました。

Hta20120305

みずみずしく お花が咲いた状態のヤドリギは 初めて見ましたよ!!

Hta20120310ちょうど私が訪れた3月、モモ・梅・モクレンMagnolia(写真参照)のツボミが膨らみ 咲き始めるところでした。

お花いっぱいの季節に あらためて訪れたいガーデンです。


またここ『Historische Tuin Aalsmeer』からは風車も見えます。

運河(水路)にはボートも。

ホント、オランダらしい風景です!

下左写真、古めかしいボートですが、かつてはこのボートでライラックを運搬したそうですよ!?

Hta20120302
ライラックボート・・・文字で見たり 聞いたところで、ライラックの生産現場を知らなければ想像がつきませんよね。



さて、ここからがライラックのロマンのお話。

舞台はアールスメーヤAalsmeer 陸部と Aalsmeerにあるウエストエインデル湖Westeinderplassen に浮かぶ?島々。

『Historische Tuin Aalsmeer』も その”島”(?)の端にあります。

”島”と言っても”たくさんの水路で仕切られた陸地”といったほうが分かりやすいのですが、オランダの人々は この”水路に囲まれた陸地”を”島”と呼び、説明書きなどでも”島”と書かれています。

Hta201203mapGoogleMapで見るとわかるでしょうか。

クリックしてズームでご覧ください。

湖の上の方、湖の中にある陸?とでもいいましょうか、水路に囲まれた水田のように見える部分が”島”です。

ちなみに水路との高低差もほとんどない、まっ平らの土地です。

ライラックSeringa/Seringen や スノーボールViburnum/Sneeuwballen は、切り花用にカットする段階に成長するまでは、この”島”で、島いっぱいに栽培されているのだそうです!

Aalsmeerのこの島エリアと陸地部で生産されるライラック(切り花)は、なんと!!!!!! 世界の生産量の95パーセントだそうです!!

Aalsmeerは世界規模の花市場があることでも有名ですが、実はライラック生産地・輸出エリアとしても世界ナンバーワンの規模だったんですね。

Hta201203seringaオランダではライラックの根っこ(茎)の部分等もドライの状態で流通し、デコレーション等で大活用の人気の商材です。

写真は弊社でもオランダから輸入し販売している ドライのライラックの根っこ(茎)、これはペイント加工バージョン。

切り花としてもオブジェとしても素敵なライラック・・・ライラックには隠された”ロマン”がありそうです。

次回は”ライラックのロマン”についてお伝えしたいと思います。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« クイーンズデイ2012 in Amsterdam | トップページ | ”ライラック”ロマンの旅 =季節巡り= »

コメント

you will have an amazing weblog here! would you prefer to make some invite posts on my weblog?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クイーンズデイ2012 in Amsterdam | トップページ | ”ライラック”ロマンの旅 =季節巡り= »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など