« 『Wedding&Dreams』・・・ベルギーからホワイトウェディング | トップページ | ”Outdoor BLOOM” アールスメーヤレポート 2012年3月 »

2012/03/14

春! LindengrachtMarkt 2012年3月

日の出や夕日の時間も 日の出や日が沈む位置も ずいぶん変化がみられる3月・・・

一か月前はまだ暗かった目覚めの時間はもう明るいし、南西に沈んでいた太陽は 今はもう南のベランダからは見えず、反対側の窓(北側)からのぞいて見える位置へ移動しています。

そんな3月前半・・・アムステルダム下町ヨルダン地区Jordaanで 毎週土曜日に行われる 青空マーケットLindengrachtMerktの今の様子をお伝えしましょう。


数百メートルにわたり、日常生活をカバーするべくあらゆる分野の屋台がずらりと並ぶLindengrachtMarkt・・・お花屋さんやプランツ屋さんも並びます。

その数は観光客が足を運ぶシンゲル花市SingelBloemMarktに軒を連ねるお花屋さんの店舗数を上回ります。

2月前半は氷点下だったアムステルダム、さすがに市場を訪れるお客も観光客(観光客にも人気のエリア)もぐっと減りました。

もちろん市場に並ぶショップ、特にお花屋さんなど生鮮を扱うお店にとって氷点下はかなり厳しい環境です。

客足も減りますし、お花屋さんをはじめ、市場にお店を出さない屋台も多くありました。

氷点下の中で屋台を出すためには、商品を凍らさないための工夫が必要になります。

氷点下の青空市場では、多くの屋台がそれぞれ屋根部分だけでなく 屋台を厚いビニールでテントのように囲っていました。

商品にもグッド!お客さんにも天国なんですよ、そのビニールに囲まれると。

それほど寒いんです、氷点下10度の世界。

でもお花の場合、持って帰る間にも凍ってしまうから、需要はググ~ッと減ります。

だから出店しているお花屋さんはほとんどない・・・。

・・・2月前半、数週間そんな氷点下が続き、晴れてプラスの気候、そして気分は一気に春です!


春を迎えた LindengrachtMarktに並ぶお花屋さん・プランツ屋さんで写真を撮らせていただきました。

今のオランダの季節のお花、お楽しみください。

Lindenmarkt20120301

マーケットに行く時間が遅いと、買うお花がなくなっちゃいます~。

ちなにも上写真右はお昼1時頃、すでに空っぽ~(泣)。

Lindenmarkt20120302

今の相場(青空マーケットの相場、お花屋さんは通常もっと高い)を写真から見ると・・・

チューリップ1束(10本)3.50ユーロ、2束(20本)5ユーロ

ラナンキュラス1束(1本)4ユーロ

Lindenmarkt20120303

バラ50センチクラス1束(10本)3.50ユーロ、2束(20本)6.50ユーロ

吸い上げの青バラもありますね!(上写真右参照)

作り置きのビーダーマイヤースタイルのブーケ(花束)は9~12.50ユーロ(上写真左参照)で作り置き。

Lindenmarkt20120304

スイセン各種1束(10本)2.50~3ユーロ。

スイセンは多くの場合お水に入れず販売しています(上写真中右参照)。

季節はこれからのスノーボール1束(5本)9.50ユーロ(上写真左参照)。

Lindenmarkt20120306ライラック1束(5本)9.50ユーロ。

ちょうど今、そしてこれからが季節ですね。

下の写真は枝ものいろいろ。

この季節、日本同様 オランダでも枝ものは人気です。

日本人にとっては”和”のイメージが強い枝ものですが、オランダでもこの季節に欠かせない 春を代表する花材です。

ウメ・モモ・アーモンド・サクラ・ネコヤナギ・ウンリュウヤナギ・レンギョウ・・・そしてモクレン!

オランダでも大人気、みんな大好きなお花(枝もの)です。

Lindenmarkt20120305

ご紹介したお値段、どのお値段も青空マーケットプライスです。

通常のお花屋さんは立地にもよると思いますが、アムステルダムの同じ地区ヨルダン・セントラム地区なら2~3倍はします!!

マーケットなら1束(10本)買えるところがセントラムのお花屋さんだと3本しか買えない・・・

私はオランダでは お部屋に飾るため毎週お花を買っていますが、マーケットが家から近いせいもあり ついマーケットで済ませてしまいます。

でもたまにお花屋さんに行くと、マーケットとは違う品揃えでワクワク!

お花屋さんでは特別なお花(マーケットにはないお花)を選びますが、お値段を尋ねる時はいつもドキドキ・・・。


話がそれかけましたが、青空マーケットを歩くと、多くの人がお花を抱えて歩いています。

まさに!(両手で)抱えるという言い方がぴったりな表現!

今の季節、多くの人が枝ものを抱えてマーケットやストリートを行き交っています。

今週はユリを抱えて歩いている人が多かったのが印象的でした。

(冬)チューリップ・アマリリス⇒(春)ラナンキュラス・枝もの⇒そしてユリ・・・

夏に向け一気に季節が進んだ感じ??

マーケットを歩く人々を見て、マーケットを歩く人々が抱えるお花を見て、気候や季節の変化が見えてきます。


最後はプランツ屋さん。

Lindenmarkt20120311

Lindenmarkt20120312

Lindenmarkt20120313

氷点下の冬が去り、プランツ屋さんもお客さんも熱が入ります。

ガーデンを一気に春の装いへと、夏の準備へと、みんな色とりどりのプランツを求めやってきます。

私も 氷点下で凍って駄目になってしまったプランツを処分して、春への準備 急がなくちゃ!!

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 『Wedding&Dreams』・・・ベルギーからホワイトウェディング | トップページ | ”Outdoor BLOOM” アールスメーヤレポート 2012年3月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『Wedding&Dreams』・・・ベルギーからホワイトウェディング | トップページ | ”Outdoor BLOOM” アールスメーヤレポート 2012年3月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など