« IPM2012 ”Just Chris”・・・キクの春夏秋冬 | トップページ | IPM2012 ”IPM Messe-Cup・プランツ編” »

2012/02/28

IPM2012 ”Best of Anthurium Unlimited”

1月末のIPM(ドイツ・エッセン)レポートです。

今回は私も毎年楽しみにしているアンスリウムAnthurium(切り花)が主役のイベント”Anthurium Unlimited”。

今年は3年間のハイライト!「Best of Anthurium Unlimited」と題して、ドイツのトップデザイナーさん(Victoria Salomon氏、Kathrin Göllner氏、Stefan  Bohnenberger氏)と世界のデザイナーさん(Lana Bates氏(イギリス)、Marijus Gvildys氏(リトアニア))によるデモンストレーションが行われたそうです。

私がIPMを訪れた日にはそのデモンストレーションは行われていなかったので 残念でしたが、デモで制作された インパクトの強い創作的な作品は ズラリ!並んでいました。

並んでいたアンスリウム作品の一部ですが、写真をご紹介します。

今年は、たくさんの作品が 床にまでも 所狭しと並べられており・・・逆に?ちょっと残念?!

個人的に大好きなアンスリウムの作品は、一作品ずつスポットライトを浴びていてほしかったです。



白が基調となると、高貴で繊細なイメージになるアンスリウム。

Ipm2012anth01

Ipm2012anth02

上の写真右、下段の写真左のベースになっているクチャクチャっとなった白いもの、紙をロウワックスでコーティングしたようなものでした。

上の写真中、下段の写真右のデコレーションは、オイスター(カキ・貝)の殻が使われています。

キラキラっとした質感が、パールや白いアンスリウム・ネリネとあっています。

Ipm2012anth03

ゴールドのフレームアレンジも素敵です。

同じ大きさ・スペースでも奥行きが出ますよね。

Ipm2012anth04

Ipm2012anth05

レッド・ピンク・オレンジ・パープル・グリーン・・・原色系やゴールド・シルバーと合わせて力強いイメージのデコレーション。

Ipm2012anth06

Ipm2012anth07

ナチュラル素材と合わせたデコレーション。

ナチュラル素材との組み合わせでも、カジュアルな雰囲気だけでなく、”創作”を追求したらシンプルモダンにも。

Ipm2012anth11

チャイナテイストも新しい(上写真左)!

チャイナテイストやアジアテイスト・・・日本人の私が感じるものと、ヨーロッパの人たちが感じるものは、何か違うのかもしれない・・・といつも思う。

Ipm2012anth12


フェザーを合わせたり、パールを合わせたり、キラキラを合わせたり、ウールを合わせたり、チューブ(ゴム素材)を合わせたり、ナチュラル素材を合わせたり・・・

そしてさらによ~く見ると、この花をとめているものは何だ?これは何だ?・・・と、気になる資材も いっぱい使われています。

どんな質感の資材ともそれぞれの顔(雰囲気)で、しっくり合ってしまうアンスリウム。

”面”のお花アンスリウム・・・使い方がいつも同じになってしまいがちなお花ですが、どんな雰囲気にもどんな形にも合わせられる、奥の深いアンスリウムです。

アンスリウムの新しい使い方、挑戦し続けたいですね。

2011年IPM「Anthurium Unlimited 2011」レポートは、2011年2月28日ブログ参照。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« IPM2012 ”Just Chris”・・・キクの春夏秋冬 | トップページ | IPM2012 ”IPM Messe-Cup・プランツ編” »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IPM2012 ”Just Chris”・・・キクの春夏秋冬 | トップページ | IPM2012 ”IPM Messe-Cup・プランツ編” »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など