フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 長い一日・・・JL042便にて | トップページ | 秋色から冬色へ・・・青空マーケット in Amsterdam »

2011/10/25

○○探しの旅・・・映画のお話

私にとっては飛行機での移動時間が 映画を観られる貴重な時間。

機内では 眠気と 体が痛いのとの戦いですけどね・・・。

さて今回ブログは 先日のパリからのJL042便で観た映画のお話。

いつも行き当たりばったりで適当に選んで観ている映画・・・今回 久々にヒットでした(私的に)。


『ジュリエットからの手紙』 原題 Letters to Juliet(2010米)

舞台はイタリア・ヴェローナ。

あの『ロミオとジュリエット』の舞台のヴェローナです。

世界中から今でもヴェローナのジュリエット宛に届くたくさんの恋愛相談のお手紙、返事を書いているのはヴェローナ市のボランティアの女性達「ジュリエットクラブ(ジュリエットの秘書)」。

この映画はこうした実話が背景の ロマンティックなお話です。

ニューヨーク在住のライター志望の主人公ソフィーが 婚約者とのハネムーン前旅行に出かけたヴェローナ。

NYでイタリアンレストラン開店目前の忙しい彼の興味は、イタリア料理・食材・ワインばかりで、旅先ではなんと毎日別行動。

ソフィは観光で訪れた「ジュリエットの家」で出会った”ジュリエットの秘書”の女性たちの様子を見聞きし興味を持ちました。

そんな時 「ジュリエットの家」の壁のレンガの奥から見つけた”50年前”に書かれたイギリス女性クレアからの手紙。

その手紙には、ヴェローナで駆け落ちを約束した男性ロレンツォ、両親の反対等で勇気を持てないでいる悩みが綴られていました。

ソフィが”ジュリエットの秘書”として クレアに返事を書くと・・・、クレアは孫のチャーリーと共に ヴェローナへ ロレンツォを探しにやって来たのです。

そして ソフィ・カレン・チャーリーの3人でロレンツォを探す旅が始まります。

・・・そんなお話。

誰にでもありますよね・・・あの日あの時あの場所で~♪

あの選択をしていなかったら 人生はどうなってたんだろうって。

戻れるものなら あの時に戻って 違う選択をしてみたい・・・とか。

あの時、確かめられなかった気持ちや言葉を確かめたい・・・とか。

誰もが心の奥にしまっている”あったかもしれない別の人生”。

戻れるものなら戻りたい?

のぞくだけでものぞいてみたい?

ウン年経った今、会ってみたい?

ん~、でも会いたくないような気もする・・・?

誰もが持つ そんなちょっと切ない気持ちを抱えての旅。

Moviejuliet201110結末は・・・もちろん内緒~!

是非DVDでご覧くださいね。

[DVD]ジュリエットからの手紙 (Amazon)

『ジュリエットからの手紙』オフィシャルサイト(日本語)

Letters to Juliet オフィシャルサイト

ストーリーだけでなく、スクリーンに映し出されるヴェローナ・周辺地域・トスカーナ地方の美しさ・食べ物・ワイン・・・素敵すぎです。

シエナのカンポ広場も出てきましたョ(私もここ大好き)。

ちなみにヴェローナには 行ったことありません。

ヴェローナやトスカーナ地方、行きたい~~~~~。


そして飛行機で観た映画ではないのですが、イタリアつながりで・・・先日観て印象に残っているドラマ。

「フィレンツェ・ラビリンス~15世紀の私を探して」(アクサ生命x杏 ドラマスペシャル)

舞台はイタリア・フィレンツェ。

主人公が、”前世”と告げられた500年前の人物について、その出生の秘密や歴史に埋もれた事実を追い求め、フィレンツェを中心に旅をします。

それは”自分”探しの旅でもあるのですが・・・。

フィクションなのかノンフィクションなのか、観てる側も”迷宮”に迷いこんでしまうような、ちょっと不思議な感じのドラマでした。

「フィレンツェ・ラビリンス~15世紀の私を探して」オフィシャルサイト


どちらの旅も”誰かを探す”という目的のある旅・・・こんな旅 いいですね。

来年は私も”誰かを探して”イタリア旅行??

行きたい~。

誰も待っててくれなくていいです、きれいな景色とワインがあれば!

(誰も待っていませんって!←自分で突っ込み)


機内で観たもう一本は 面白い映画でした。

『ハングオーバー2 史上最悪の二日酔い、国境を越える』The Hangover Part II(2011年米)

なんだかタイトルから想像できそうですが・・・想像できませんよ!こんなはちゃめちゃなストーリー。

想像を超えています!!

今でも思い出すと笑えます。

Moviehangover2201110タイ・バンコクを舞台にしたコメディ映画でした。

そういえばこの映画も、旅先での”人探し”といえば? ”人探し”でしたね(爆笑)。

前作もちょっと気になります。

[DVD]ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える (Amazon)

『ハングオーバー2』オフィシャルサイト

タイと言えば、今 洪水被害が大変なことになってしまっていますが、これ以上 被害が拡大しないことを祈っています。


次回(1月)は、新旧どんな映画に出会えるか、楽しみです。

・・・今回は(も) お花にもオランダにも関係のないブログでした。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 長い一日・・・JL042便にて | トップページ | 秋色から冬色へ・・・青空マーケット in Amsterdam »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長い一日・・・JL042便にて | トップページ | 秋色から冬色へ・・・青空マーケット in Amsterdam »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析