フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 愉快な仲間達?! ロワール古城めぐり Summer2011 | トップページ | BloemenVanThura から 緊急のお知らせ »

2011/08/27

フランス式庭園 ロワール古城めぐり Summer2011

もう随分 日が経った気がしますが、ブログではまだまだ2011年夏休み振り返り中です。

今回はロワール古城めぐり2日目 午前の部。

古城めぐり2日目は行きたいお城に合わせ、午前・午後 それぞれ別々に半日ツアーに申し込みました。

どちらもガイドなし、入場券含まずのツアーです。

午前中にめぐったお城は2つ。

ヴィランドリー城Chateau de Villandry と アゼ・ル・リドー城Chateau d'Azay le Rideau。

お世話になったツアー会社→Acco-Dispo LoireValley Car Touring ホームページ

この日最初に訪れた ヴィランドリー城 こそが、今年の夏休みをここ”ロワール地方の古城めぐりにしよう”と決めたきっかけになったお城です。

このツアーには5名が参加していました。

前日の愉快な仲間とのツアーとは違い、特にお互い自己紹介するわけでもなく、たまたまツアーバスに同乗したメンバーといった感じで、気軽でもあり、物足りなくもあり・・・。

ミニバスのなかでは、ドライバーのお姉さんがフランス語で説明し、その後日本語の音声をCDで流してくれました。

お城に到着すると、ドライバーのお姉さんも一緒に入場券を買うところまでサポート。

入場券を求める人たちの長い列には並ばずに購入・入場できる点は、ガイドなし・入場券なしのツアーですが、それなりの利点はあるようでした。


<ヴィランドリー城 Chateau de Villandry>

幾何学的なフランス式庭園が有名なこのお城・・・そう!このお城の”お庭”こそが、この夏休み旅行 最大の目的だったんです!

Loire110804villandry01

私の手元にあった2冊のフランスのガイドブックには掲載されていなかったのですが、インターネットで情報収集している時に、ロワール地方の観光局などの情報で知りました。

この季節・・・「お花なんて干からびてしまっているにちがいない・・・」と、実は半分疑っていました。

ですが、お花いっぱい、きれいな幾何学模様のお庭が広がり、よい香りが漂っていました!

このお城で与えられた時間は1時間30分。

まずは展望台からお庭全体を見渡し、そこから続くお庭の周りにある遊歩道を歩きました。

Loire110804villandry02

上の写真は装飾的庭園、その名も「愛の庭園」。

ツゲBoxTreeのハートデザインや、赤やピンクのお花が ラブリーです。

Loire110804villandry03

上写真左は遊歩道奥にあった18世紀建造のあずまや。

お庭はいくつかの層、いくつかのパートに分かれており、まずは遊歩道を奥まで歩き、一番奥の水の庭園へ(上写真中)。

その後、池の周りをハクチョウに声をかけながら?歩き、次のお庭へ。

2つ目のお庭はきれいに刈り込まれたツゲのグリーンとブルーのお花のコントラストが優しい雰囲気のお庭(上写真右)。

Loire110804villandry04

グリーンやパープルの実が垂れたブドウ棚の下を歩き、3つ目のお庭へ。

3つめにたどり着いたお庭は、たくさんの果実・ハーブ・野菜・草花が取り入れられたポタジェPotager、家庭菜園です。

Loire110804villandry219つの正方形の菜園からなる大きなお庭でした。

きれいなバラが咲き、バラの香りが立ち込める中、さらにいろんなハーブや草花の香りがそよ風にのって漂ってきます。

本当に気持ちがいい。

お庭には、ところどころに水場や噴水、ラティスやガーデンチェアなどがあり、一日中のんびりくつろいでいたい気分でした。

Loire110804villandry05

Loire110804villandry06

Loire110804villandry07

Loire110804villandry08

ですが、あまり時間がありません。

バラやハーブの香り漂う中、花から花へ飛んでまわる”ハチ”にでもなったかのように、あちこち急ぎ足で歩き回りました。

資料によると、幾何学模様のベースとなっているツゲ、生垣の総延長は52キロメートル!

領地内の菩提樹は1200本、草花や野菜は25万本!

お庭のお手入れは大変そうです。

それにしても1時間30分の滞在時間は、私にとっては短すぎる時間でした。

まだまだ見れなかったパート(お庭)がたくさんありました・・・涙。

本当に残念!


<アゼ・ル・リドー城Chateau d'Azay le Rideau>

次に向かったのは・・・

16世紀に着工され、ゴシックとルネッサンス様式を併せ持つ「ブリリアンカットのダイヤモンド」とも讃えられているというお城。

ロワール地方のお城の中で最も女性的とされるお城だそうです。

水辺に建てられたこのお城は、どこからみてもお城らしい美しいお城でした。

Loire110805azaylerideau

ここでの滞在時間は50分。

城内を一通り 急ぎ足で見学し、グルリとお城の周りを歩いて ちょうど集合時間。

時間ギリギリ、全くのんびりする時間はありませんでした・・・。

ひっそりと 林と水の中にたたずむこのお城・・・今、写真を見ながら振り返っても、幻想的なイメージです。


雨が降り出しそうな空の下、なんとか持ちこたえ、この日の午前のお城見学は これにて終了。

一旦トゥールに戻ります。

きれいなお庭とお城に後ろ髪を引かれつつ終了したこの日の午前のツアー。

雨にも降られず私は大満足、旅の目的もほぼ達成です。

”もっと見たい!”・・・そんな気持ちが残るくらいが ”きれいな旅の思い出”になるのかもしれません。

さあ、午後からはまたツアーです。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 愉快な仲間達?! ロワール古城めぐり Summer2011 | トップページ | BloemenVanThura から 緊急のお知らせ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/52567801

この記事へのトラックバック一覧です: フランス式庭園 ロワール古城めぐり Summer2011:

« 愉快な仲間達?! ロワール古城めぐり Summer2011 | トップページ | BloemenVanThura から 緊急のお知らせ »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析