フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 旅の準備は旅の始まり Summer2011 | トップページ | Marché aux Fleurs, Tours Summer2011 »

2011/08/15

クールトーンにつつまれて, Tours Summer2011

夏休みを振り返っています。

Summer2011、今回は ロワール地方古城めぐりの拠点となるToursトゥールについて。

今年の夏休みはこの町で3泊 過ごすことにしました。

ここを拠点に古城めぐりです。


午後3時すぎ、パリ・モンパルナス駅から Bordeaux行きのTGVで1時間弱、St.-Pierre-des-Corps 駅で下車。

向かいのホームに停車していたTours行きの普通の電車に乗り変えて 約5分。

Tours1108tours01stパリから約1時間でToursトゥールに到着です。

写真はトゥール駅Gare de Tours。

帰りはToursからパリ・モンパルナス駅行きの 直通のTGVを利用しました。

トゥールに到着後、まずはその足で 駅前にあるツーリストオフィスへ。

ツーリストオフィスは午後6時までだったので、ホテルチェックインの前に立ち寄りました。

事前にインターネットで 現地の古城めぐりツアーを申し込めたりするようですが、今回は前もって下調べも手配もできなかったので、ツーリストオフィスで翌日と翌々日の古城めぐりツアーを申し込みました。

ロワール地方の古城めぐりは、トゥールからたくさんのツアーが出ています。

ツアーといっても大型観光バスではなく、ミニバスやタクシーを利用したツアー。

いろんなお城2・3カ所をめぐる半日(午前・午後)コースや 5・6カ所のお城をめぐる1日コース等。

ガイドなし、食事なし、お城の入場券を含まない 安めのツアーが主流で たくさんありました。

また、お値段は少し高くなりますが、ガイド付き、食事つき、ワインテイスティング付き、お城の入場料を含むツアーもありました。

ミニバスツアー以外には、自分の車・レンタカー・キャンピングカー・サイクリングなど、古城めぐりの手段は様々なようです。

古城めぐりについてはまた後日レポートしたいと思います。


さて、トゥールです。

ヨーロッパの小さな町はいくつか見てきましたが、”こんな色” ”こんなトーン” に統一された町は初めてみました。

駅前の花壇・歩道の花壇・窓辺のお花が ロマンティッククールトーン!

爽やかな大人カラー・トーンでまとめられています。

ライトブルーやパープル系のお花が、ホワイトやイエローのお花に照らされるように咲き乱れ、そしてアクセントのブラック・パープル・シルバー系の葉っぱ・・・。

Tours1108tours09jm

Tours1108tours12jm

あっちの花壇もこっちの花壇も・・・きれい~!!

写真のような配色のお花の植え込みが あちこちにあるんです!

雑誌やテキスト?にはあっても、あまり見かけない 大人カラー・クールトーンの配色。

アムステルダムや多くのヨーロッパの街角で見かける 赤やピンクのペチュニアも、ここではブルー系パープル。

赤やピンクのお花がどこにもありません!

とっても統一感のある配色・色調の花壇に、新たな”色”の世界を感じ 感動しました。

トゥール滞在中はずっとお天気が良くなかったので、写真が暗いのですが、この目で見たお花達はとってもきれいで、白い石造りのトゥールの町を 華やかに彩っていました。


初めてこの町に降り立ったとき、”お花の色(の組み合わせ)”と同時に、建物の”白”が目に入りました。

Tours1108tours05villeTours1108tours06ville

上の写真は立派な市庁舎Hôtel de Ville(上右の写真は左側の建物が市庁舎)。

窓辺に飾られていたお花もパープル系がメインでした。

Tours1108tours00laloire旅行を終え、写真を見返して思うのですが・・・白い建物も 川のある風景も お天気が良いほうが100倍きれいに見えますね。

写真はロワール河LaLoire と ウィルソン橋PontWilson。

ロワール河も 青空ならきっともっとキラキラしていたでしょうね・・・

曇り空の下に見る白い建物は 重々しい”グレイ”に移ります。

ガイドブックやインターネットで検索して見たトゥールの景色・・・白い建物は青空の下 輝いていました。

旅行に出かける直前に調べた天気予報では、日ごろの行いが悪いのでしょう(涙)・・・旅行期間中ずっと雨・曇りの予報。

”せめて古城めぐり中に雨降らないで~” それだけが願いでした。

残念なお天気だった分、この町の花壇のお花が輝いて見えたのかもしれません。

もちろん季節によって植えられているお花や 咲いているお花は違うでしょう。

他の季節のトゥールは、どんなカラーイメージの町なのでしょう。

最後の写真は、トゥールの町で唯一中を覗いた(でも登りそびれた)観光スポット、1235年から3世紀かけて造られたゴシック建築の傑作、サン・ガティアン大聖堂CathedraleSt-Gatien。

Tours1108tours02gatienTours1108tours02gatien2

またいつか ロワール地方を訪れることがあれば、トゥールにも立ち寄ってみたい・・・晴れの日に・・・。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 旅の準備は旅の始まり Summer2011 | トップページ | Marché aux Fleurs, Tours Summer2011 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/52456848

この記事へのトラックバック一覧です: クールトーンにつつまれて, Tours Summer2011:

« 旅の準備は旅の始まり Summer2011 | トップページ | Marché aux Fleurs, Tours Summer2011 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析