« ヨーロッパ展示会ウィーク! 2011年1月末 | トップページ | IPM2011 番外編・・・ドイツの”すごい”!? »

2011/02/07

IPM2011 ”Just Chris”・・・キクの世界

今年も ドイツ・エッセンEssenにて行われた IPM 2011 国際園芸専門見本市(1月25~28日)に行ってきました。

園芸・種苗・生産関係、流通、フローリスト、ガーデン雑貨・インテリア雑貨・資材関係・・・等、世界47カ国から1508の出展社、訪問者60000人を集う 大規模展示会です。

フローリストとして、輸入業者として・・・いろんな立場でこの展示会を見て歩いていますが、今回ブログではフローリストの立場で見た会場の様子を 何回かに分けて(たぶん) お届けしたいと思います。


今回は・・・

Ipm2011chs00『 JustChris - Moments 2011 』

”キクChrysanthemum”を使ったアレンジ・デコレーションのコーナー。

ヨーロッパでも日本でも 流通量は”切り花No.1”といえる”キク”。

日本では”お葬儀”などのイメージが強いお花ですが、種類・咲き方・大きさ・色も豊富で、お花のモチもとても良い・・・本当はもっと活用できるシーンが多いのでは・・・と、私も今となっては 感じてなりません。

その証拠に、ヨーロッパで見る多くのお花イベントでは、必ずといっていいほど ”キク”を使った様々なプロモーション・提案が行われ、 毎回 想像を超えるデザインの豊かさや華やかに驚かされます。

今回 IPM2011会場の 『 JustChris - Moments 2011 』 では、これからご紹介するの3つのテーマで 今年のトレンドが発信・提案されていました。

コーナーで展示されていたフラワーデコレーション・アレンジ作品を、資料からの情報・説明、私の感想等も交えてご紹介いたします。


* HolidayHome

休日の 親しい家族や仲間で過ごす時間やホームパーティが作品のイメージ。

白を基調に、楽しくて優しい雰囲気の配色、ナチュラルテイストの資材(今回の作品はセメントのような素材やペーパー等)を合わせた、チャーミング&フェミニンなデザインが表現されています。

Ipm2011chh01Ipm2011chh02Ipm2011chh03

Ipm2011chh11Ipm2011chh12Ipm2011chh13

面白いのは、シワ加工(またはシワくちゃにした)ペーパーを使っていることろ。

特に四角いペーパーを何層にも重ねて作ったモダンブーケ(上の下段右写真)は「ラザニアテクニックLasagneTechnic」というのだそうです。

確かに”ラザニア”!!。

それから上の下段中写真の”糸のれん(?)”のような”コードカーテン(ストリングスカーテン)”・・・

ヨーロッパではこのコードカーテン、今回の白に限らず、黒やパープル、ビビッド、パステル系等 様々なカラーのものが、最近では クール&モダンな(クラブ風等)インテリアで使われているのをよく見ます。

お花の世界でも、イベント会場などお花の会場装飾・アレンジ・デコレーションで、お花とコード(カーテン)を合わせたクールな作品を 見かける機会が度々あります。


* Jaipur Dreams

Jaipur・・・とは、インドの都市。

”インド”をイメージした作品です。

オレンジ・ピンク等のビビッド系・暖色系が基調となっています。

Ipm2011chj01Ipm2011chj02

Ipm2011chj11Ipm2011chj12

資材的には布・木材・ナチュラル素材が組み合わされていることが特徴。

”布”は インドの民族衣装サリーや イスラムのスカーフからのイメージでしょうか。

また、それぞれの作品には、”スパイス(色・花・資材等でのアクセント)”が加えられているとのこと・・・なるほど!


* Serious Glampop

エレガントでクラッシック、英国風テイスト、そして時にボヘミアン・・・私的には ある意味”一番ヨーロッパらしい”テイストのデザインです。

パープル等が基調の 高級感・落ち着きのある配色。

Ipm2011chs01Ipm2011chs02Ipm2011chs03

Ipm2011chs11Ipm2011chs12

そんな配色に、メタリック系・クラッシックな形や素材の資材を合わせているのが 今年らしいグラマラスな(魅惑的な)特徴だそうです。

文頭の写真、コロッとしたパープル・グリーン系の作品も、このテーマの作品・・・実際には作品の一部・・・背よりも高いモダンな2つのシャンパンゴールド系のベース(花器)に作りこまれたオブジェ風作品でした。



お花のアレンジやデコレーションには・・・”デザイン”(もちろん)だけでなく・・・配色(もちろん)、そしてその他の資材・素材との融合、背景の演出 等も 重要なポイント。

そして作品には それぞれ明確な”テーマ”や”ストーリー”も欠かせません。

IPM会場でも、毎年フローリスト達に人気の『Just Chrys』コーナーからのレポートでした。

さてさて、”キク”による素敵なプロモーション、皆様はどのテーマがお好きでしたか?

・・・ある一定のイメージの強い”キク”・・・そんな”キク”を どんな風にも使いこなせたら、製作するアレンジの幅 と”お花の世界”は確実に広がりそうです。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« ヨーロッパ展示会ウィーク! 2011年1月末 | トップページ | IPM2011 番外編・・・ドイツの”すごい”!? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/50788081

この記事へのトラックバック一覧です: IPM2011 ”Just Chris”・・・キクの世界:

« ヨーロッパ展示会ウィーク! 2011年1月末 | トップページ | IPM2011 番外編・・・ドイツの”すごい”!? »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など