フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ解析


無料ブログはココログ

« アールスメーヤレポート2011年1月=切り花(球根花)= | トップページ | アールスメーヤレポート2011年1月=初春のプランツ= »

2011/01/25

アールスメーヤレポート2011年1月=切り花(バラ・枝)=

今週月・火曜日はパリ出張のため、予約投稿にてブログをアップしています。


前回のアールスメーヤレポートの続き、現在のオランダのお花の様子をお届けします。

切り花(バラと枝物)編です。


仲卸さんに入ると・・・以前 私が切り花を輸入していた頃 好きだったバラが並んでいたためパチリ。

Ws1101bl22rsfullhouseそれは・・・

うっすらグリーン系クリーム色の花びらの先端がピンクの大輪バラ”FullHouse”。

思わず当時(お花を輸入していた頃)を思い出しました。

このバラのように 縁どりのあるバラが好きだったんです・・・今も変わらず好きです。

他に気になったバラは・・・

Ws1101bl21rsdeepwaterWs1101bl23rspiano

写真左 : ピンク系のグラデーションが素敵な大輪バラ”DeepWater”

写真右 : 大きくて赤いころっとしたスプレーバラ”PinPianoFreil”


他にもきれいな大輪系バラがたくさんありましたが、今の季節はバラより枝物(?)が気になります。

これからが旬のヨーロッパらしいお花 ライラックSyringa。

Ws1101bl31sewitWs1101bl32sehorstenst

Ws1101bl33sesensationWs1101bl34senadescha

写真上左: 白いライラック(名前不明)

写真上右: パープル系 Horstenst

写真下左: ピンクパープル系、花びらの先端が白 Sensation

写真下右: 優しいピンクパープル系、八重咲き Nadescha

ライラックはパープル系が多いのですが、パープルといってもいろんな種類があります。

小さなお花がかたまりになって咲きますが、ライラックは華やかさがありますよね。

優しい香りにも癒されます。


そしてグリーン系の枝物(?)達が春を感じさせてくれます。

Ws1101bl41hellebourusWs1101bl42snowballWs1101bl43hydmacrlime

写真左: この季節といえば!クリスマスローズ Hellebourus Sternii

写真中: 日本のとは少し質感が違うスノーボール Sneeuwbal

写真右: この季節に見ると新鮮!アジサイ MacrLime

Ws1101bl44magnolia最後に、クラッシック、モダン系、クール、和風(アジアン)にも・・・どんなスタイルにもとっても人気の”モクレンMagnolia”。

お花が咲いていなくても、この枝ぶりがクール!!

今の季節、この枝を大きな花瓶にシンプルに挿して ディスプレイしているショップや家を よく見かけます。

まだまだ霧雨ばかりの寒々しいオランダですが、みんな春を待っています。

アールスメーヤレポートはまだ続きます(たぶん)。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« アールスメーヤレポート2011年1月=切り花(球根花)= | トップページ | アールスメーヤレポート2011年1月=初春のプランツ= »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/50671776

この記事へのトラックバック一覧です: アールスメーヤレポート2011年1月=切り花(バラ・枝)=:

« アールスメーヤレポート2011年1月=切り花(球根花)= | トップページ | アールスメーヤレポート2011年1月=初春のプランツ= »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など