フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« アンスリウムが20本あったら・・・ブリュッセル展示会レポート | トップページ | オランダ・ベルギーお花雑誌 「秋」の最新号 =UPDATE= »

2010/09/24

パンプキンの”重い”出 SingelBloemenMarkt 2010年9月

久々のシンゲル花市SingelBloemenMarkt,Amsterdamレポートです。

9月後半、寒いオフシーズンが迫りつつありますが、地元の人々やまだまだ多くのツーリストでにぎわうシンゲル花市。

この季節、ツーリストに一番人気は?

やはり!チューリップ等の秋植球根でしょう。

春植えのアマリリスも存在感あります。

どのショップも 壁のように!?きれいなパッケージが積み上げられてました。

Singel1009b01Singel1009b02Singel1009b03

Singel1009b04Singel1009b05Singel1009b06

私も10月末に帰国する時には少し買って行こうと思います。

艶やかで太った球根がたくさん並んでいると(おいしそう!) ついつい選びたくなりますが、また今度 あらためて。



切り花では 秋色のアンティークアジサイや、ダリアやバラを中心とした、オレンジ・レッド等の暖色系お花が並びます。

秋色のお花と一緒に、さまざまなサイズ、さまざまなカラー、さまざまな形、さまざまな模様の”パンプキンPompoen”も店頭を賑わしています。

Singel1009p01Singel1009p02Singel1009p03

私がお花屋さんに勤めていた頃(1999~2003年)は、大きいパンプキンが店頭にどっしり並んでいるショップが多かったイメージですが、最近では 近所のお花屋さん、あちこちのお花屋さん、シンゲルのお花屋さんも・・・大きいパンプキンはあまり置いていないようです。

なぜ??

みんなぎっくり腰になったとか??(笑)、大きいパンプキンの売れ行きが悪いから?、高いから?、大きくて邪魔だから?、流行廃り?、不作だから?・・・ちょっと気になる・・・。


私がお花屋さんに勤めていた時の思い出の中でも5本の指に入る”辛い”思い出・・・それが 秋の”パンプキン”!!

店頭には、両手を伸ばしても抱えきれないくらいの大きなパンプキンをたくさん並べ(販売かつ季節のディスプレイ)、さらに大きなウッドトレイには 中小サイズのパンプキンが山のように並んでいて・・・。

この山のような量のパンプキンを、ショップの開店時と閉店時に 毎日 店内⇔店先間を運ばなくてはならず(並べなくてはならず)・・・本当に腰が痛くて痛くて(泣)・・・腕が痛くて(泣)・・・肩が痛くて(泣)・・・指が痛くて(泣)・・・。

しかもハロウィーンが終わっても、オランダはクリスマス頃までこのパンプキンを季節のアイテムとして飾り続けるんです。

ハロウィーンが終わったらパンプキンは終わり・・・というわけではないんですね。


ハロウィーン時にはいくつものパンプキンを ひたすら(!)くりぬき、ジャックランタンを作りましたが、これまた想像以上に大変な作業でした(大汗)。

・・・なんてったって(あたりまえだけど!)硬い。

でもがんばりました。

目や口型にくりぬいてランタンにし、キャンドルをともすと、それぞれのパンプキンに命と個性がともるようで、ぬくもりがあってかわいいんです。

でも本音は・・・”今ここで たくさんのパンプキンをくりぬけば、日々運び並べるパンプキンの在庫が減る・・・”(笑)

今でも、ツルツル持ちにくい そして 大きくて硬いパンプキンを見ると、指先にその感触を思い出します。


ちなみに”ハロウィーン”というイベントは、オランダでも比較的新しいイベントで、日本よりもハロウィーン自体の盛り上がりは 少ないかもしれません(お花屋さんにいた時の印象)。

ハロウィーンと関係なくとも、パンプキンは秋・冬アイテムとして欠かせない存在なのです。


その後、お花屋さんをやめ、日本でお花輸入の仕事を始め、日本のお花屋さんを回らせていただいていた時、ジャックランタン用にパンプキンに貼る 目や口型の黒いステッカーを見かけました。

キャンドルの炎は揺れないけれど、”日本には なんて便利なアイテムがあるんだーっ!!!”と驚きました!!

”秋”らしくてかわいいパンプキン(そして食べるのも好き)。

たくさんのパンプキンを眺めながら、お花屋さん時代の 辛く”重い”時間を思い出している私です。


blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« アンスリウムが20本あったら・・・ブリュッセル展示会レポート | トップページ | オランダ・ベルギーお花雑誌 「秋」の最新号 =UPDATE= »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/49533853

この記事へのトラックバック一覧です: パンプキンの”重い”出 SingelBloemenMarkt 2010年9月:

« アンスリウムが20本あったら・・・ブリュッセル展示会レポート | トップページ | オランダ・ベルギーお花雑誌 「秋」の最新号 =UPDATE= »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析