« Rondvaartクルーズ SAIL2010 | トップページ | オランダ・ベルギーお花雑誌 「秋」の最新号 »

2010/09/04

オランダ展示会レポート 2010Winter-2011Spring

秋の展示会シーズンが始まりました。

私もこの季節、オランダ・ベルギー・ドイツ・フランスの展示会へ出向きます(あと残すはパリのみ)。

私が予定しているこれらの展示会は いつも日程が近いため、結構厳しいスケジュールになってしまいます・・・スケジュール的にも 体力的にも 思考的にも・・・予算的にも!

そんな秋の展示会、展示会によっても多少のターゲットの違いはありますが、このシーズンの展示会は、”イースター(春)”がメイン、そして直前となった”クリスマス”。

”クリスマス”系の買い付けは、私も半年前の冬の展示会(1・2月)でほとんど手配しているのですが、やはりクリスマスカラーやキラキラを見るとどうしても 買い足してしまうんですよね。

クリスマスパワーはスゴイ、展示会に行き続けてたら 予算なくなりそうです(汗)。


ヨーロッパではクリスマスに並ぶほどのビックイベント”イースター(春)”。

今度の春は、私がオランダに来てから迎える13度目の春(自分でも驚き!)。

太陽をほとんど見ない 暗く寒い冬から、太陽いっぱいお花いっぱいの春を迎えるワクワクの喜びは、日本で経験してきた 春を迎ええる喜び以上の喜びがあり、ヨーロッパでイースターを祝う その喜びや感覚を 肌で感じます。

ここ数年は仕事のため、オランダで春になる頃に日本に帰国してしまっているんですけどね。

BloemenVanThuraでは、ヨーロッパでクリスマスと同じくらい大切な”イースター”『2011年春』に向け、そして直前となった『2010年クリスマス』に向け、BloemenVanThuraらしい?大人でゴージャスでデラックスでクールモダンな”最新トレンド”を探し歩いています。

お楽しみに!!



展示会場では写真撮影が基本的に禁止されています。

開催国によっても 展示会によっても、展示方法や雰囲気が全然違い、見ているだけでも刺激いっぱいなのですが、皆様に写真をご紹介できず残念です・・・

私が訪れる展示会は、インテリア・デコレーション・フローリスト・ガーデン・ギフト系です。

その為、会場のどこかにフローリスト向けの特別展示があったり、フラワーデザイナーによるデモンストレーション等が行われていることもあり、写真が許可されている場合があります。


ということで、とっても前置きが長くなりましたが・・・

Hb1008今回ブログでは、先日訪れた オランダの展示会場からのレポートです。

この展示会は ドイツの国境近くということで、オランダとドイツからの出展社と訪問者が中心です。


8月20日過ぎの会場近くには、ドングリがこんなに実っていました!

すっかり秋です。

この日は強風が吹き荒れた日で、写真も風に吹かれていますが、帰り道ではドングリの実だけでなく、たくさんの枝も折れて落ちていました。

そうそう、ちょうどこの日でした。

アムステルダムにあるアンネ・フランクAnneFrankの家の中庭の 栗の木kastanjeが、嵐で倒れてしまったことは日本のニュースでも取り上げられたのではないでしょうか。

19世紀に植えられたこの大木、第2次世界大戦中 この家に身を潜めていたアンネの日記にも登場する歴史ある木。

数年前に木は病気にかかり 倒木の恐れがあったため一度は切り倒されることになったのですが、市民や団体からの反対により、保護されていました。

アンネの木は残念でしたが、オランダ東部へ出張中だった私は、珍しく!?アムステルダムを襲ったひどい嵐からの難を 逃れたようでした。



展示会場内で 唯一 写真を撮ることができたフローリスト向けイベントスペースの様子です。

Hb100800テーマはもちろん『クリスマス』!!

商談でにぎわう展示会場とはがらりと雰囲気を変え、ブラックの壁とカーペット、そしてシルバーメタルのクールなステージ(デモンストレーションやMC用)。

そして クリスマスを意識したフラワーアレンジ・テーブルデコレーション・ショップディスプレイの提案などの作品展示が行われていました。

Hb100807Hb100808Hb100809

Hb100810Hb100811Hb100812

Hb100801Hb100802Hb100803

おもちゃ屋さんに入った子供のように、展示会での目と足の疲れからも 一瞬にして開放され、私も目もキラキラします(笑)。

オランダデザイナーお二人(Ms.Mirande ter Voorde&Mr.Johan Martens)のデモンストレーションも行われていたようですが、買い付けのためタイミングが悪く 見れませんでした。

イベント会場では、この展示会にも出展しているモダンシンプル系メタル素材の花器・家具を扱うメーカー(オランダ)の商品を利用したフラワーアレンジやデコレーションがされていました。

数年前の大ブレークから、今ではすでに定番となった”ブラック&シルバー”系デコレーション。

最近の”ブラック&シルバー”系アレンジ・デコレーションには、アクセントにもなり 色鮮やかなパッションPassion系カラー& ナチュラルテイスト素材を合わせる感じが トレンドです。

まだ(もう?)クリスマスまで3ヶ月、これからも さまざまなヨーロッパの『クリスマス』をご紹介していきたいと思います。

写真はすべて 展示会場のデザイナーさん作品より。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« Rondvaartクルーズ SAIL2010 | トップページ | オランダ・ベルギーお花雑誌 「秋」の最新号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/49329655

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ展示会レポート 2010Winter-2011Spring:

» monok × emiria 展を開催しております [原宿の裏の方でアクセサリーのセレクトショップ8s]
展示会をしております [続きを読む]

« Rondvaartクルーズ SAIL2010 | トップページ | オランダ・ベルギーお花雑誌 「秋」の最新号 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など