フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« アールスメーヤレポート =Berry&Seed編(2010年6月)= | トップページ | アールスメーヤレポート =アンティークアジサイ編(2010年6月)= »

2010/06/28

寒さと熱のオープンガーデン OpenGardenDaysAmsterdam2010

連日のワールドカップの盛り上がりの為か、夜遅くまで明るい為か(←夜間 休んだという気がしない)、毎日 飛ぶように時間が過ぎていきます。

私が前々から楽しみにしていたこのイベントも、開催されてからもう一週間以上が経ってしまいました。

毎年6月3週目の週末に、アムステルダム中心エリアで行われるオープンガーデンOpenGardenDaysAmsterdam2010/OpenTuinenDagen2010。

今年は6月18・19・20日の3日間、31ヶ所のお庭が公開されました。

当日Twitterでもつぶやいていましたが、その週末はまるで”冬”のような寒さで・・・(泣)、オープンガーデンが終わった翌日から急に”夏”になるという皮肉な週末でした。

オープンガーデン初日は16度(+雨)、2・3日目は12度前後・・・冬でしょ、これは。

ですがこの寒さの中、アムステルダム中心のお庭の公開されているエリアは、同じ目的で歩く人々(オランダ各地の人々や各国観光客)で賑わい(みんな同じ小冊子を持っているから分かる)、年々 盛り上がっている様子のアムステルダムのオープンガーデンです。


今年は 5月も寒かった為、オープンガーデンのお花の咲き具合が心配でした。

アムステルダム市内で見かける花壇などのお花(バラ、ストックローズ、ぺチュニア等)も、例年より数週間から1ヶ月くらいお花の開花状況が遅れているのでは?と感じていたくらい。

そして迎えたオープンガーデン。

・・・予想通り 、ちょうどバラは咲き初めの頃・・・、昨年はどこのお庭も満開だったアジサイはまだ全然これから・・・という感じでした。

昨年は どのお花もほとんど終わった状態だったので、それよりはよかったかな。

毎年同じ時期の開催ですが、気候によってかなり左右され、お庭を公開する方達の管理は大変そうです。



Og1006book1オープンガーデン初日、まずは指定されている運河沿いのミュージアムCanalMuseums5ヶ所の内のいずれかへ出向き、オープンガーデンのチケットを購入します。

オープンガーデンの入場料は15ユーロ(3日間有効)、チケット代わりの小冊子を入手します。

Og1006book2小冊子には公開されているお庭を記した地図があり、それぞれのお庭の解説があります。

オランダ語中心ですが、英語での簡単な解説も入っていました。

裏表紙が お庭の入場をチェックする欄になっています。

入場したお庭は 係員によりチェックが入れられます。

上の写真(最初の写真の左側)では、No.1とNo.2のお庭のチェックが入っていませんが、ちゃんと行きましたよ(係の人がいませんでした)。

私はエリア別に、初日に16ガーデン(5時間ほど)、2日目に9ガーデン(2時間ほど)、3日目6ガーデン(1.5時間ほど)と見て歩き、目標にしていたすべてのガーデンを見ることができました。

それぞれのお庭でたくさんの写真を撮りました。

整理に少し時間が必要ですが、少しだけご紹介します。

オランダ・アムステルダムの6月後半、今のお庭の様子です。

Og100601Og100602_2Og100603

Og100604Og100605Og100606

Og100611Og100612Og100613


ちょうどこのオープンガーデンが開催されていた2日目(19日)の午後1時半から、ワールドカップ「オランダ-日本戦」が行われました。

私も試合を見たかったのですが、”3日間ですべてのお庭を見る”という目標が達成できなくなると思い(金土、土日の2日間しか公開されていないお庭も一部ある)、後ろ髪を引かれながら出かけました。

試合前の「君が代」は、アムステルダムの9ストリート(De 9 Straatjes)で聞きましたよ(カフェから流れてきました)。

ヨーロッパで聞く「君が代」は なんだか渋く かっこよかったです。

*De 9 Straatjesは、17世紀前半に造られた3つの運河HerenGracht.KeizerGracht.PrinsenGracht と運河に交わる小さな9つのストリートのエリアで、現在は小さなカフェや小さなショップの集まる人気のエリア

Reestraat.Berenstraat.Runstraat.

Hartenstraat.Wolvenstraat.Huidenstraat.

GasthuisMolensteeg.OudeSpiegelstraat.WijdeHeisteeg

アムステルダムの中心エリアを、対戦相手である日本人の私が歩くのは、少し怖い気がしたので・・・

ずっと以前、ヨーロッパでサッカーの大きな試合があった時、サッカー観戦で盛り上がるアムステルダム中心エリアのカフェの集まる広場で、酔っ払い?にからまれ 怪我をした事があり、私の中では”サッカー”は怖いイベントです。

日本の皆さん、ごめんなさい!・・・オレンジ色のオランダ応援グッズを身につけて歩きました(汗)。

Og1006orangeおまもりです・・・これでアムステルダム市内を堂々と歩ける!?

ちなみにこの応援グッズ、スーパーAlbertHeijnで配ってたBeesie(10センチくらいのニョロニョロフワフワしたもの)、みんなバイク(オランダでは自転車のこと)につけたり、車につけたり、腕や髪につけたりしています。

が、もちろんこんなちっちゃなものではなく、オランダの皆さんはもっともっと ド派手なオレンジを身につけています、もちろん!


その日の工程(私が予定していたお庭の巡り順)で、最後から2つ目のお庭を見ていた時、お庭を囲う窓や あちこちのカフェから 地響きのように歓声が上がり・・・オランダが得点したことを悟りました。

その後、残りの1つのお庭を見て、走って西教会WesterKerkのトラム乗り場まで行き、トラムに乗り 数分・・・急いで家に帰り 残りの15分ほど試合を見ることができました。

西教会のトラムの通りRozengrachtは、普段はバスやトラム、自動車やタクシー、自転車やスクーター、アムステルダムの人々や観光客が行き交う賑やかな通りですが、この時ほど人も車も・・・ほぼヒトケのないRozenGrachtは始めてみました(夜中でももっと人がいる・笑)。

その時間、みんなカフェの中で盛り上がっていました。

その日のアムステルダムの様子はこちら→Twitpic(Twitterの写真投稿ページ)


寒さとサッカー熱に沸いた今年のオープンガーデンでしたが、また後日 写真を整理して、テーマ別にレポートしたいと思います。

お楽しみに(いつになるかな・・・?)。


昨年2009年のオープンガーデンの様子をホームページにアップしました(1年も経ちましたが、つい先日やっとアップできました・汗)。

BloemenVanThuraホームページ「OpenGardenDays2009」

昨年 このブログで紹介しきれなかったたくさんの写真を お庭別にご紹介しています。

また、昨年 テーマ別にご紹介した このブログのレポートのリンクもありますので、是非ホームページをご覧ください。

今年2010年のオープンガーデンの様子は近いうちに!!


BloemenVanThura~オランダの花と雑貨と文化のページ~「オランダ・ヨーロッパ情報」

ホームページ「Holland・Europe情報」コーナーの、オープンガーデン以外のお花イベント情報も是非ご覧下さいね。

blogram投票ボタンにほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« アールスメーヤレポート =Berry&Seed編(2010年6月)= | トップページ | アールスメーヤレポート =アンティークアジサイ編(2010年6月)= »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/48730184

この記事へのトラックバック一覧です: 寒さと熱のオープンガーデン OpenGardenDaysAmsterdam2010:

« アールスメーヤレポート =Berry&Seed編(2010年6月)= | トップページ | アールスメーヤレポート =アンティークアジサイ編(2010年6月)= »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析