« 秋本番・・・SingelBloemenMarkt シンゲル花市2009年9月末 | トップページ | アールスメーヤレポート=雑貨・ドライオブジェ編(2009年9月末)= »

2009/10/02

アールスメーヤレポート=切り花編(2009年9月末)=

10月になってしまいましたが、9月末 「アールスメーヤ花市場」からのレポートです。

今回は 秋の「切り花」編。

秋と言えば、やはり秋色(アンティーク)アジサイや実モノ、葉っぱモノが素敵な色のグラデーションで並び、そして南半球からの輸入のお花も増える、とにかくお花の豊富な季節です。

Wseucaboule0909Wseucacardinal0909ornWseucacardinal0909dry

今回、アールスメーヤ花市場の仲卸さんを訪れた時には、イタリア産のユーカリの実(ベリー)がいろいろ並んでいました。

上の写真左から、ユーカリBoule(正式名称ではないと思いますが)、ユーカリCardinal(オレンジの殻と黄色のお花がきれいです)、ユーカリCardinalドライ。

特にドライタイプのCardinalは500円玉サイズの大きな実で、ゴツイ”実”もスペシャルですが お値段もスペシャル!


大好きな個性的ユーカリベリー達、全部買いたい衝動にかられましたが(笑)・・・今回は写真だけ撮らせていただきました。

以前に輸入したことがあるユーカリベリー達ですが、短い季節にしか出会えないので、貴重です(2005年9月21日 / 2005年10月14日 /2006年2月24日 ブログ等参照)。


Wssmilaxberyy0909 そして日本では「イタリアンベリー」として人気の「スマイラックスベリーSmilaxBerry」。

艶やかな赤~濃赤がおいしそう(2006年3月24日ブログ参照)。

日本では人気ですが、オランダのお花屋さんやお花の仕事の現場では、実際 あまり登場したことのない花材です。

Wspepperberry0909そして「ペッパーベリーSchinus molle」として知られるピンクの実。

枝についた状態のものがありました。

”ペッパーツリーになる実”だから「ペッパーベリーPepperBerry」です。

ペッパーツリー(PepperTree/AmelicanPepper/ CalifornianPepperTree等)の実は、潰すとやはり香りがあり スパイシーなテイストですが、本当のペッパーBlackPepperとは関連がないそうですョ(ウィキペディア参照)



そして、切り花仲卸さんのお隣のプランツの仲卸さんでは、この季節の代表的なかわいい実のたくさんなった こんなプランツ(鉢植え)が気になりました。

それは・・・こちら↓・・・赤い実の・・・。

Wsmalus0909Wsmalus0909up

オランダの家々のお庭でも良く見かけますが、サクランボサイズの小さなリンゴMalusです。

この小さなリンゴMalus、写真は鉢モノですが、枝にたくさん実の付いた状態で”切り花”としても流通します。

切り花としてのリンゴMalusは、枝の長さが30センチくらいの短いものから70・80サイズの長いものまで、いろんなサイズで流通します。

長さによって使い方もさまざま。

短いものは短い枝のままブーケ(花束)に入れたり、実だけ取ってアレンジに使ったり、長い枝のものは単品で1~数本を花瓶に活けて、かわいいリンゴもクールモダンのインテリアにぴったりです。

もちろん実を落とした”枝”も立派な花材、比較的まっすぐな枝ですが、かわいい雰囲気とは対照的に 表面はゴツゴツしてワイルドです。

以前切り花を輸入していた際、入荷しようと思いましたが・・・輸入禁止の植物のようで・・・できませんでした、残念。


以前、このリンゴの思い出を書いたことがあります。

オランダのお花仕事の現場での出来事です、良かったらみてくださいね(2007年8月24日ブログ参照)。

あっ、もちろんオランダにも、このサクランボサイズのリンゴMalus以外に、普通サイズのリンゴや姫リンゴ(って言うの?)やミニリンゴ・・・いろいろありますよ。

さて「切り花」レポートはここまでです。

次回はアールスメーヤレポート「雑貨・ドライオブジェ編」です。

今年のオランダのクリスマスのトレンド・・・お楽しみに。

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 秋本番・・・SingelBloemenMarkt シンゲル花市2009年9月末 | トップページ | アールスメーヤレポート=雑貨・ドライオブジェ編(2009年9月末)= »

コメント

G.G.様、コメントありがとうございます。
仕入れたと言うリンゴは”切り花”でしたか!!
そんな立派なリンゴの枝、見てみたかったです!
鉢モノだったら、鳥さんたちにつつかれそうだな・・・なんて、想像していました(笑)。

それにしても、そんな立派なリンゴの枝(小さいリンゴ)、どこの地域で育っているものなのでしょうか。
気になります・・・完全に職業病です(笑)。

切花ですよ。
私の背丈よりありました

買ったあとで少し後悔しましたが
やはり好きな方はいらっしゃって
半分ちょっとは売れました

まあやっぱり商売にはなりませんでしたが・・・coldsweats01

G.G.様、いつもコメントありがとうございます。
以前ご購入いただいたユーカリについて、覚えていていただきありがとうございます!
ユーカリは、ツボミ~お花~ドライ・・・
いろんな状態で楽しめて、興味深い花材ですよね。

ピンクペッパーについて、私もウィキペディアでブラックペッパーと別物と読んで、焦りました。
オランダのお花屋さんで働いていた時、つまんで食べてみたことがあったから・・・(汗)
でも香辛料として使うような記載があったので、きっとこのピンクペッパーが食用で見かけるペッパーですよね・・・(と思うことにしました)。

「リンゴの実付き枝」は切り花のほうですか?
鉢物ですか?
どちらでも季節を感じるかわいい花材ですよね。

ユーカリの花以前いただいた時
とてもよくもってその後もドライになったように記憶しています。日本ではなかなか流通しないですね。

コショウはペペロミアの仲間で草本性

ピンクペッパーは木本性でチリかどこかの
ご出身かと・・・

食用で出回ってる
ピンクペッパーはこれなのか?
と未だ悩んでいます

尚リンゴの実付枝
今年出てました

つい仕入れてしまいました
いい枝ぶりで長く楽しめました
(↑ということは残ったということ。最期の一本くらいはしょうがないんですけどね)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/46350206

この記事へのトラックバック一覧です: アールスメーヤレポート=切り花編(2009年9月末)=:

« 秋本番・・・SingelBloemenMarkt シンゲル花市2009年9月末 | トップページ | アールスメーヤレポート=雑貨・ドライオブジェ編(2009年9月末)= »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など