« ドイツといえば・・・ | トップページ | アールスメーヤレポート =7月・Part2= »

2009/07/13

アールスメーヤレポート =7月・Part1=

はやいもので7月も中旬。

いろいろお伝えしたいこともあるので、「オープンガーデン・オブジェ編」は、ちょっとお休みです。

今回は、7月の 「アールスメーヤ花市場(仲卸)」 や 「シンゲルの花市」 の様子をお届けします。


7月に入り、オランダはバケーションシーズン真っ只中。

学校もお休み、仕事でも夏休みを取る人が増えてきているようです。

お花屋さんも夏の間 数週間お休みをするお店もあったり、常連のお客さんがバケーションで留守になるため、客数(売上)が激減し(これホント!)、あまり忙しい時期ではありません。


ですが、夏・・・お花が豊かなシーズンです。

今では1年中流通している”ヒマワリ”も、今が一番”ヒマワリらしい”シーズンです(切り花にとって)。

Singel0907sunflowerSingel0907sunflowerup

日本には小さなサイズ、ダークなカラーなど本当にいろいろなヒマワリが流通していますが、オランダは断然!この黄色の大きなヒマワリ。

少し前までは、お花屋さんでヒマワリは片隅に少しだけ置いてある程度でしたが、今はセンターです(上の写真は 7月初め シンゲル花市SingelBloemenMarktにて)。


6月末~7月初旬、オランダはとてもお天気が良く とても暑い日が続きました。

ちょうどその頃から、自転車でヒマワリの束を抱えている人を 良く見かけるようになりました。

ヒマワリはいつでも流通していて季節感がなくなりそうですが、それでもやはり 季節感のあるお花・夏らしいお花ナンバーワンです。


オランダの大きなヒマワリは、お花のサイズが直径20センチ前後、茎の太さは直径2センチ前後、丈は70-80センチもあるものなので、持ち運びは大変です・・・自転車でも自転車でなくても。

私もお花屋さんに勤めている時、ヒマワリの束の配達は重くて大変でした。

ご近所への配達は 自転車か徒歩、茎が太いので 束になると、手先だけでは持てないので 抱えることになります。

1束ならまだしも、数束 抱えて歩くには重いし、かといって、自転車でもやはり重い上に バランスがとれず・・・小柄な日本人泣かせのオランダサイズ(?!)のヒマワリです。

通常このサイズのヒマワリは、5本で一束になっています。

写真のお店では、1束(5本)5ユーロ、10本で8.50ユーロで販売中です。

私が働いていたお花屋さんでは、5本束のヒマワリを 数束単位で買われるお客様が多かったです。


Singel0907gladiolusそしてそんなヒマワリの隣に、同じくらいの場所を占めて並ぶのは ”ユリ”と”グラジオラス”。

”グラジオラスGladiolus”もヒマワリに負けないくらいこの季節の象徴的なお花です。

写真は7月初め頃シンゲル花市にて。

写真のお店では1束5ユーロ、2束8.50ユーロで販売中(グラジオラスは10本1束)。

Ws0907gladiolus毎年のことですが、オランダではダーク系グラジオラスが人気です。

左の写真はアールスメーヤ花市場・仲卸さんにて、ダークパープルです(ほとんどブラックのツボミが見えています)。

先日立ち寄った近所のナイトショップ(コンビニのようなショップ)では、ピンクホワイトの複色で花びらがヒラヒラしたタイプのグラジオラスが売られていました(写真はありませんが・・・)

クールなダーク系もいいけど、フェミニンなヒラヒラタイプのグラジオラスも好きです。


ちなみに、オランダで一番主流のグラジオラスの飾り方について。

それはもちろん!!長い丈(80センチくらい)のまま、一束(10本)を花器に デーンと スッキリ 活ける・・・それが一番素敵です(と私も思う)。


さてアールスメーヤの仲卸さんには先月までの”シャクヤク”に代わり、”ダリアDahlia”が目立っていました。

Ws0907dahlia01Ws0907dahlia02Ws0907dahlia03

ダリアはいろんなカラー、咲き方があって素敵ですよね(写真はアールスメーヤの仲卸さんにて)。

シックな雰囲気からわかいらしい雰囲気まで、そして和風にも、オランダらしいビーダーマイヤースタイルのブーケ(花束)にも・・・、様々なシーンで活躍する夏の代表的なお花ですね。


Ws0907stokroosそして約1ヶ月間、オランダの屋外を賑わせていたお花”ストックローズStokroos”。

屋外ではそろそろ終わりを向かえようとしていますが、最後に「切り花」として流通します。

先日ご紹介したストックローズについては6月13日ブログ参照、その後きれいに咲いたお花の写真があるので、また後日ご紹介しますね。

写真はアールスメーヤ仲卸さんで撮影した八重咲きのストックローズですが、先週は近所のお花屋さんにも同じものがありました。

丈は150センチ以上、咲いたお花はテニスボールくらいのサイズです。


そして、夏はバラの季節でもありますが・・・ ・・・今回はここまで。

アールスメーヤ花市場レポート、次回に続きます。

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« ドイツといえば・・・ | トップページ | アールスメーヤレポート =7月・Part2= »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/45605146

この記事へのトラックバック一覧です: アールスメーヤレポート =7月・Part1=:

« ドイツといえば・・・ | トップページ | アールスメーヤレポート =7月・Part2= »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など