« 「風のガーデン」 | トップページ | 運河と運河にかかる橋 in Amsterdam »

2009/06/10

夏のシンゲル花市 人気商品は?・・・SingelBloemMarkt

Singel0905601アムステルダム・シンゲル花市SingelBloemenMarktの様子(5月末~6月初)のご紹介です。

シンゲルの花市には何件ものお花屋さん、プランツ(苗・植物・観葉)屋さん、球根屋さんが軒を連ねています。

冬には一時期、閑散としていたオランダですが、今はまた観光客で混み合っています。

チューリップが終わっても、ヨーロッパ・オランダは一番の観光シーズンです。

6月に入り、近くのショッピングストリートでは 夏のセールが始まり、この界隈のにぎわいは さらに増しています。

シンゲル花市にも、多くの観光客と地元の人々が、季節のお花を見に来ています。


こんなに気候が良くなった夏のオランダですが(たまに日中 12度なんて寒い日もあります)、なんと!まだたくさんのチューリップ(切り花)が売られていました。

チューリップはどれも ”50本” 10ユーロ!

Singel0905602Singel0905603

オランダにとっては暑く感じる今日この頃ですが、チューリップはどれもシャキッとして新鮮そうです。

シャクヤクPioenroos もたくさん並んでいますね。

一束5ユーロ、2束8.50ユーロだそうです。

私の経験では シャクヤクは5本で1束になっていることが多いのですが、このシャクヤクは10本1束かな。

Singel0905604もう1件のお花屋さんにもカラフルなチューリップが何種類も並んでいます(50本10ユーロ)。

こちらのお店では、シャクヤクは10本6ユーロでした(左の写真)。


オランダのお花屋さんは、種類にもよりますが、1本ずづの販売ではなく、束で販売しています。

「小売り」でも・・・です。

オランダ旅行の際には、是非「オランダ流」に お花を ”束” で買ってホテルに持ち帰り、お部屋に飾って楽しんでみてはいかがでしょう。

ホテルの方に「花瓶を貸してください」って尋ねれば、喜んで花瓶を貸してくれるはずです。


この季節、 シンゲル花市で観光客の皆さんの選ぶお土産一番人気は、やはりチューリップ等の”球根”(ちょうど秋植え球根の新しいのが出始める時)でしょうか。

実際、球根は年中人気のようですけどね。

Singel0905611Singel0905612

上の写真左側はチューリップ、このお店では10個3ユーロ、20個5ユーロで販売していました。

写真右側は片手でなんとか持てるくらいのアマリリスの大きな球根、1個3ユーロ、4個10ユーロだそうです。

アマリリスの球根は大きいから、これだけで荷物が持ちきれなくなりそうです(汗)。


オランダ旅行へいらしたことのある日本の方も、ほとんどの方がお土産としてチューリップの球根を買われているのではないでしょうか?

この季節、日本へ球根を持ち帰る場合は 注意が必要です。

今の季節に日本に球根を持ち帰ると、球根を植えるまでの間に(秋植え)、日本のあの蒸した暑ーい夏の間に腐っちゃうんですよね。

私もこれまで何度も持ち帰り、いくつも腐らせてしまいました。

植えるにはまだ早いから・・・って持ち帰ったビニール袋に入れたまま、忘れちゃったり・・・。

保存場所やその環境に注意です。

これからやってくる日本の高温多湿の気候・・・オランダのチューリップ達にはちょっときつい・・・(私も)。


球根以外では、ハーブの種や 小さくて見た目のかわいいカラフルなサボテン等も人気のようです。

Singel0905613そしてここ数年、売り場面積を年々増やしているのが ”お花の缶詰”。

今年の夏は、こーんなにたくさん山積みになっていました。

年々 種類もすごく増えているようなので、人気なのでしょうね。

2年前、オランダの取引先の社長さんが日本出張の際、日本に仕事で戻っていた私にも、お土産としてお花の缶詰を持ってきてくれたことがありました(2007年4月21日ブログ参照)。


観光客の方々にとっては チューリップ球根 や 植物の種 等が人気ですが、では 地元の方々は何を買っているのでしょう。

Singel0905614もちろん、家庭やオフィスに飾る”日常のお花”であることは確実ですが、この季節は多くの人々が、ハンギングプランツ や ガーデンのお花 を立ち止まってみたり、お店の人に尋ねたりしていました。

ペチュニアPetunia、フクシアFuchsia、インパチェンスImpatiens(VlijtigLiesje)、カンパニュラCampanula、ゼラニウムGeranium、ブーゲンビリアBougainvilleae・・・色鮮やかな小花達が映える季節です。

お庭で過ごす時間が増えるこの季節、お庭でもお花に囲まれて過ごしたいものです。

Singel090515こちらの地元カップルは、150センチ以上ありそうな大きな植物をお買い上げです。

この季節 アムステルダムでも良く見かける、ツル植物ロニセラLonicera(ハニーサックル)のようですね。

ここはオランダ、もちろん!バイク(自転車)で お持ち帰りでーす!!

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« 「風のガーデン」 | トップページ | 運河と運河にかかる橋 in Amsterdam »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/45198253

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のシンゲル花市 人気商品は?・・・SingelBloemMarkt:

« 「風のガーデン」 | トップページ | 運河と運河にかかる橋 in Amsterdam »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など