« オランダ・ベルギーお花雑誌・夏号のお知らせ | トップページ | the last day of the Keukenhof 2009 -1 »

2009/05/23

ファントムとパピヨン in Paris

約2ヶ月ぶりのアムステルダムに到着し、その翌日 1泊でパリに行ってきました。

目的は仕事、展示会がオペラ座の近くだったので、宿泊も散策もオペラ座の近く。

大きな展示会と違い、今回は1件の取引先の展示会だったため、半日ほどで用事が終わリます。


さて 無事仕事を終え 散策の時間です。

今回のブログはオランダともお花とも無関係の内容です。

仕事や旅行で何度も行っているパリですが、今回の散策では これまでに入ったことのなかったオペラ座 l'Opéra の内部へ初めて足を踏み入れました。

正式には”ガルニエ宮Palais Garnier”と言うそうです。

見学の入場は夕方4時半まででしたが、その直前にすべりこみました。

入場料は8ユーロ。


中に入るとビックリ、想像通り、いえ、想像以上に豪華です(暗い写真ですが、是非アップにして見てください)。

Paris0905opera01Paris0905opera02

オペラ通りの騒々しさからはまるで別世界、静かで豪華で煌びやかなネオ・バロック様式の内装。

このテイスト、個人的に大・大・大好きです。

上の写真左側は、入ってすぐ目に入ってきた内装、いきなり すごすぎです!

写真右側は大階段などいくつかの階段を上がり、ホールに向かって撮影。

小さないくつかの扉は、ホールの一つ一つのボックス席の扉。


このオペラ座、1862年着工、1875年竣工、パリでは13番目の歌劇場なのだそうです。

建物内部の柱も天井も床も、シャンデリアも何もかもが豪華で素敵。

その全てからなる空気感と迫力がすごいのですが、どこを写してよいのやら・・・そのままの空気感を写真に収めることができず残念でした。

ドレスアップした人達がこの階段をのぼるのね・・・なんて想像しながら大階段をのぼり、床のモザイクを見ながらゆっくり歩き、シャンデリアの豪華さに圧倒され、あちこちの装飾に目を奪われ・・・

ついに私的!一番のハイライト、それはロビー(グラン・フォワイエ、下の写真)。

Paris0905opera03Paris0905opera04

ベルサイユ宮殿の「鏡の間」を思わせるような豪華さ・・・キーンと張り詰めた空気感の中に温かみのあるような空間です。

ホント 、うっとりするような素敵な空間でした。


Paris0905opera05バルコニーからは賑わうオペラ通りを眺め(左写真)・・・雲までもがまるで絵画のようなパリの風景。


このパリの風景に後ろ髪をひかれつつ、先ほど通ったロビー(グラン・フォワイエ)に再び後ろ髪をひかれつつ・・・今度はホールへ。

そう、ステージのある、演劇などが催される”ホール”です。

私が覗いた時には、ステージでリハーサルが行われていました(下の写真左)。

それにしても赤いベルベット張りのボックス席(下の写真中央)、映像などで見る通りの様子で、見学のために覗いているだけなのに、なぜか緊張しました。

もちろんフラッシュは禁止の為、暗ーい写真なのですが・・・

Paris0905opera07Paris0905opera08Paris0905opera06

ホールの天井には、 シャガール の手がけた天井画が!(上の写真右側)


ホールを見学中、「そろそろ閉館です」と、係の方が声をかけてまわって来ました。

煌びやかで豪華で素敵なオペラ座ですが、真っ暗になったこの館に、もし一人取り残されたら・・・本当に”怪人(ファントム)”に遭遇しそう!・・・考えたらゾッとしました。


Paris0905opera10短いパリ出張でしたが、オペラ座見学で ちょっと観光気分を味わいました。

パリ(北緯約48度) はアムステルダム(北緯約52度) より南に位置しているのですが、この季節の日の長さはアムステルダムと同じ位なのですね。

ちなみに東京は北緯35度くらい。

アムステルダム同様、夜10時頃まで明るかったです。

上の写真は夜10時頃、オペラ通りAvenue de l'Opéra から見たオペラ座、まだ空が明るい。

この季節のヨーロッパは、寒くもなく(夜は少し肌寒かったけど)、暑くもなく、日も長く、最高の季節ですね。

今度は旅行として ゆっくり滞在したいパリです。


さて、今回のパリ土産は、前回 ラファイエットの食品売り場で見かけてから何ヶ月もの間、一日も頭から離れなかった CANASUC の”お砂糖”。

Paris0905canasuc1Paris0905canasuc2

チョウチョ(パピヨン)のカタチの”お砂糖”です。

なんて可愛い!!中身もそのままの姿です。

ティータイムが楽しくなりそう!

・・・って 私・・・、コーヒーも紅茶もお砂糖を使わないんだった・・・

今日からお砂糖入れます!!??

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« オランダ・ベルギーお花雑誌・夏号のお知らせ | トップページ | the last day of the Keukenhof 2009 -1 »

コメント

おぷー様、コメントありがとうございます。
ノイシュヴァンシュタイン城のルートヴィヒ?
その時代なのですね。
なるほど、そのようなつながりがあるのですね・・・
その時代といえば・・・バイエルンのエリザベート(シシー)、私はシシーのファンなので、実はパリ以上にバイエルンには興味があります!

やはりオペラ座はどのの時代にも、誰にとっても魅力(魔力?)があるのですね。

私もあの内部、大好きです。
バイエルン王ルートヴィッヒもオペラ座に触発されて、
あんなオペラハウスを造ろう!と思いましたが、
如何せん、バイエルンは小国。
お金が無いので、彼は王の座から金欠王として
引きずり下ろされたと言う話です。
何だか魔力があるのですよね、あそこ。。。

tasa様、キラキラのコメントありがとうございます。
パリ素敵ですね。
パリは見所が多くて、これまでオペラ座内部の見学にはたどりつきませんでしたが、今回入ってみてよかったです。
tasa様も是非近いうちに行ってみてくださいね!
そして少し足をのばしてオランダにもよってくださいね。

こんにちは。
パリshine素敵heart04
shineグラン・フォワイエshine
自分の目で見たいです。

今回も戦利品が楽しみです。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/45088707

この記事へのトラックバック一覧です: ファントムとパピヨン in Paris:

« オランダ・ベルギーお花雑誌・夏号のお知らせ | トップページ | the last day of the Keukenhof 2009 -1 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など