フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« ファントムとパピヨン in Paris | トップページ | アールスメーヤレポート 5月末 »

2009/05/26

the last day of the Keukenhof 2009 -1

先週の木曜日5月21日、オランダは祝日「キリスト昇天祭Hemelvaartsdag」でした。

そしてその日は、春のオランダ 一番の観光スポットであるキューケンホフ公園Keukenhofの2009年開園期間の最終日でした。

2008年12月29日ブログに ”春とキューケンホフ公園の開園が待ち遠しい・・・” なんて書いてから約5ヶ月が過ぎ、もう閉園です。

キューケンホフ公園は春の約3ヶ月間しかオープンしていないのです。

ちょうど、私の日本からの花粉症の後遺症もだいぶ良くなったので、その最終日 キューケンホフに行ってきました。


公共機関を利用してキューケンホフへ行く場合は、コンビチケットCombiKaartが便利です。

往復のバスと入場券がついて20ユーロ(2009年時点)。

バスは鉄道のスキポールSchiphol駅やライデンLeiden駅から出ています。

ちなみにスキポールからキューケンホフまでバスで約20分です。


今年、キューケンホフは60周年。

今から60年前の1949年、球根種苗会社と輸出会社が開催した品評会がはじまりです。

キューケンホフはチューリップをたくさん見ることのできる観光向けの公園でもありますが、球根植物の新種発表や品評会が今でも行われています。

キューケンホフの場所自体は 15世紀からすでに存在し、あるお屋敷(お城)のお料理に使うハーブを摘んでいた場所だったことが、”キッチンのガーデン”という意味の”Keukenhof(キューケンホフ)”という名前の由来なんだそうですよ!


Keukenhof090501そして、キューケンホフ60周年 今年のテーマは ” USA , NewAmsterdam - NewYork , 400 years ”。

1609年にオランダの東インド会社(DutchEastIndiaCompany)のHenryHudson氏が NewAmsterdam(現在のニューヨーク)を発見して400年ということで、アメリカがテーマ。

その為、入り口には上の写真のようなポスターとイエローキャブが。

園内や園内のパビリオン内にも、アメリカを思わせる展示やテーマがたくさんありました。

一番の目玉は、53000球以上の球根を使いかたどった「自由の女神」のお花のモザイク画。

ですが!!!!皆様、お気づきかと思いますが、現在5月後半です。

しかも今年4月、オランダでは300年ぶり!?の暖かく好天気の春だったとのことで・・・予想通り、いえ、予想以上にキューケンホフ公園内にチューリップはほぼ見られない状態でした(泣)!

ここ数年は毎年キューケンホフ閉園直前に行っているので(昨年は行けなかった) 、チューリップが見られないとは ある程度覚悟していましたが、今年はチューリップどころかその他のお花もほぼ咲き終わっていました(大泣)!!

ということで、目玉の「自由の女神」は・・・残骸だけ見ました(写真はない)。


Keukenhof090506同情とも感じられる公園側の演出で、満開のチューリップの寄植えのポットがいくつも園内の小道にきれいに並べられ、チューリップと共に写真を撮る観光客の皆さんに大人気でした(写真参照)。

男性も女性も 大の大人達が、 チューリップに寄り添う為に寝そべったり小さくなったりして、必死にポーズを取る姿がとても微笑ましかったです。

それにしても、こんなお花のない最終日なのに、この日オランダは祝日ということもあって、外国からの観光客だけでなくオランダの子供連れの方々も多く、ものすごく混んでいました!!


撮影した写真の中でも数少ないお花のある風景の写真をご紹介します。

お花より人のほうが多いキューケンホフ、最終日でした。

Keukenhof090502Keukenhof090503Keukenhof090504_2

Keukenhof090508Keukenhof090509Keukenhof090510

Keukenhof090505Keukenhof090512 Keukenhof090507


Keukenhof090511園内にはお花を見るだけでなく、「動物触れ合い広場」や「フィールドアスレチック」などがあり、子供達に大人気でした。


当日のお天気は、曇り時々晴れの良いお天気でしたが、長時間屋外を歩いているとやはり肌寒くもありました。

そんな時は園内にあるパビリオン内を見学です。

パビリオン内でもいろいろなイベントが行われており、十分楽しめます。

次回ブログは そんなパビリオン内の様子をレポートします。

にほんブログ村花ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

« ファントムとパピヨン in Paris | トップページ | アールスメーヤレポート 5月末 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/45108438

この記事へのトラックバック一覧です: the last day of the Keukenhof 2009 -1:

» 赤ちゃんの花粉症と肌荒れ [赤ちゃんの花粉症と肌荒れ]
赤ちゃんの花粉症や、花粉症の肌荒れについて書いていきたいと思います [続きを読む]

« ファントムとパピヨン in Paris | トップページ | アールスメーヤレポート 5月末 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析