フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ解析


無料ブログはココログ

« つぐみ横丁・・・ライン川クルーズ | トップページ | 衣替えの季節・・・8月からの予定 »

2008/08/07

ロータス in 古代エジプト

Egyptngo080801先日、名古屋の松坂屋美術館にて行われていた「古代エジプトの美展」に行ってきました。

エジプトには行ったこともなく、歴史にも全く詳しくないのですが、魅かれています。

日本の番組で特集などがあれば、チェックしています。

いつか行ってみたいと思う国の一つです。


Egyptngo080802今回の「古代エジプトの美展」ではイギリスのイートン・カレッジ/ダーラム大学所蔵コレクションの中から選りすぐりの品々が展示されていました、

小さく細かい彫刻がほどこされた護身用の石、ガラス・木・鉱石などでできた器、きれいな装飾品、木製・ガラス・鉱石などの器、石のオベリスク・・・ハイライトは木製の棺と本物のミイラ。

紀元前3000年頃に出現する約3000年間にわたる古代エジプト文明をたった数行で表現することは出来ませんし、申し訳ないですね。

とにかく紀元前3000年~の人々の豊かな生活、創造性、神や死の世界観を感じながら、小さなものから大きなものまでゆっくり楽しむことができました。

フランス・ルーブル美術館、イタリア(ヴァチカン)・ヴァチカン美術館、イギリス・大英博物館などでもたくさんの古代エジプト美術を見てきましたが、日本の(名古屋の!)美術館にエジプトの美術品が並んでいるのは不思議な感じでした。

日本(名古屋)の夏、遮断された35度以上の猛暑の外界が嘘のような静かで涼しい美術館でみるエジプト(イギリス)から遥々やってきた美術品・・・運送や管理が大変だろうなぁ・・・と余計なことも考えてしまいました。

この高温と湿度に触れたら・・・何千年も朽ちることなく保存されているこの美術品たちは一瞬にして腐ってしまいそう!・・・日本のこの真夏の空気に触れずに帰ってね・・・と思いました。

何千年もの間、姿を変えずに保存されているなんて、本当にすごいですね。


エジプトの美を見ながら足を止めて魅入ったものはたくさんありましたが、その中でも興味深く ある説明文に目が留まりました。

それは「ロータス(英名 WaterLily・学名 Nymphaea)」について。

「ロータス」は古代エジプトでは再生と上エジプトの象徴なのだそうです。

ここで言う「ロータス」とは「熱帯スイレン(原産地エジプト)」のことです。

似ていますが、「スイレン」と「ハス(蓮)」は仲間ではなく、違うルーツだそうですよ(常識?)。

今回みた美術品の中には「ロータス」の花の形をした杯(さかずき)がたくさんありました。

(花びらがひらひらしているわけではなく、いわゆる杯、カップの形をした杯です)

ロータスの花の形をした杯は第18王朝(紀元前1550年頃から)のころから登場したと説明がありました。

ロータスって本当に古いお花なんですね。

そして、私が興味を持ったのは、ロータスの種類とそれらを模った杯の分類。

『白色ロータスNymphaeaLotus』・・・フチがギザギザの葉と丸いツボミ、幅の広い花弁のロータス。

『青色ロータスNymphaeaCaerulea』・・・とがったツボミと細長くとがった花弁、香りのあるロータス。

なるほどーーーー。

これをベースに、杯もその形によって分類されるそうです。

『白色ロータス型』は丸みがあり、主に飲用として用いられたそうです。

『青色ロータス型』は細長く、祭祀用で神殿や死者に対する儀式、供養に使われたそうです。

写真がなくて比べてご紹介できないのが残念ですが、なにげなく見過ごしてしまいそうな”杯の形”にも意味があることがわかり、世界が広がった気がします。

古代の時代から、”お花”と”神”と”人々”と”死後の世界”とが深い関係にある・・・そしてそれは現在も変わらず・・・なんだか ロマンですね。


Britishm0408014年前の8月(2004年、この年もオリンピックイヤーでした)、日本からオランダへ行く途中に、数日間立ち寄ったイギリス・ロンドンで大英博物館TheBritishMuseumに行きました。

写真は大英博物館の内部のきれいな天井。

大英博物館では、世界中の美術品、芸術品、考古学的コレクションを見ることができますが、これだけのコレクションを見ることができて、なんと!入場料無料というから驚きです。

そして、大英博物館で印象深く心に残っているのはやはり古代エジプト関係の美術品と、すごくたくさんのミイラ(ゴロゴロありました!)

Britishmrosetta0408そしてなんといっても、ガラス越しの本物のロゼッタストーン(写真)。

エジプトの話がロンドンの話になってしまいましたが、世界のどこにいても、エジプトの古代文明に触れることができるのも、古代エジプト文明の偉大さを物語っていますよね。

たまにはお花以外の”美”も、いい刺激になりますね。

にほんブログ村 花ブログへ

« つぐみ横丁・・・ライン川クルーズ | トップページ | 衣替えの季節・・・8月からの予定 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/42063923

この記事へのトラックバック一覧です: ロータス in 古代エジプト:

« つぐみ横丁・・・ライン川クルーズ | トップページ | 衣替えの季節・・・8月からの予定 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など