フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 波乱のスタート・・・ライン川クルーズ | トップページ | 虹に向かって・・・ライン川クルーズ »

2008/07/28

ドイツの角・・・ライン川クルーズ

旅のスタートからバタバタしましたが、無事友人と落ち合い、今度こそ旅のスタート。

(お花・仕事には関係のないプライベートレポートです)

ケルンKölnから電車で”ライン川上り”スタート地である(普通は下りのゴール地点)コブレンツKoblenzへ。

電車の種類にもよりますが、いくつかの駅に止まるインターシティーで1時間前後です。

ケルンを出て少しすると都市から離れ、ライン川のほとりののどかな風景、山あいの風景になってきました。


Koblenz080701お昼頃、コブレンツに到着。(写真はコブレンツの駅、背後のお城らしきものが見えます)

旧市街から少し離れたところにある国鉄駅、駅前にあるツーリストインフォーメーションで、クルーズ船乗り場を確認し、簡単な地図と観光案内をいただきました。

クルーズ船出航時間まで2時間ほど、駅からクルーズ船乗り場への移動と旧市街散策にちょうどよさそうです。


Koblenz080705クルーズの拠点であるコブレンツという町はとても興味深い町です。

写真はコブレンツで見た統一されたマンホール。

父なる川ライン川Rheinと母なる川モーゼル川Moselの交わる重要な土地で、2000年以上前ローマ帝国により城砦が築かれ集落が形成されていきました。

その後破壊されたり滅びたり・・・、中世の時代に再び繁栄しハンザ同盟にも加盟。

13世紀にはドイツ騎士団がこの地で集結。

18世紀はフランス革命においてフランス支配下に、その後19世紀前半ドイツ帝国の中心となるプロセインの支配下に。

Koblenz080703「ドイツの角」ドイチェス・エックDeutsches Eckと呼ばれる二つの川の合流地点にはびっくりするくらい大きなドイツ帝国初代皇帝のヴィルヘルム1世騎馬像があります。

写真は「ドイツの角」ドイチェス・エック、右側がライン川、左側がモーゼル川です。

Koblenz080704現在みることができる騎馬像(写真)は1993年に再建されたもので、オリジナルは第2次世界大戦時にアメリカ軍に破壊されたそうです。

この騎馬像の台座は展望台にもなっていて、もちろん私も登りました。

よーく見ると”点”サイズの人が見えます、本当に大きなモニュメントです。


大きな二つの河川の交わる主要な土地であるために、繁栄しそしてさまざまなものに翻弄されてきたこの土地の歴史、人々の生活、経済・・・とても興味深く、壮大なロマンを感じました。

そんなことを考え想像しながら、クルーズ出発時間午後2時ごろまで約2時間 町を徒歩で散策。

Koblenz080702町にはローマ帝国時代に献堂されたロマネスク様式の教会「バジリカ聖カストーア教会Basilika St. Kastor」(12~13世紀に改修)や12~13世紀頃に建造された聖フローリン教会や聖母教会など歴史的建造物がたくさんありました。

時折、真っ黒な雲がやってきて何度か大雨を降らしましたが、15分もすれば通り過ぎていく典型的なヨーロッパのお天気です。

Koblenz080706_2散策途中、大きなどんぐりのような実(写真の実・5センチ位のサイズ)がたくさんなっている大木の下でも雨宿りをしました。

雨が降ると気温が下がり肌寒く、麻の長袖ジャケットを着ていましたが、雨よけになるような上着をもう一枚持ってくるべきだったな・・・と思いました。

雲の流れに注意しながら散策し(雨の時には木陰や建物のある場所にいられるように)、クルーズ船乗り場も確認しチケットも購入、出発までカフェで休憩、早速ワインをいただきました。

ドイツと言えばビールですが、ライン川中流のこのエリアはワインの産地でもあります。

雲の流れがとても早く、残念ですがクルーズ中も雨はやって来そうです・・・覚悟はできました。

さあクルーズ船に乗り込みます。

にほんブログ村 花ブログへ

« 波乱のスタート・・・ライン川クルーズ | トップページ | 虹に向かって・・・ライン川クルーズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/41975382

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの角・・・ライン川クルーズ:

« 波乱のスタート・・・ライン川クルーズ | トップページ | 虹に向かって・・・ライン川クルーズ »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析