« 夜の花 in アントワープ | トップページ | アールスメーヤレポート・・・6月 Part2 »

2008/06/25

アールスメーヤレポート・・・6月

お花が身近なオランダですが夏は閑散期、お花ビジネス的にはあまりパッとしない時期。

夏やバケーション期間中は、多くの人が数週間家を空けたり、お庭で過ごす時間が長くなる為、お花を買う人がグッと減ります。

お花屋さん自体、数週間の「夏休み」でお店を閉めることも多いのです。

私が以前働いていたお花屋さんでは、お店は閉めず(夏休みはなく)、スタッフが交代で3週間ずつ夏休みをとりました。

スタッフの間では、春先から夏休みのスケジュールの話し合い(休みの取り合い!)・・・1年で一番真剣に話し合う時です(笑)。


そんなバケーションシーズンを目前にした6月のオランダ・・・アールスメーヤ花市場(現在はFloraHolland)にある問屋さん(資材・雑貨・花)からのレポートです。


まずは切り花・・・基本的に日本とお花のシーズンは同じ、デルフィニウムなどブルー系が目立ちます(お花のシーズンは日本と同じです)。

写真はエリンジウムと大きなサイズのアザミ系。

Ws0806erngbluecandleWs0806centau






アリウムはすごくたくさんの種類が個性を競って並んでいます。

Ws0806alliumWs0806allgrootbloeming







Ws0806allforelockWs0806allophioscoWs0806allzaadbollen






爽やかな草花系、ハーブ系のお花も目立ちます。

アジサイの季節でもありますね、フレッシュアジサイからアンティークアジサイまでたくさんの種類が出ています。

Ws0806hyde01Ws0806hydr02






トロピカルフラワー・・・は夏のイメージ?

どちらかというと、オランダではお花が少なくなる冬に、シーズンが逆(夏)の南半球(南アフリカなど)からのトロピカルなお花が目立つので、私的には「トロピカルフラワー=夏」というより「=一年中」というイメージですが・・・

オレンジ色のバンクシアは”オランダカラー”ということで、オールシーズン人気です。

プロテアは爽やかなホワイト系が並んでいました。

カーネーションのつぼみみたいですがプロテアです。

Ws0806proteacoronataWs0806proteaniobe02







トロピカルフラワーといえば、すごいものがありました(トロピカルかどうかわかりませんが)。

ジャイアントリリーGiantLily(DoryanthesExcelsa・リュウゼツラン科)!

Ws0806giantlilly01Ws0806giantlilly02







150-160センチくらいの丈で真っ赤なお花(つぼみ)に鮮やかなグリーンの太い茎・・・すごくインパクトのあるコントラスト。

これまでに黒く変色し枯れかけたこのお花を見かけたことがあるのですが、こんなにフレッシュできれいな状態のものを見たのははじめて。

赤い部分はいくつかの”つぼみ”でできています。

ちょうど”ネリネ(ダイヤモンドリリー)”をオバケサイズにしたような感じ。

「普通のトロピカルフラワーは暖かいところが好きだけど、ジャイアントリリーは涼しいところが好きなんだ・・・」と、問屋さんのスタッフの方が話してくれました。

何がすごいって見た目のインパクトもすごいのですが、お値段が・・・卸値ですでに・・・・・・ に・・・万円 以上!・・・・・・驚いていると、「今日は*本売れたよ、これは最後の1本。明日また何本か入荷するんだ」・・・とのこと。

こんなすごいお花を買っていくお花屋さんはどこだ!?

アムステルダムではA店かB店か?・・・追跡してみたくもなりますが・・・(しませんよ)。

Ws0806bambooシャイアントリリーの隣には立派な「竹Bamboo」が並んでいました。

竹はクールな(かっこいい)イメージで、創作的にも使え、オランダでも人気です。

ジャイアントリリーの茎が竹に似ていたので思わず竹と間違えてしまいましたよ。

それくらい太くて迫力のあるジャイアントリリー。

こんな大きなお花が咲いている自然をいつか見てみたい・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

« 夜の花 in アントワープ | トップページ | アールスメーヤレポート・・・6月 Part2 »

コメント

keill様、コメントありがとうございます!
なぜ「オランダ=オレンジ」か・・・良いご質問、おさえておくべきポイントです。
オレンジはオランダの王室「オラニエ家」に由来しています。(”オラニエ”はオランダ語で”オレンジ”の意)
王家に対する敬意からなのか、オランダの人々は皆、ロイヤルカラーのオレンジが大好きです。

お花屋さんの花束でもオレンジが一番人気、プレゼントに迷ったら、オレンジを選べば問題なしです(笑)。
イベント時(応援、祝福など)には街中オレンジになります。

「ジャイアントリリー」・・・すごいです。
写真では大きさが分かり難いのですが、つぼみは子供の頭くらいあるのでは!
アフリカのどこかからと思う・・・とスタッフの方は言っていました(情報不足ですみません)。
ビックリするようなお花を見に、南アフリカなどいつか行ってみたいと思います(思うだけ・・・)。

いつも疑問に思ってたんだけど〜
どうしてオランダのカラーは「オレンジ」なの?

日本はサッカーの応援時は「ブルー」でも
その他のスポーツは国旗のイメージからか「赤」の
時もあるでしょ。
でもオランダはスポーツに限らず、その他のイベントや応援もオレンジだよね。なんで?

それにしても「ジャイアントリリー」迫力だね!
この花って原産はどこなのですか?
やっぱりトロピカルな南国?
いつか見に行きたい〜ってことは南国へ?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/41635011

この記事へのトラックバック一覧です: アールスメーヤレポート・・・6月:

« 夜の花 in アントワープ | トップページ | アールスメーヤレポート・・・6月 Part2 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など