« 今年初の花火?! | トップページ | 引越準備? »

2008/05/08

チューリップも色褪せる・・・?

Hollandtulip015月の初め、日本がゴールデンウィークを迎えている頃、オランダは”チューリップ休暇”と呼ばれる春休み(学校など)があります。

祝祭日の少ないオランダ、3月後半ごろから約2ヶ月間に祝日が集中しています。

イースター(今年は3月23・24日)の後、4月30日の”女王誕生日KoninginneDag”(祝日)、キリスト昇天祭HemelvaartsDag(今年は5月1日)、5月5日”開放記念日BevrijdingsDag”、聖霊降臨祭、とその翌月曜日PinksterDag&2ePinksterDag(今年は5月11・12日)。

学校はこの頃(5月初め)、私は学校とのかかわりがありませんので、詳細はわかりませんが、1週間の春休みなんですね。(ちなみに学校の新入の季節は4月ではなく9月です)

えー、うらやましいー!という声が聞こえてきそうですが、うらやましいのはここまで、これだけ祝日が続いた後の次の祝日は・・・クリスマス(12月25・26日)・・・です。


春の休暇ムードに沸き立つオランダ、観光のベストシーズンを迎えています。

ゴールデンウィークにオランダ・ヨーロッパへ旅行された方も多いのではないでしょうか?

オランダの代表的な観光地・キューケンホフ公園keukenhofとその周りのエリアのチューリップ畑がちょうどチューリップの見ごろを迎えているようです。

私は今年、スケジュールの都合でキューケンホフが開園している間にオランダに戻れませんので、オランダ在住の方々や、オランダ旅行された方々のブログ、MIXI等でキューケンホフの様子をチェックしています(寂)。

毎年キューケンホフと周辺のチューリップ畑のチューリップは、気候天候によって見ごろが変わります。

4月中旬がベストだったり、5月初めがベストだったり・・・今年はちょうど日本のゴールデンウィークの頃、見ごろだったようです。


オランダのお花屋さんに勤めていた頃(修行していた頃)は、チューリップの季節であっても、キューケンホフ開園中であっても、、毎日仕事(修行)だったり、日曜日の休みは疲れていたり、日々出来ない身の回りのことをしていたりで、今振り返ってみると、あまり季節・四季を楽しむことは出来ていませんでした。

季節・四季を楽しむ余裕は、私には時間的にも精神的にもなかったんですね、当時・・・。

当時通っていた語学学校で知り合ったオランダ人女性Hさん(彼女は日本語、私はオランダ語を勉強していた)が、チューリップも見に行けないそんな Poor な 私に、写真をプレゼントしてくれました。

それは、大判に引き伸ばしたチューリップ畑の写真でした。

あの頃はどっぷりオランダで生活していながらも、”修行”優先の生活で自由な時間もありませんでした。

仕事で半分日本にいる現在以上に”オランダ”は遠かったかもしれません。

まだまだ孤独なオランダ生活を送っていた頃、Hさんの優しい気持ちがとても胸に響いたプレゼントでした。

その後、Hさんからいただいた写真は日本の両親へ送り・・・それから何年も見ることはありませんでしたが、先日ふとその写真のことを思い出して、探し出しました。

写真をいただいてから丸8年の月日が経ちました(オランダ生活を始めて2年目のことでした)。

久しぶりに見たチューリップ畑の写真は懐かしく、色褪せて見えました。

Hollandtulip03Hollandtulip04





Hollandtulip02Hollandtulip05





Hさんや当時語学学校で交流のあった日本語を勉強していたオランダ人の方々、みんな元気かな・・・

その後、語学学校へも行かなくなり、自分の生活も見つけ、生活も変わり・・・当時お世話になった方々とも会うこともなくなってしまいましたが、色褪せた写真を見て懐かしく思い出しました。

・・・って・・・写真、本当に色褪せてるー(汗)!

最近ではデジタルカメラの写真ばかりですが、こんな風情のあるフィルム写真もいいですね。

時間経過とともに色褪せた写真からは、当時の思い出がよみがえります。

(写真はすべてHさん撮影)

にほんブログ村 花ブログへ

« 今年初の花火?! | トップページ | 引越準備? »

コメント

ぷう様、コメントありがとうございます。
チューリップカーペットの上に横たわってみたいですね!
チューリップ畑のチューリップはすぐに花首が切られちゃうのですよ。
ちょうど最後の写真のグリーンの部分みたいに。
球根を育てるためのチューリップ畑なのです。

日本人にとっての「桜」のような存在・・・オランダ人にとってはどんなお花かな・・・と考えてみたのですが、彼らのDNAにあるものは、お花を通り越してその根源でもある「太陽」です、きっと(笑)。

セピア色の写真も良いですよね。
褪せた写真を見て、当時の思い出だけでなく、その年月の長さ重さを感じました。

うわ~チューリップの絨毯ですね!
ふわふわの上に横たわってみたいです(折れますね)
これを見るとオランダでは日本の桜みたいに
やっぱりチューリップが一番愛されてるのでしょうか?

連休中母がアルバムの整理をしていました。
いつまでも色鮮やかな写真もいいですが、ちょっと色あせて
セピアがかった色合いを見ると何とも切なく懐かしい気持ちに
なるのもいいような気もしてきます^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/41109451

この記事へのトラックバック一覧です: チューリップも色褪せる・・・?:

« 今年初の花火?! | トップページ | 引越準備? »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など