« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/30

快適な日常生活のための準備

1・2ヶ月も留守にしているとお部屋が大変なことになっています(汗)。

毎回オランダに来て最初の1週間くらいは、掃除、食料や生活用品の買出し、たまった郵便物のチェック(重要な郵便物は知り合いにチェックしてもらうようにしているので、仕事に支障はありません)などに時間を割きます。

もちろん仕事もしながら・・・です。

これは日本に行った時も同じです。

まずは快適な日常生活のための準備です。


掃除をしたお部屋に、早速お花を買ってきました。

私の住むアムステルダム(OudeWest地区)の近所には、たくさんのお花屋さんがありますが、今回は玄関から徒歩30歩くらい?にある一番近いお花屋さん(屋台のお花屋さん)に寄ってみました。

この日は屋台の前にきれいな大輪のバラがたくさん並んでいて、目にとまりました。

しかも 4.95ユーロ/10本(1本50セント)!

さすがにこの値段では1級品ではなく、お花に傷もたくさんありますが、十分きれいで楽しめます。

10本単位で購入し、バラだけゴソッと飾るのがオランダ流の日常のお花の飾り方。

この屋台のお花屋さんでは、「花束にしてください」と言わなければ、出荷された状態の束のまま(葉っぱの下処理などもしていない)ゴソッと渡されます。

私はもちろん自分で処理をするので、「このバラ1束(10本)ください」と、手の加えられていない状態でお花を買います。

その際に「名前は何ですか」と尋ねてみました。

すると・・・「”バラ”です」との返事・・・絶句!

あらためて「バラの名前は何ですか」と聞きなおすと、「バラよ、名前は知らないわ」との事。

こんなこともありますね(笑)。

Rose0800529きれいなバラ、香りもあります。

アバランチェAvalancheくらいの大輪で、黄色っぽいクリーム色にピンクの斑入り。

普段はダーク系色のお花が好きな私ですが、たまにはこんな優しいお花もいいですね。


話しは変わりますが、たまった郵便物の中に、こんなものがありました。

Brusselticket0804ベルギー・ブリュッセルの地下鉄のチケットです。

この冬、楽しいアトミウムAtomiumの旅(4月8日ブログ参照)とスリ未遂に遭遇したブリュッセル出張(2月27日ブログ参照)には、実はもう一つ小さなトラブルがあったのです。

展示会場からブリュッセルのセンターへ戻る際、地下鉄のチケットを自動券売機で買いました。

窓口にも係りの人がいたので窓口で買えばよかったのですが、せっかく券売機があるしコインもちょうどあるし・・・と券売機にコインを投入。

すると!そのまま使えなくなりました(コインもチケットも出てこなくなりました)!!

たった?数ユーロくらいで必死になることもないのでしょうが、機械が詰まってしまったのを無視するわけにもいきません。

急いで係りの人を呼んで機械を見てもらいましたが、だめでした。

これが日本ならすぐに機械を開けて詰まったコインを出してくれるか、窓口でチケットを発行してくれるか・・・でしょう。

Brusselticket0802ブリュッセルでは、やはりそんな風にスムーズに事が済むわけはなく・・・一枚の書類と封筒を渡されました(左の写真)。

「ここに住所・名前を書いて、この封筒に入れてポストに投函すればいいよ、切手もいらないよ」・・・と。

たった数ユーロを銀行に振り込んでくれるなんてことはないだろうし(手数料のほうが高くなってしまう)、コインを送ってくるなんてこともなさそうだし・・・一体どんな風に処理されるのだろう・・・?

”数ユーロのためにわざわざ面倒だ”という気持ちのほうが強かったのですが、ブリュッセルを去る時にポストに投函してみました、期待はせずに・・・。

それから1・2ヶ月・・・すっかり忘れていたのですが、地下鉄のチケットそのものが送られてきました(上の写真)。

これならまたブリュッセルに行く際に使える!・・・と、私としてはこの対応に大満足ですが、日本からや遠い外国からのツーリストの場合は少し不便ですよね。

皆様も海外旅行等の際、券売機が壊れていてチケットが買えなかったり、お釣りが正しく出てこなかったり・・・など、不便な券売機に出会った経験はありませか。

私はそれ以前に”使い方”が分からないことも多いです・・・(汗)。

”券売機はいつでも分かりやすく正確に使える状態であって欲しい”と、海外へ行くたびに思います。


オランダでは最近、コイン(現金)は使えず、PIN(オランダの銀行のデビットカード機能)やクレジットカードで購入する券売機が増えています。

使えなくて困っているツーリストや、使い方が分からないツーリストを見かけたら、極力声をかけようと思っています。

恩返しです?!

私がオランダに住むきっかけになったのが”券売機”ですから・・・(笑)。

きっかけの詳細が気になる方は BloemenVanThuraホームページ「Holland花留学」コーナー をご覧くださいね。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/05/28

5月末のオランダ

Adam080526オランダに来ています。

今日から早速活動開始です!

ちょうど今の季節は各メーカーさんのオープンハウスなどがあり、いくつか予定をしています。

本日も早速新商品を探しに行って来ました(花器、インテリア、ガーデン雑貨は11月末頃入荷予定)。

そしてその帰りには、いつものアムステルダムのリボン問屋さんに顔を出し、早速この冬用にベルベット製のリボンやデラックスリボンを注文してきました(リボンは少量ですが7月中旬頃入荷予定)。

来週はパリで開催されるあるメーカーさんのオープンハウスに行く予定です。

いつもと違う場所での展示会は、ちょっと楽しみです。


さて日本からオランダへの飛行機、約11時間のフライト・・・最初と最後は結構揺れました(泣)。

特に着陸前の約1時間はきつかったです(飛行機はあまり得意ではありません)。

ちょうどその時、機内で観た4本目の映画「ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記」の一番アドベンチャーなところ、一番楽しくてハラハラドキドキのところ・・・なぜいつもこういう場面で飛行機も激しく揺れるの!

飛行機の揺れがさらに激しく感じましたが、到着まで時間も無かったので、頑張って?見通しました。

予想通り楽しい映画でした。

この日は他に3本、いろんなジャンルの映画を見ました。

私の飛行機の時間は映画タイムです!

最初に観たのは先行上映「幸せになるための27のドレス」、早速見ちゃいました。

テンポもよくて思っていた通りハッピーになれる映画でした。

ウェディングシーンがたくさんあり、ウェディングのお花もたくさん登場していました。

日本のウェディングとは少し違うウェディングのスタイルやウェディングのお花に注目して見るのも楽しいです。

2本目に観た映画は「最高の人生の見つけ方」(The Bucket List)。

原題と邦題が随分違いますね、「棺おけリスト」と言ったほうが伝わりやすいですが、映画は本当に面白かったです。

余裕で笑って観ていると最後に涙がドッと出るので、油断禁物です。

いい映画でした。

3本目は「アイ・アム・レジェンド」。

映画の内容は私が勝手に想像していたストーリーとは少し違いました。

感想は、面白いというか、怖いというか・・・。

その後アムステルダムに到着して、街中で見かける散歩中のワンちゃん達(犬)が、映画に出てきたウィルスに感染した怖いワンちゃんに見えました(笑)。

ある意味、印象に残る映画でした。

今回の飛行機では気になっていた映画がたくさん見れたので、大満足です。

あの揺れさえなければ、さらに良かったのに。


Adam08272045 さてアムステルダムは今日一日曇っていましたが、午後9時頃?!眩しい太陽が出てきました。

その後10時ごろまで明るかったです。

写真は私のお部屋から。

思いっきり逆光(空は青空でした)ですが、午後8時45分頃、眩しい太陽に向かって撮影したものです。

日本より日が長い良い季節がやってきました。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/05/24

「花」と「環境」と「流通」

オランダ出発前の大仕事?が無事終わり、現在ほっとしております。

どのお仕事も大切なお仕事ですが、先日”輸入販売”業務以外のお仕事をする機会があり、普段とは違う緊張がありました。


昨年秋にもお世話になった専門学校トライデント/ホテル・サービス事業専門学校さんのフラワービジネス科2年生のクラスの一枠をいただき、お話をさせていただきました。(前回の講義は2007年11月30日ブログ参照)

今回のテーマは「オランダ花文化とMPS」、1時間30分の講義です。

MPS「花き産業総合認証プログラム」という、オランダで1994年に市場と生産協会によって発足した、花き産業の環境負荷低減をめざした認証制度で、現在は世界的な認証制度となり、日本も取り組みが始まっています。

学校側のご依頼で、「MPS」についてお話しをすることとなりました。

学生さんにとっては難しいお話だと思いましたので、オランダのお花文化やお花ビジネスの現状など、私が見て経験したこと、思うことを通して、そんなオランダの文化のもとで発足したMPSについてお話させていただきました。

MPSを語るには切っても切り離せない「環境問題」、これからの社会では無視の出来ない「環境問題」についても重点を置き、オランダの環境に関する最新情報をご紹介しつつ、「環境問題」への取り組みの意味も考えました。

学生さんには、オランダのお花屋さんでの経験談やオランダのお花事情のほうが興味があったようですが、MPSや環境問題にも興味を持っていただけたのではないでしょうか。

将来フローリストとしてお花と触れていく中で、今回お話したMPSや環境の事をたまに思い出してくれればいいなと思います。


このお話をさせていただくにあたり、私もあらためてMPSの勉強をしたり、オランダの最新環境事情を調べたり・・・とても興味深く、とても勉強になりました。

「お花」と「環境」・・・そして「流通」・・・これからもいろんな事を感じながら、いろんな事を見ながら、いろんな事を思いながら、関わっていきたいと思います。


Leidenmolen0608次回はオランダからのレポートです。

7月中旬までの滞在となります。

最新情報、最新トレンドを求めて活動します。

夏のオランダも満喫したいと思います?!

写真はライデンの風車です(2006.8撮影)。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/05/21

もうすぐオランダです、が・・・

うわー、またやってしまいました!

スケジュールの勘違い。

と言っても、自分の頭の中の勝手な勘違い・・・お客様とのお約束などではなくてよかった。

なにを勘違いしたかと言うと・・・”オランダへ出発する日”です!

BloemenVanThuraホームページ でもお知らせしておりますが、5月25日~7月13日の約1ヵ月半、オランダ滞在となります。

飛行機のチケットを購入したのは1ヶ月以上前のことですが、いつの間にか頭の中のスケジュールは一日前倒しにずれて、ここ数日間過ごしておりました。

ふと手帳を見ると、私の頭の中のスケジュールと違うことに気付き、慌ててチケットを確認・・・間違っていたのは私の頭の中のスケジュールでした。

日にちは正しいのに、曜日を勘違いしていたり、現在から”あと何日”という仕事の段取りのなかで、一日少なくなっていたり?・・・訳がわからない変な勘違いです。

先日お客様との会話の中で、スケジュールについて”あれ?”と思った瞬間があったのですが、その時はまさか勘違いしているとは思いもしませんでした。

危ない危ない、気が付いてよかった!

間違えて一日早く空港に行ってしまうところでした。

一日増えて?荷造りする日ができました。


私の仕事は定期的な仕事ではなく、曜日やカレンダーとは無縁?で過ごしているためか、ここ数年よく(!?)この手の勘違いをしております(汗)。

知人との待ち合わせに”新幹線”に乗って出かけ、待ち合わせ場所で待ち合わせ時間まで待って・・・しばらく待って・・・勘違いに気が付いたり・・・(涙)。

・・・皆様にご迷惑がかからないよう気をつけます。


話は変わりますが、オランダ滞在中の計画は、飛行機も電車もホテルも展示会のチケットも、可能な限りネットで手配しています。

ホテルや飛行機は、ブログの左右にリンクしてあるサイトを活用しています。

昨日は、6月のパリParis出張の電車の手配をしようと、インターネットで予約を試みるも、支払いがどうしても出来ない。

あーーーーーもう、なんでだろう、カードの問題?

あれもこれも何度も試し・・・コンピュータを変えてみたり・・・、パスワードを変更してみたり・・・、他の支払い方法を試したり・・・どーしてーーーーー?!

もし手配できていたらびっくりな額の請求が来る(笑!)・・・それくらい試したけど、時間の無駄使いになりました。

この一つが解決しないために、一日ちゃんと仕事をしたにもかかわらず、何もしなかったような、全く達成感のない一日となりました。

スッキリしない一日の終わり方・・・こんな日もありますね(私だけ?)。


Holland0519200801

あらためて、お知らせいたします。

5月25日~7月13日までオランダ滞在となります。

期間中もネットショップは営業しておりますし、メールも毎日確認しております。

お気軽にメールにてお問い合わせください。

オランダ滞在期間中は、ファックスは受付けておりませんので、メールにてお問い合わせいただければと思います。

時差の関係上、お客様とのメールのやりとりや受注・発送手配に半日~2日ほど余分にかかりますこと、ご了承下さい。

ちなみに今の時期はオランダとの時差は7時間。

日本のお昼12時は、オランダでは同日朝5時です。

スケジュールやご注文システムに関しては BloemenVanThuraホームページ に記載しております。


先日ご紹介したオランダのお花雑誌(5月15日ブログ参照)は、現在ご注文受付中です。

すでにご注文いただいた皆様、ありがとうございます。

迷われている皆様、一度見てみたいという皆様、オランダのお花の世界を体験したいという皆様・・・お気軽にお問い合わせくださいね。

BloemenVanThura~オランダの花と雑貨と文化のページ~


チューリップ畑の写真はオランダの取引先より届いたものです。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/05/19

きれいなものには毒がある?

Amaryllis080519初夏の陽気を感じる今日この頃・・・お庭(日本)では「アマリリスAmaryllis」のツボミがふくらんできました。

”切り花”を扱っていると違和感を感じる?初夏の「アマリリス」、お庭での開花です。

アマリリスの切り花(オランダ)は、10月ごろから流通し始め、クリスマスごろがピーク、その後春まで流通していますが、クリスマス~お正月頃がイメージのお花(切り花)。

お庭では今、5・6月がシーズンなんですね。


私がどっぷりオランダで生活していた頃、毎年オランダからポットに入ったアマリリスを日本の実家へ季節の贈り物として贈っていました(業者さんを通して)。

実家には今でもその頃贈ったアマリリスのポットがいくつかあり、毎年この季節、忘れた頃に咲いています。

特に何もしなくても咲いてくれる、手のかからない丈夫な球根たちです。


オランダで暮らすまで、オランダのお花屋さんでお花にかかわるまで、私の生活の中であまり馴染みのなかったアマリリスですが、今では5本の指に入る大好きなお花。

Amaryllis_adamオランダのお花屋さんで働いていた頃は、週末のお花としてよくアマリリスを持ち帰り、部屋に飾っていました(お店のスタッフは、働いた日数 x 数ユーロ分 の好きなお花を持ち帰ることができました)。

アムステルダムで最初に暮らした部屋のオーナー兼同居人ジャクリーンが、そんなアマリリスを見て、こんな話をしていました。

「オランダでは子供達が、アマリリス畑に転がる掘り起こされたアマリリスの大きな球根を拾って遊ぶことがあるのだけど、アマリリスの球根には毒があって、かぶれることがあるのよ・・・」と。

確かにオランダにはあれだけ広いチューリップなどの球根畑があるのだから、アマリリス畑もあるのだろう・・・当時は見たことのなかったアマリリス畑と、そこに子供達が球根と戯れる様子を想像しました。

オランダらしいお話です(笑)。


その後、オランダ北部のアマリリス生産者さんを訪ねる機会がありました(2006年9月)。

Amaryllis060901Amaryllis060902Amaryllis060903







この生産者さんは、広ーーーいガラスのハウスの中でたくさんのアマリリスを育てていました。


そして、球根には毒がある?・・・それまであまり考えたことがありませんでした。

そういえば、アマリリスはヒガンバナ科・・・ヒガンバナにも毒があると子供の頃から聞いてたかな・・・なるほどー(関係あるのかな?)。

球根植物はおおむね有毒なのだそうです。

私は触るくらいは平気ですけどね、さすがに食べたらやばいかも??

きれいなものには毒がある・・・ということですね。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/05/15

オランダお花雑誌 夏号

前回の春号からずいぶん時間が経ったような気がしますが・・・

お待たせいたしました!

オランダ・ベルギーお花雑誌夏号が発売されました。


Magbloemschikken2008zomermBloemschikken Zomer2008

オランダお花雑誌(季刊誌) 夏号

オランダらしいナチュラル資材を使った創作的なアレンジ・デコレーションが中心のお花雑誌。

バラやヒマワリなど夏のお花のアレンジ、夏らしい色あわせ、夏のコントラストのアレンジ等が掲載されています。

製作途中の説明も写真で解説されているので、参考になります。

テクニックやアイデアはどんなシーズンにも、どんなアレンジにも役立つと思います。


Magflueur2008zomerm FleurCreatief Zomer2008

ベルギーお花雑誌(季刊誌) 夏号

こちらもナチュラル素材を用いた創作的なアレンジやデコレーションが中心です。

製作途中の説明も写真で解説されているので、参考になります。

さまざまなテクニック、アイデアが見られます。


FleurCreatiefシリーズには姉妹DVDがあります。

*FleurCreatief Festive Tables(2月26日ブログ参照)

*Fleur Creatief Flowers MasterPieces vol.2(2007年9月18日ブログ参照)

製作過程が一連の流れで見られるDVDもお勧めです。

【注意】Creatief(オランダ語)Creatif(フランス語)


Magcreatiefmetbloemen2008zomermCreatief met Bloemen Zomer2008

オランダのお花雑誌(季刊誌) 夏号

これまであまりブログでご紹介したことがなかったのですが、上記以外にオランダデザイン好きの方にお勧めしているお花雑誌です。

創作的なアレンジ、個性的なアレンジが見られます。

紹介されているアレンジは、BloemSchikkenの物と同じような雰囲気ですが、オランダテイストがお好きという方、個性的なものがお好きな方にはお勧めです。


お花雑誌、DVDにご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

BloemenVanThrua HP 「お問い合わせ」コーナーからお願いします。

詳細をお知らせいたします。

「夏号」だけお試しに、どれか1種類だけお試しに・・・という方、大歓迎です。


雑誌「夏号」の第一弾締め切りは5月25日頃とさせていただきます。

期限内のご注文をまとめて、オランダより日本弊社へ空輸し、その後皆様へ国内発送いたします。

第一弾締め切りまでにご注文いただいた方へは、6月中旬ごろお届け予定です。

雑誌のお届けは、基本的にヤマトさんのメール速達便を利用いたしますが、代金引換でのお届けも可能です。

お問い合わせ、ご注文、ご質問などお待ちしております。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/05/13

引越完了!オランダの花と雑貨と文化のページ

先週末よりコンピュータの前でホームページ引越作業を続けておりました。

ほとんど室内にこもっているのに、大変なことが!!

私・・・今、大変な状態です(泣)・・・花粉症です。

数年前オランダで何かの花粉症を発症して以来、日本でもこの季節に花粉症を発症するようになってしまいました。

症状は”目”と”のど”です。

目が痛いような痒いような・・・目薬をずっと差し続け、目がハレています。

”のど”はその目薬の影響かもしれません。

集中力がなくなります、辛い・・・。


先日お知らせしておりましたBloemenVanThuraホームページの引越が完了いたしました。

Bvthp0805mこれまで http://www.bloemenvanthura.com でご覧いただいていた皆様には変更はございませんので、今後もどうぞよろしくお願いいたします。

「お気に入り」などにご登録いただいている皆様は一度ご確認願います。

ホームページ開設当時(2004年11月)にご登録いただいた皆様、「雑貨カタログ」や「Holland情報」など、トップページ以外のページをご登録いただいている皆様は、再度確認願います。

このブログを、ホームページ上のリンクから見ていただいている皆様も、一度ご確認願います。

お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いします。


BloemenVanThuraホームページでは、これまでもブログでご紹介してきましたが下記のような内容で展開しております。

お時間のあるときに、是非一度いろんなページを覗いてみてくださいね(引越前から少しデザインを変えたページもありますが、基本的に以前と同じです・・・)。

BloemenVanThura~オランダの花と雑貨と文化のページ~

「花カタログ」・・・バラ・アンスリウム・アジサイの写真アルバムです。

「雑貨カタログ」・・・オランダ・ヨーロッパ最新トレンド商品を販売中。

○花器(陶器・ガラス・真鍮など) ○ガーデン家具(アイアン・木製など) ○ガーデン雑貨(アイアン、ブリキ、木製など) ○ヨーロッパ製リボン・タッセル(ドイツ・フランス) ○オランダ・ベルギーお花雑誌など・・・

「オランダ情報」・・・オランダ・ヨーロッパイベント情報(HortiFair、BloemenCorsoなどたくさんのお花トレンド・イベント情報、旅情報)、アムステルダム情報など、写真満載、自慢のコーナーです。

「Holland花留学」・・・オランダとの出会いからアムステルダム生活までの体験談。

などなど

是非お時間ございますときに、見ていただけたら嬉しいです。

あっ! もし、リンクができていない部分や写真が抜けている部分などがございましたら、お知らせくださいね。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/05/12

運河は大渋滞 Queen'sDay in Amsterdam

Queensday08043001少し時間が経ってしまいましたが、今年もオランダから4月30”女王誕生日KoninginneDag/Queen'sDay”の様子が届きました。

(お花には関係のないオランダネタです)

写真は西教会Westerkerkを望む、プリンセン運河PrinsenGracht。

たくさんのボートで賑わっています。


国中がお祭り騒ぎ、フリーマーケットと化すクイーンズデイ。

この日だけは、街中で誰でもがフリーマーケットをすることが許されているお祭りです。

私はアムステルダムのクイーンズデイしか経験したことがありませんが、すごい状態です。

どのようにすごいかって・・・??

街中、人・人・人・・・・・人、そしてゴミ・ゴミ・ゴミ・・・・・ゴミの山・・・?!


10年前、旅行で初めてオランダ上陸をした日がクイーンズデイ、アムステルダムを訪れたのはその翌日のこと、ゴミ箱をひっくり返したような状態でした。

そんな日だとは知らなかった私のアムステルダムの第一印象は、”なんて汚い街なんだろう!”でした(笑)。


何年か前のクイーンズデイに、友人とアムステルダム中心(ダム広場付近)で待ち合わせをしました。

普段なら私の住んでいるところからトラムで5分、歩いても30分弱ほどの距離なのですが・・・

この日、中心地はトラムが走っていないので、歩いての移動となります。

Queensday08043021とにかく人・人・人・・・ストリートや運河に架かる小さな橋はまるで朝のラッシュの電車のようにスシ詰め状態で、特に小さな橋を渡るのは命がけ。

写真はアムステルダム中心、9ストリート(9straat)のうちの一つ。

どのくらいの人ごみなのか、是非写真をアップにしてみてください(写真をクリックしてください)。

道の脇では、実用的なものから面白いものやガラクタ?を売る人々もいて、見て歩くのも面白いのですが、とにかく人・人・人・・・

Queensday08043011Queensday08043012






あの日待ち合わせた友人とは、到着できる時間も予測できないまま、一体どうやって会うことができたのか?記憶にありません。


そんな大変なクイーンズデイですが、アムステルダムでは運河が熱い!

たくさんのボート・ボート・ボート・・・人・人・人・・運河が大人気です。

Queensday08043002Queensday08043003

Queensday08043004




ビールやワインで宴会はもちろん、スモークで演出する大演奏会?やダンス大会?・・・とにかくお祭り騒ぎ。

もちろんオランダの象徴カラーであるオレンジ色を身に着けて・・・!!

ボートで埋め尽くされた運河、是非写真をアップにしてみてください。

楽しい一日ですが、この日を体験すると、しばらく雑踏が苦手になります(笑)。

(写真はアムステルダム友人H撮影)

にほんブログ村 花ブログへ

2008/05/10

引越準備?

「母の日」前日です。

お花屋さんの皆様が最高の忙しさを迎えている今、私は先週までのバタバタ(船便入荷)の山場を越えました。

たくさんのお問い合わせ・ご注文ありがとうございました。

さすがに弊社のメインのお客様はお花屋さんですので、母の日直前の現在、弊社は少し静かです(寂)。


そして皆様、お母様へのプレゼントは決めましたか?

thura実家では例のパフィオが「母の日」にあわせて咲きました!(4月15日ブログ参照)

Paphio080510Paphio080510up








ツボミや葉っぱの色や状態からは想像もできないくらい可憐で優しい薄ピンク~薄紫色のお花が咲きました。(数年前、お花の付いた状態で買ったのに・・・覚えていない・・・)

Paphio080506母の日に・・・グッドタイミングです?!

下は数日前ツボミが開き始めた頃。

下向きについていたツボミも、お花が咲いたらちゃんと正面を向きました、自然って、植物ってすごいと感動。

可憐な姿ですが、ちゃんとパフィオ?、リップと呼ばれる独特の袋状の花びらがあります。

ツボミや葉っぱの色や状態から想像したような”毛”は生えていませんでしたね!


世間と業界は「母の日」で盛り上がっておりますが、私は私でやらなくてはならないことがあります。

実は今”お引越”の準備・作業をしているのです。

もう随分前からお引越を迫られていたのですが、もう限界になりました。

お引越・・・・・・と言っても、ホームページのお引越です。

2004年11月にホームページを立ち上げてから約3年半、その後ページも増え、写真も増え、現在のサーバーでは容量がいっぱいになってしまいました。

その為、最近新しいイベントなどのレポートも更新できずにいました。

先日の新商品アップでギリギリの容量だったのです。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、新商品写真のアップロード途中で容量がいっぱいになってしまい、新商品の大きなサイズの写真はアップロードできませんでした。

ご迷惑をおかけしております。

そんな訳で、現在あわてて引越作業をしております。

学生時代から現在まで、”引越魔”?の私、”引越”には慣れているのですが、ホームページの”引越”は初めてで、わからないことだらけですが、一人で黙々と作業しております。

あと数日?かかると思いますが、引越が完了しましたらお知らせいたします。

せっかくなので、少しだけリニューアルを考えております。

あっ・・・ですが、大幅なリニューアルはいたしませんので、期待はしないでくださいね。


ホームページアドレスhttp://www.bloemenvanthura.comの変更はございません。

BloemenVanThura~オランダの花と雑貨と文化のページ~

今後もよろしくお願いいたします。

【ご注意】

お気に入りなどにご登録いただいているアドレスがhttp://homepage3.nifty.com/bloemenvanthura/ の場合はhttp://www.bloemenvanthura.comへ変更願います。

「雑貨カタログ」のページなどトップページ以外のページをお気に入りにご登録いただいている場合もご確認願います。

「雑貨カタログ」http://homepage3.nifty.com/bloemenvanthura/zakka.htmでご登録の場合は、お手数ですがhttp://www.bloemenvanthura.comへご変更願います

お手数おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/05/08

チューリップも色褪せる・・・?

Hollandtulip015月の初め、日本がゴールデンウィークを迎えている頃、オランダは”チューリップ休暇”と呼ばれる春休み(学校など)があります。

祝祭日の少ないオランダ、3月後半ごろから約2ヶ月間に祝日が集中しています。

イースター(今年は3月23・24日)の後、4月30日の”女王誕生日KoninginneDag”(祝日)、キリスト昇天祭HemelvaartsDag(今年は5月1日)、5月5日”開放記念日BevrijdingsDag”、聖霊降臨祭、とその翌月曜日PinksterDag&2ePinksterDag(今年は5月11・12日)。

学校はこの頃(5月初め)、私は学校とのかかわりがありませんので、詳細はわかりませんが、1週間の春休みなんですね。(ちなみに学校の新入の季節は4月ではなく9月です)

えー、うらやましいー!という声が聞こえてきそうですが、うらやましいのはここまで、これだけ祝日が続いた後の次の祝日は・・・クリスマス(12月25・26日)・・・です。


春の休暇ムードに沸き立つオランダ、観光のベストシーズンを迎えています。

ゴールデンウィークにオランダ・ヨーロッパへ旅行された方も多いのではないでしょうか?

オランダの代表的な観光地・キューケンホフ公園keukenhofとその周りのエリアのチューリップ畑がちょうどチューリップの見ごろを迎えているようです。

私は今年、スケジュールの都合でキューケンホフが開園している間にオランダに戻れませんので、オランダ在住の方々や、オランダ旅行された方々のブログ、MIXI等でキューケンホフの様子をチェックしています(寂)。

毎年キューケンホフと周辺のチューリップ畑のチューリップは、気候天候によって見ごろが変わります。

4月中旬がベストだったり、5月初めがベストだったり・・・今年はちょうど日本のゴールデンウィークの頃、見ごろだったようです。


オランダのお花屋さんに勤めていた頃(修行していた頃)は、チューリップの季節であっても、キューケンホフ開園中であっても、、毎日仕事(修行)だったり、日曜日の休みは疲れていたり、日々出来ない身の回りのことをしていたりで、今振り返ってみると、あまり季節・四季を楽しむことは出来ていませんでした。

季節・四季を楽しむ余裕は、私には時間的にも精神的にもなかったんですね、当時・・・。

当時通っていた語学学校で知り合ったオランダ人女性Hさん(彼女は日本語、私はオランダ語を勉強していた)が、チューリップも見に行けないそんな Poor な 私に、写真をプレゼントしてくれました。

それは、大判に引き伸ばしたチューリップ畑の写真でした。

あの頃はどっぷりオランダで生活していながらも、”修行”優先の生活で自由な時間もありませんでした。

仕事で半分日本にいる現在以上に”オランダ”は遠かったかもしれません。

まだまだ孤独なオランダ生活を送っていた頃、Hさんの優しい気持ちがとても胸に響いたプレゼントでした。

その後、Hさんからいただいた写真は日本の両親へ送り・・・それから何年も見ることはありませんでしたが、先日ふとその写真のことを思い出して、探し出しました。

写真をいただいてから丸8年の月日が経ちました(オランダ生活を始めて2年目のことでした)。

久しぶりに見たチューリップ畑の写真は懐かしく、色褪せて見えました。

Hollandtulip03Hollandtulip04





Hollandtulip02Hollandtulip05





Hさんや当時語学学校で交流のあった日本語を勉強していたオランダ人の方々、みんな元気かな・・・

その後、語学学校へも行かなくなり、自分の生活も見つけ、生活も変わり・・・当時お世話になった方々とも会うこともなくなってしまいましたが、色褪せた写真を見て懐かしく思い出しました。

・・・って・・・写真、本当に色褪せてるー(汗)!

最近ではデジタルカメラの写真ばかりですが、こんな風情のあるフィルム写真もいいですね。

時間経過とともに色褪せた写真からは、当時の思い出がよみがえります。

(写真はすべてHさん撮影)

にほんブログ村 花ブログへ

2008/05/06

今年初の花火?!

気が付けば、ゴールデンウィークももう終わり・・・。

私は、4月末に船便の荷物が届いてから、ゴールデンウィーク中もバタバタと過ごしています。

お花関係の皆様におかれましても、定休日をも返上して、母の日にむけて準備を進められていることでしょう。

そんなお忙しい中、新商品についてたくさんのお問い合わせ・ご注文ありがとうございました。

もちろん母の日が以降も、これからの季節に活躍しそうな商品を販売しております。

BloemenVanThura の輸入雑貨は下記のホームページからご覧いただけます。

BloemenVanThura ~オランダの花と雑貨と文化のページ~

夏に似合うクールモダン花器や、夏のガーデンライフが楽しくなりそうなガーデングッズが揃っています。

是非ご覧下さい。


このブログを見ていただいているお花関係の皆様、母の日まであと数日です。

花火”のエール?を送ります。

そしてお花関係でない皆様へも、今年初の”花火”のプレゼント?です。



Alliumschubertti080503up

花火の正体はこちら。

お庭のアリウムSchuberttiが咲きました(数日前の様子)。

まるで”花火”のようでしょ!

Alliumschubertti080503先日見たときには、ツボミは直径3センチ程だったのが(4月28日ブログ参照)、左写真のように直径10~15センチくらいの花火のようなお花に、そして今日はさらに大きくなっていました(本日の写真はありません)。

またまた今年も、ツボミからお花が咲くまでの、グンっと伸びる面白そうな過程を見逃してしまいました。

たった数日間です。

その間にいったい何センチ伸びるんでしょう・・・スゴ過ぎです。

オランダで流通しているアリウムSchuberttiの切り花では、”花火”のような部分が30センチなんてのもあります。

コロッとした直径3~5センチ程のツボミから、どんな風に伸びるのだろう?

興味深いお花です。

来年こそは観察しなきゃ・・・


「ゴールデンウィークのお天気はずっと”晴れ”」と聞いていた気がするのに、結構雨が多かった東海地方・・・本日はいいお天気のようですが、このまま「母の日」の週末も晴れると良いですね!

にほんブログ村 花ブログへ

2008/05/02

ヨーロッパからの新商品公開中!

昨日、太陽の光の中、オランダから到着した商品の撮影を無事終えました。

撮影を終えたとたんの雨・・・もしかしてついているのでしょうか?(今日ばかりは都合よくポジティブシンキングゥで)


さて昨晩から早朝にかけて、ホームページに新商品をアップしております。

お忙しいとは思いますが、是非ご覧下さい。

BloemenVanThura 「雑貨カタログ」

数日前から、前日から、昨日から、昨晩から、早朝から、朝から・・・皆様お問い合わせありがとうございます。

是非オランダ・ヨーロッパ(ドイツ、フランス、ベルギー等)で集めてきた商品をご利用下さい。

Hf81003 Hl81014upHl81003up2






Hl81004Hl81008





Ae81004upAa81001003






BloemenVanThura~オランダの花と雑貨と文化のページ~

陶器製品(花器、キャンドルホルダー、オイルランプ等)

ガラス製品(花器、キャンドルホルダー等)

アイアン製品(ガーデン雑貨、ガーデン家具、ガーデン・インテリアグッズ等)

真鍮製品

樹脂製品

木製品

・・・等の商品が仲間入りです。

少量入荷です。

気になる商品がございましたら、お早めにお問い合わせ下さい。

もちろん、人気の「ヨーロッパ製リボン」も一緒にお問い合わせ下さい。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログへ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など