« 1958年体験!?in ベルギー(続) | トップページ | もうすぐ・・・! »

2008/04/13

最後のサクラ便り

本日の地元新聞に「”桜便り”の掲載は本日で終了します」とありました。

約1ヶ月各地(東海地方、関西地方など)の桜の名所の咲き具合をレポートしていたコーナーですが、多くの名所で”散り果て”となり、このコーナーは本日で終了だそうです。

これからは太陽のまぶしい緑の季節です。



・・・”緑”といえば・・・御衣黄桜(ギョイコウザクラ)。

皆様ご存知かと思いますが、緑色の桜です。

蕾と咲き始めは優しい緑、時が移るに連れと薄ピンクに変わっていくという八重咲きの桜。

このエリアでは多くの桜が咲き終わる4月中旬頃に咲きます。

そんな”御衣黄桜”の名所が地元・豊橋にもあります。

「二川伏見稲荷」・・・私の近所だったりします。

先日地元テレビのニュースで「御衣黄桜が咲き始めました」と紹介されていたので、少し回り道をして「二川伏見稲荷」に寄ってみました。

Gyoiko080401Gyoiko080405

鳥居をくぐる前、隣にある駐車場でもたくさんの御衣黄桜がこのように出迎えてくれています(写真上右)。

鳥居をくぐるとかなり年数の経っている大木からまだまだ若い御衣黄桜まで、思っていたよりたくさんの御衣黄桜がありました。

Gyoiko080402Gyoiko080403Gyoiko080404



これまでに京都、信州、地元・・・いろんな名所のサクラを見てきましたが、それぞれに思い出があり、忘れられない風景です。

そんな中オランダにも忘れられないサクラの風景があります。

私がオランダに住み始めた最初の春(生活をスタートしたばかりのころ)のことです。

研修した最初のお花屋さんはAbcoudeという小さなかわいい町にありました(現在そのお花屋さんはもうありません)。

その頃、町のあちこちに咲いていた満開の八重桜。

それまで”桜”といえば”日本”のイメージがとても強かったのですが、ヨーロッパの町並みにも良く似合っていて、今では逆に”八重桜”を見るとオランダのあの町を思い出すのです・・・

Holland99sakura01_2Holland99sakura02_2

上の写真は1999年4月後半、お花屋さんのあったabcoudeか、当時住んでいたHilversumの桜、・・”忘れられない”といいながら、どこのサクラか忘れてしまった(汗)!!

にほんブログ村 花ブログへ

« 1958年体験!?in ベルギー(続) | トップページ | もうすぐ・・・! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/40865541

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のサクラ便り:

» まだまだ見頃の京都の桜 [京都生活ブログ]
店番でございます。 久しぶりのきれいな青空で、桜日記の更新に力が入りました。 ソメイヨシノは散ってしまいましたが、個性的な遅咲きの桜が楽しめる時期になりました。 まずは平 [続きを読む]

« 1958年体験!?in ベルギー(続) | トップページ | もうすぐ・・・! »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など