« 朝露に濡れる草花の思い出 | トップページ | 船便と”ツボミ”のその後 »

2008/04/25

オランダの光 DUTCH LIGHT

今から10年前のゴールデンウィークの一人旅が、私とオランダの初めての出会いでした(オランダ生活を始める1年前)。

ちょうどその頃の私はフラワーアレンジを通してお花に夢中だった頃、本格的に勉強してみようかな・・・そんな頃でした(まだどっぷり日本人)。


その旅で、初めてオランダの地に立って強烈に感じたことがありました。

もちろん「町がかわいいーー」というのが第一印象ですが、それ以上に感じたこと・・・それは「色がある!」「色彩がある!」「光が違う!」ということでした。

変な表現ですが、日本で見る”色・光”とオランダで見る”色・光”が違ったのです。

そんなことってあるの?と疑問にも感じますが、でも本当に”色・光”が違うのです。

”色”が鮮やかに”光”がキラキラに見えるのです。

それまでにもちろん日本以外のいろんなところへ旅行へ行ったことがあり、それぞれに独特の光や色、香り、空気を感じましたが、オランダではそれまでに感じたことのない強烈な印象を覚えました。


今回のブログはお花の世界にも重要な、”色彩・光”についてです。


その後オランダでの生活の中で、なぜ色が違うのか、なぜ光が違うのか・・・自分なりに考えました。

日本とオランダの気候・湿度・温度・地形・経緯度等が違い、オランダ中にある運河、水路、水の影響・・・?。

大気中に存在する水の粒子(地表やアイセル湖 Ijsselmeer などの水分が蒸発して)、その粒子に光が反射・拡散し、光や色彩が鮮やかに見えると言う説も聞いたことがありました。

でもオランダは日本よりずーーーーと乾燥しているし、空気中の水分は日本に方がありそうです。

長年の疑問であり、謎です。


先日、日本の本屋さんのレジの横で無造作に販売されていたたくさんのDVDの中に偶然”オランダ”という文字を発見。

Dutchkight08041手にとっても見るとタイトルは『オランダの光 / DUTCH LIGHT』というものでした。

『フェルメールが描いた”光”とはどんな色だろうか?』という気になるサブタイトルもあり、購入してみました。

内容はオランダの”光”について、フランドル絵画(フェルメール・レンブラント等)や印象派絵画(ゴッホ・モネ等)にスポットをあて多角的に検証するドキュメンタリー。

そして・・・!、私の長年の疑問を解くキーワードは「地平線」と「雲」でした。

なるほど-----、納得です(詳細は是非DVDで)。

オランダのマルケン島MarkenとモニケンダムMonnickendamの間での長期にわたる定点観測の映像が、とても美しく、まるで自分自身がその地にいて空気を感じられるような風景が楽しめます。

このDVDを見て、やはりオランダには他と違う”光”と”色彩”がある!と確信。

Dutchlight08042オランダの”光・色彩”を感じてみたい方、オランダに行ってみるのが一番とは思うのですが(太陽のある季節に、是非)、手っ取り早くこのDVDを見て体験してみませんか?

色彩や絵画の専門家でなくても旅行気分で楽しめます。

オランダの光『フェルメールが描いた”光”とはどんな色だろうか?』(DVD)


BloemenVanThura HP 「Holland情報 - Amsterdam情報」コーナーでは、四季のアムステルダムの様子をたくさんの写真を通して紹介しています。

1~3月の写真をアップ、同時にページもリニューアルしています。

是非きれいなアムステルダムをご覧下さい。



話は変わりますが、絵画・モネつながりで・・・こんな素敵な情報があります。

名古屋ボストン美術館「クロード・モネの世界」

4月26日~9月28日、モネの世界が名古屋で見られます。

にほんブログ村 花ブログへ

« 朝露に濡れる草花の思い出 | トップページ | 船便と”ツボミ”のその後 »

コメント

ブルーベリー様、コメントありがとうございます。
やはり感じましたか?光の違い!
違いますよねー!
確かに窓は皆様ピカピカですね。
それも影響しているのかも、ですね。
でも建物の全くない草原でも光がキラキラなので、不思議です。

余談ですが、私のいるアムステルダムでは、よく「窓拭き(ガラス磨き)」のチラシがポストに入っています。
アムステルダムのアパートは4・5階建ての建物が多く、自分で外を拭くのは難しいのです(出来ないことはないですが)。

はじめまして
私もオランダ旅行したとき光が違うなと感じたひとりです。
なんか理由があるとすればそれはオランダ人の家の窓ガラスをピカピカにする習性というか国民性のせいではないですか。!?
国中の窓ガラスがピカピカだとやっぱ光もちがうでしょう。
そういえばフェルメールの映画「真珠の首飾りの女」でフェルメールの家のお手伝いさん(真珠の首飾りの絵のモデルの少女)が「窓を磨いてもいいですか。光が違いますよ」といったのが印象に残ってます。
まあ笑い話とおもってくださいね。^^

キヨ様、コメントありがとうございます。
モネ展・・・せっかく近くで開催されるので、行きたいですよね。
私も割引券を入手し、夏に行こうと計画中です。

船便の雑貨、楽しみにしていてくださいね。
母の日直前で本当に申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

モネ展の情報ありがとうございます♪
ぜひ行って見ます(^^)
船便の雑貨も楽しみにしてま~~す。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/40957743

この記事へのトラックバック一覧です: オランダの光 DUTCH LIGHT:

« 朝露に濡れる草花の思い出 | トップページ | 船便と”ツボミ”のその後 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など