フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/30

オランダで地元産?!

話はさかのぼり・・・日本へ出発する前日のこと(オランダ)です。

いつも何かとお世話になっているアムステルダムの日本食レストランへ、挨拶とお食事に出かけました。

カウンターに座ってお寿司を食べながら、ふと目に入った”懐かしい?”もの、そして文字・・・!

カウンターの奥に、私の出身である愛知県豊橋市が産地の”あれ”が!

地元ネタで申し訳ありませんが、地元の方わかりますか?

あれです、緑の・・・葉っぱ・・・・・・?、お花も野菜も葉っぱはほとんど”緑”でしたね(笑)。

答えはこちら。

Toyohashiooba0803大葉(青じそ)です。

お刺身などについていますよね。

作付面積、収穫量、産出額ともに全国1位(平成17年のデータ)の愛知県(東部)産の大葉。

日本全国どころか世界へ!

ちょっと嬉しいオランダでの出会いでした。


愛知県といえば自動車産業が盛んですが、農産物もナンバー1がたくさんあります。

愛知県の農産物を紹介しているわかりやすいサイトを見つけました。

ご興味のある方はこちら⇒ 「愛・地産アラカルト」


こちらのサイトで紹介されていた愛知県の”ナンバー1”を少し紹介してみましょう(17年度データ)。

「大葉」・・・全国1位(作付面積、収穫量、産出額)

「キャベツ」・・・全国1位(作付面積、収穫量、産出額)

野菜だけではありません。

私達がお世話になっている「お花」もです。

バラ・・・全国1位(作付面積、出荷量、産出額)

キク・・・全国1位(作付面積、出荷量、産出額)

洋ラン・・・全国1位(作付面積、出荷量、産出額)

観葉植物・・・全国1位(作付面積、出荷量、産出額)

サボテン・・・全国1位(作付面積、出荷量)、全国2位(産出額)

カーネーション・・・全国2位(作付面積、出荷量、産出量)

興味深い現状ですが、あらためて愛知県がお花の産地であることを実感しました!

皆様の周りのお花や野菜・・・愛知県産かもしれません。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/03/27

春、ちょっと息抜き・・・

先日、ヨーロッパ製輸入リボンをご紹介したのですが、早速たくさんのお問い合わせありがとうございました。

まだまだたくさんあります ⇒ BloemenvanThura HP 「雑貨カタログ」


もうすぐ4月、桜も開花しはじめました。

今週はお花見に行かれる方も多いのではないでしょうか?

ということで?、今回のブログはちょっと息抜き。

帰国後、入荷した商品の販売やリボンの仕分けやホームページアップの準備のため、しばらく室内にこもって作業をしておりました。

せっかくの桜開花のニュースも私には関係のない世界のお話のようでした。

ちょうどそのころオランダでは・・・

Adam080324イースターだったこの前の週末、オランダはなんと雪でした!

オランダは北の国ですが、寒く暗い冬でも雪はあまり降らない土地柄。

40年ぶりの寒ーいイースターだったそうです、しかもホワイトイースター?!

写真は私のアムステルダムの部屋にあるWEBカメラの映像より。

3月24日(第2イースター、イースターマンデー)午後1時ごろのものですが、前日のイースターの日にもこのように降っていました。

オランダのエリアによっては雪が積もったところもあったようです。


リボンの作業等を終え、しばらくぶりに?家(日本)の庭に出てみると、梅は終わり桜が咲き、シデコブシがきれいに咲いていました。

Magnoliastellata0803すっかり季節においていかれています(笑)。

これが庭のシデコブシ(MagnoliaStellata)。

「シデコブシ」を調べてみると、本州中部、東海地方を中心とした限られたエリアに分布するモクレン科の樹木だそうです。

そうなのですか?ブログを見ていただいている他のエリアの皆様のエリアにはないのでしょうか?

庭には何本かシデコブシがあるのですが、昨年はどの木もどの枝もまったく花を咲かせませんでした!

自然の異変を見て「大地震でも来るのでは」と勝手に心配をしましたが、鳥達(渡り鳥?)がシデコブシのつぼみというつぼみをぜーーーーんぶ食べてしまったようでした。

そんなわけで今年のシデコブシは例年よりきれいに見えました。


さて、話はさらにプライベートな内容へ・・・

今年の冬オランダでスプリングコートを買いました(厳密にはベルギーですが)。

皆様にとってそれが何か?という感じだと思いますが、私にとっては少し特別。

10年前の春にオランダに旅立って以来、スプリングコートというものに全く縁がありませんでした。

オランダにはスプリングコートを着るような気候がなかったからなのです!!

日本でスプリングコートを着る頃(ちょうど今頃?)、オランダではスプリングコートでは寒く、冬のコートやレザージャケット等でしばらく過ごします。

するとある時!急に夏がやってくるのです、短い夏が。

初夏に暖かくなったと思っても、コートをしまってはいけません。

1・2週間後にはコートが必要なくらい寒くなったりするのです。

オランダの私の服装の割合は・・・極寒1:冬5:オールシーズン3.5:夏0.5・・・

最近のオランダと日本のと行ったり来たりの生活の前はこんな感じでした(適当な数字です)。

そんな訳で冬のコートはいろんな丈、いろんな素材、いろんなタイプを購入してきましたが、スプリングコートを選ぼうと思ったことはありませんでした。

このように冬を中心に9年を過ごしてきた私が、スプリングコートを10年ぶりに購入したのです。

”冬”中心といってもオランダでは”春”だったり”秋”だったりするのですが、日本の季節に置き換えると”冬”になります。

なぜ今年スプリングコート気分になったかというと・・・最近オランダの気候が変わってきた気がするのです。

スプリングコートが着れるシーズンが出来たというか・・・変な話ですが。

冬も夏も暖かくなってきている・・・温暖化の影響でしょうか、本当にそう思えるのです(実際にもそうなのです)。

そしてオランダのファッションも少しずつ変わってきて、10年前にはスプリングコートなんてあまり売っていなかったように思えたのですが(あまりファッショナブルではなかった)、今は流行って?います。

ですが、先日帰国するまでにオランダでスプリングコートを着る機会はもちろんなく(まだ寒い)、日本に持ってきたのですが、このコートを眺めれば眺めるほど、すでに(季節的に)もう着れない雰囲気があります。

なんか・・・日本の明るい光には冬っぽすぎるような・・・。

しかもオランダでは活躍しそうな取り外しの出来るライナー付き、日本のこの暖かさでは必要なかった!

このコートを見つけたとき、これは実用的!と思ったのですが、この春オランダでも日本でも着られないぜんぜん実用的ではないスプリングコート・・・むなしい・・・。

来年は着られるのでしょうか・・・それともやはり私の生活スタイルにはスプリングコートは必要なかったのでしょうか・・・

オランダと日本を行ったり来たりの生活で、すっかり季節感も失いつつある私です。

そんなスプリングコートを眺めながら・・・・・・仕事に戻ります。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/03/25

春夏アレンジのアクセントに

皆様、本当にお待たせいたしました。

1月~先日までのオランダ滞在中に買い付け、手配していたヨーロッパ製リボン・・・ついに入荷し ホームページ BloemenVanThura HP 「雑貨カタログ」 へアップいたしました。

いろんなカテゴリーのリボンを入荷しておりますので、お時間の許す限りじっくり見ていただければと思います。


今回入荷したリボンの特徴は・・・やはり”春夏カラー”が中心であること。

そんな中でも、弊社BVTセレクトでは珍しい?ビビッドなピンク・イエロー・オレンジ・グリーンなど今年らしい「ビビッドカラー」「ビタミンカラー」「キャンディーカラー」が揃っているのも今シーズンの特徴です。

「ビビッドカラー」のリボンは、”オレンジ + ピンク” などメリハリのある配色が特徴で、フレッシュやプリザーブドフラワーアレンジに使っていただく場合のアクセントにぴったりです。

Dq81020Dq81039






Dt81007Du81027

こんなキッチュな?リボンも!

Dg810013Dq81045






これはほんの一部です。

春らしいパステルカラー、オランダらしい?アンティーク調カラー、BVTらしい?ディープカラーなど幅広く入荷しています。

是非チェックしてみてください。


オールシーズン人気のバラ(花)柄リボンも何種類か入荷しています。

お好きな方はどうぞ。(右から「サテン」「布テープ」「ベルベット」コーナー)

Db81007Dc81008Dq81055


前回入荷してお問い合わせの多かったブレード・コードのMINIセットも入荷しております。

前回気になっていた方は是非チェックしてくださいね。

Dx81003Dx81008


気になるリボンが見つかった方は BloemenVanThura 「お問い合わせ」コーナーよりお気軽にお問い合わせください。

少量入荷です!

気になるものが見つかった場合はお早めにお問い合わせくださいね。

お待ちしております。

オランダの花と雑貨と文化のページ BloemenVanThura HP

にほんブログ村 花ブログへ

2008/03/22

リボンはもうすぐ・・・

多くの方にお問い合わせいただいていますヨーロッパ製輸入リボンについてのお知らせです。

今回入荷しましたヨーロッパ製輸入リボンは近日中に BloemenVanThura HP 「雑貨カタログ」 へアップいたします。

現在入荷したリボンの仕分けや撮影、ホームページ更新準備などの作業中。

3月25-27日ごろ?のホームページの更新を目標にしております。

準備ができましたら、ブログやホームページでお知らせいたします。

これまでお問い合わせをいただいている皆様には直接メールでもお知らせいたしますので、もうしばらくお待ちくださいね。

ただ・・・ちょうどココログのメンテナンスが25日15:00~26日11:00にかけてあるらしく、日時が重なってしまった場合はブログでのお知らせが遅れてしまうかもしれませんので、25・26日は直接ホームページを覗いてみてください。

BloemenVanThura HP 「雑貨カタログ」


さて、お知らせです。

最近のユーロ高や原油高で、ヨーロッパからの輸入に関しては、あまりいいニュースがないのですが、今回はいいニュース!?です。

Satijnmixm弊社で定番として扱っている「玉虫サテン」リボンを”値下げ”することとなりました。

ユーロ高や問屋さんの値上げの影響で、約一年前に値上げをしていたのですが、その後入荷方法などを工夫して、今回”値下げ”に踏み切ることにいたしました。

この原油高の時代に貴重なニュースです!

25mm巾は20%、40mm巾は16%の大幅値下げです(玉虫サテンリボン)。

是非ご利用ください。

料金は BloemenVanThura HP 「お問い合わせ」コーナー よりお気軽にお問い合わせください。

今回の値下げに伴い、以前設定していた玉虫サテンリボン複数本(同色同サイズ)での割引きや割引き率は変更となります。

同色同サイズをたくさんご利用の方はご相談ください。

玉虫サテンリボンは、他の商品より一足先に入荷し、多くの色・サイズが揃っております。

是非ご利用ください。

BloemenVanThura HP 「雑貨カタログ」”玉虫サテンリボン” コーナー


その他のスペシャルリボンなどはもう少しお待ちくださいね。

よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/03/20

日本は桜、オランダはチューリップ!

日本は今週末にも桜の開花が期待される時期、オランダはチューリップのシーズン到来です。

チューリップシーズンといっても、チューリップの”切り花”はクリスマス前から流通し、そろそろ終盤(オランダのお話です)。

ですが、お庭のチューリップはこれからが本番。

オランダのチューリップ公園として有名なキューケンホフ公園Keukenhofは、本日3月20日オープン、世界から観光客が集まります(5月18日まで)。

昨年までのキューケンホフの様子はBloemenVanThura HP 「Holland情報」 にてたくさんの写真をご紹介しておりますので、是非見てくださいね。

キューケンホフオフィシャルサイトはこちら⇒KEUKENHOF


そして今回のレポートは、オランダで春の光を感じ始めた2月20-24日、オランダ・ズワーグダイクZwaagdijkという北部の町で行われた、シーズン最初のチューリップイベントHollandFlowerFestivalのお話です。

下のYouTubeはHollandFlowerFestival宣伝用映像、生のオランダ語が聞けますのでご興味のある方はどうぞ。

アムステルダムから電車で約1時間、オランダ北部は牧歌的な風景もステキなので、車窓も楽しめるかな・・・と、ある日電車に乗って行ってみました。

すごく天気のよい日だったのですが、電車の窓は汚く、残念ながら車窓はあまり楽しめませんでした(NS(オランダ国鉄)さん、もっと電車洗ってください)。


さて、イベントです。

このイベント HollandFlowerFestival の特徴は、室内で行われる世界最大級のチューリップを中心とした球根花の品評会というところです(一般の方向けのイベント)。

そして歴史があり、なんと今年は75周年!

4500平方メートルの室内に生産者さんの大きなコーナー(室内のお庭)がいくつかあり、チューリップを中心にそれぞれテーマにあわせてお庭をデザインしてお花が植えられていました。

Hff080201

Hff080202Hff080203






Hff080204Hff080205Hff080206

今年のテーマはオリンピックイヤーということで”TopSport ! ”

日本人にはあまり馴染みのないスポーツも多く(やはりオランダ人の活躍するスポーツが中心)、私にはそのスポーツもデザインもあまりピンと来なかったのですが、どこかわ沸いてきたのか?かなりたくさんのオランダの訪問客のみなさんは盛り上がっていました。

オリンピックに関係があるのかないのか良くわかりませんが、乗馬・自転車・サッカー・クリケット・・・などなどオランダ・ヨーロッパらしいスポーツがお花を用いて紹介されていました。

Hff0802g01Hff0802g02Hff0802g03

写真1枚目はスニーカー、2枚目はサッカーボール、3枚目はテニスボールに球根が植えられていました、かわいいですね。


ガーデンエリアとは別にガーデニング雑貨やインテリアデコレーションを販売するエリア、子供が動物と遊べるエリアや、スケートエリアもあり、たくさんの親子連れで賑わっていました。


HollandFlowerFestival は初体験だったのですが、感想は・・・とても地元色・オランダ色?の強い昔ながらのイベントだな・・・というものでした。

ある意味オランダらしい?のかもしれません。

もう一つの感想・・・やはりお花は自然の中に咲いている方がいいなぁという点です。

このイベントでは期間中に一番きれいな状態でお花を見せており、お花のサイズも長さも開き具合もすごく揃っていてきれいでしたが少し”人工的”な雰囲気でした。

毎年キューケンホフKeukenhofで見るように、ある程度調整はされていても、咲き具合がばらばらだったり、かれた部分やこれから咲く部分があるほうが”自然”を感じて私は好きかな。


それにしても歴史のあるこのイベント、オランダの方々にとても人気のようで、観光地キューケンホフkeukenhofでさえこんなにたくさんのオランダ人を見ない!というくらいたくさんの地元の方々で賑わっていました。

地元の方々に支持されている歴史のあるイベントです。

オフィシャルサイトはこちら⇒HollandFlowerFestival

今回撮ったたくさんのチューリップ等の写真は後日 BloemenVanThura HP 「Holland情報」 にアップ予定です。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/03/17

Holy Week!

もう1ヶ月以上たってしまったのですが、先月行われたブリュッセルの展示会の様子をレポートします。

展示会はフラワー関連雑貨、インテリア、エクステリア、ギフト雑貨などが出展されており、商談が中心なのですが、会場の一部ではフラワーアレンジの展示やデモンストレーションが出展メーカー協賛のもと行われています。

そのデモ会場では、バレンタイン前ということで”バレンタイン”関連のアレンジが多くありましたが、”イースター”関連のアレンジ、デコレーションも目を引きました。

Br0802e07Br0802e08

イースターはキリスト教関連のイベントですが、定義は”「春分」の後の最初の満月の次の日曜日”とのこと(ややこしい!)。

不思議なのか当たり前なのか?、日本の「春分の日」や「お彼岸」とも無関係ではないですね。

イースターを迎えてヨーロッパは長い冬を終え、春本番です。

これは太陽をほとんど見ない長ーく暗ーい冬を過ごしてはじめてわかる、体の芯から春を感じる感覚・・・人間も”動物”だなと思います(笑)。

Br0802e02

Br0802e01





展示会から1ヶ月以上も経ち、季節がずれてしまった感が若干ありますが(日本にいると特にそう思う)、イースターらしい花材、イースターシーズンの花材を用いたアレンジ・デコレーションです。

”イースター”といえばイエロー&パープルがイメージカラーですが、オランダのお花屋さんで働いていた時はイースター時期のブーケ(花束)にあまり典型的なイースターカラーを用いることはありませんでした。

同僚に聞くと、「最近はイエロー&パープルにはこだわらないのよ」とのことでした。

もちろんこれは国や地域によって違うと思います。

あくまでも、あまり宗教色の強くない、カトリック人口の少ないアムステルダムでの話です。


ではどんなお花がイースターのお花なのか、イースターのイメージカラーなのか・・・。

9年間のオランダの春を通して私が感じたイースター・・・

チューリップ、ラナンキュラス、アネモネ、ヒヤシンス、スイセン、フリチラリア、クリスマスローズ、スノーボール、雲竜柳など柳系、桜などの枝物・・・

卵、卵の殻、ひよこ、鳥、うさぎ、鳥の巣・・・

チューリップやアネモネを連想するようなビビッド系からパステルまでいろんな色が存在するなかでも私のイースターイメージは、枝物などのナチュラルカラー(ブラウン系など)とスノーボール等のグリーン、そのベースに映えるホワイト系のお花・・・これが私のイースターのイメージカラーかな。

Br0802e03Br0802e04

Br0802e05Br0802e06





もうすぐそのイースターがやってくる、今年2008年は3月23日(20日のグッドフライデーからイースター翌日のイースターマンデーまで4連休の人や会社も多い)。

イースター前の一週間(3月16日~22日)をHolyWeek(聖週間)またはPassionWeek(受難週間)と言うそうです。

私の知っている”イースター”はオランダのお花屋さんやオランダのお花に関わりながら見てきた、”お花”を通して見たイースターの一部。

まだまだ知らないことの多いイースター。

イベントとしてだけでなく、宗教的、歴史的、文化・・・もっと深く知りたい・感じたいと思うイースターです。


今回ご紹介しきれなかった写真もたくさんありますので、後日 BloemenVanThrua HP 「Holland情報」コーナー にてご紹介できればと思います。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/03/15

「イ」の字もない??

Adam080304無事、帰国しました。

オランダを出発した木曜日、アムステルダムは前日までの強風や雨がうその様な快晴!

前日は強風のため滑走路が一部使えずオランダ・スキポールSchiphol空港の発着も乱れたとか。

あんな強風の中の離陸は避けたかったので、一安心。

写真は3月始め頃、この写真を撮影した直後から約1週間ずっと悪天候でした。

奥に見えるのがアンネフランクAnneFrankも隠れ家から見ていた西教会WesterKerkです。


さて、フライトは快適でしたが、飛行機の中ではなんと!個人用テレビ(各シートについているやつ)が機内全体で調子が悪いということで、ずーーーーーっと調整中。

正常に見ることができたのは約11時間のフライトの着陸3時間前、映画一本見れるかどうか・・・という頃でした(泣)

結局前にも見たことのある「ダイハード4」を1本見ただけです(じっくり選ぶ時間もなかった)。

機内で映画を何本も見るのが唯一の楽しみなのに、すごく残念。

ですが、私のシートだけ見られないというのではなく機内全体で見られない・・・というのが救いでした。


さて関空に到着すると、雨。

地元豊橋に到着すると、滝のような大雨(泣)。

なんですか、これは??

せっかく悪天候のオランダから離れたのに、こちらもこんな天気ですか・・・。

大阪からの帰りの新幹線では、米原あたりの左右の山に雪が積もっていたのが印象的でした。

暖かいのか寒いのか???よくわからない気候です。

余談ですが、名古屋駅前のスパイラルタワーズがついに完成していましたね。


帰ってきてまだ少ししか外を見ていませんが、イースターの「イ」の字もなかった日本(驚!)・・・、感覚をはやく日本仕様にしなくては。

明日から頑張ります。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/03/13

オランダより、春の嵐!?

3月中旬、今日もアムステルダムは春の嵐!?

強風が吹き荒れ、一日に数時間は雨やヒョウが吹きつけています(去年もこんなタイトルのブログ書いたかも?あれは本当の嵐だった)。

さて、帰国直前です。

この10日間くらいスケジュールも精神的にもいっぱいいっぱいの嵐のような日々を送っていました。

約2ヶ月間オランダにいて、たっぷり時間があったのに、なぜ毎度帰国直前にバタバタになってしまうのでしょう。

全く自己管理ができていないようです・・・反省。

その間にお会いできたオランダの皆様、お時間ありがとうございました。


さて、私の帰国と前後して、以前にブログでご紹介していましたDVD(2月6日ブログ参照)や3月お届け分としてご注文いただいていたお花雑誌(2月1日ブログ参照)、セレクト雑貨(BloemenVanThura HP 「雑貨カタログ」参照)など・・・商品が続々入荷してきます。

ご注文をいただいている皆様には、準備ができ次第発送いたします。

ご注文ありがとうございました。

セレクト雑貨は引き続き販売しております。

よろしくお願いいたします。


そして3月後半にはたくさんのヨーロッパ製リボンが入荷です。

入荷しましたら BloemenBanThura HP 「雑貨カタログ」 にアップいたします。

準備ができ次第、このブログでお知らせします。

もう少しお待ちくださいね。


では、次回のブログは日本からです。

日本はもう暖かいのかなぁ??

にほんブログ村 花ブログへ

2008/03/10

3月のオランダ・・・あれこれ Part2

「3月のオランダ・・・あれこれ」の続編です。

オランダはイースターも夏時間も近づいて春に向かってまっしぐら!・・・と言いたいところですが、この1週間雨が降ることも多く、なんだかドンヨリしています。

こんな日が続くと、すぐに”春”という言葉を忘れてしまいそうです。

ですが、やはり春に向かっています。

Rijksmuseum0803先日通りかかったアムステルダムの国立博物館RijksMuseum脇のサクラ?(詳しい種類はわかりませんが数種類ありました)が、きれいに咲いていました。

バックが白い曇り空なのが残念・・・ピンクや白の花はやはり青空に映えますよね(写真はお花が咲いているのかどうかさえ判りませんね、残念)。

日本はこれからサクラの季節・・・楽しみです。



さて、そんな3月のオランダ、先日訪れたアールスメーヤ花市場の様子です。

私の大好きなお花の一つ”フリチラリアFritillaria”、イースター時期の代表的なお花です。

Fritillariahermonis08031Fritillariapersica08032

左の黄色はFritillariaHermonis、右の紫色はFritillariaPersicaBlackです。

Persicaについては昨年球根から育てた?の時のレポートがあります→2007年4月4日ブログ参照・・・よかったらご覧ください。


Stachuuruspraecox0803和のイメージの強い?こんな枝モノも!

キブシ(木五倍子StachuurusPraecox) です。

別名は花が垂れて咲いている様子がフジの花に似ているところから”キフジ(黄藤)”・・・関東地方ではこう呼ばれることも多いそうです。

そういえば昔、オランダに修行に出る前に日本でお花(アレンジ)を習っていた時、このお花のことを”キフジ”と関東出身の先生から習った気がします(あいまいな記憶ですが)。


お花の卸問屋さんの輸入バラのコーナーではエクアドルの長ーーいステムのバラForeverYoungがありました。

Foreveryoung0803Foreveryoung08031

長さ160センチくらいでしょうか?(スミマセン未確認です)

普通の80センチの2倍?60センチの2.5倍はあります!!!!

お値段が気になりますよね。

エクアドルからの輸送代がさぞかし高いだろうと、真っ先にお値段を想像しましたが、やはり・・・いや、それ以上・・・!

お値段は周りに並んでいる普段流通しているバラの10倍前後?!・・・ケタ違いでした(笑)。

昨年10月のHortiFairで見た2メートル!のバラを思い出します。

HortiFair2007のレポートはこちら→2007年10月19日ブログ参照


Hyd08031Hyd08032

Hyd08033Hyd08034
そしてこれからがシーズンのアジサイも、もうこんなに素敵です(アジサイは取引先の輸出業者さんにて撮影)。

人気のアンティークアジサイはまだ出ていませんが、フレッシュアジサイも優しい色合いが素敵です。

最近は街のお花屋さんやスーパーで(アムステルダム)、鉢植えのアジサイも結構出ています。

もうそんな季節ですね!

にほんブログ村 花ブログへ

2008/03/08

3月のオランダ・・・あれこれ

Adam0802193月もあっという間に半ばに向かっています。

写真は2月後半のアムステルダム、夕日がキラキラ・・・日がだんだん長くなってきました。

冬時間から夏時間へ変わる日も近づいています(3月30日より夏時間)。

そして私の帰国も近づいて来て、かなり焦っています!

3月14日からまたしばらく日本で活動です。

日本に戻ると今回買い付けた花器・ガーデン雑貨、ヨーロッパ製リボン、セレクト雑貨など新商品が3月中旬から5月にかけて入荷します。

セレクト雑貨は現在 BloemenvanThura HP にてご予約受付中です。

3月末頃にはリボンがたくさん入荷してきます。

楽しみにしていてくださいね、そしてよろしくお願いいたします。


Hirahiranarciss0803右の写真は先日近所(アムステルダム)の小さな花壇で見かけたヒラヒラのスイセン。

日本でもオランダでもいろんな種類のスイセンを見かけますが、このヒラヒラ?スイセンは初めて見ました。

なんていう名前だろう・・・どなたか教えてください・・・もしかして奇形かな?


さて、3月です。

ヨーロッパ・オランダはイースターで盛り上がっております。

2008年のイースターは3月23日(1ste Paasdag)、イースター前の金曜日グッドフライデー(Goede Vrijdag)からイースター翌日の月曜日(2e Paasdag)まで4連休です。

厳密にはアムステルダムはプロテスタントの地、オランダ南部やカトリックの国々に比べたらイースターの盛り上がりは控えめかもしれません(と言っても、やはりイースターです)。

ですがお花の世界は思いっきりイースターです。

先日のアールスメーヤ花市場にて。

Easter080301Easter080302Easter080303

Easter080304Easter080405
いろんな苗や鉢、寄せ植えもイースター仕様となっています。

タマゴや鳥さんなどイースターキャラクターが大活躍です。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/03/06

季節はずれのヘチマ?!

季節はずれな話題ですが、今日の主役は”ヘチマ(糸瓜・学名Luffa)”です。

”ヘチマ”と言えば”きゅうり”によく似た?”きゅうり”を大きくしたような細長いウリ科の植物です。

夏に黄色い花が咲いてその後緑の細長い実になります。

”ヘチマ”と聞いて皆様は何をイメージしますか?

食用になったり、化粧水になったり、薬用だったり、そしてタワシ!だったり・・・

”ヘチマ”は私達の生活の中に密接に存在しているためか、日本のイメージも強いですよね。


さてそんな”ヘチマ”・・・オランダでも見かけます。

資材として?のドライのヘチマ「タワシヘチマ」です。

オランダではタワシ状態のヘチマ(果実部を水にさらして繊維だけにしたもの)を、資材としてアレンジなどに用いたりします。

Xa74014Xa74015

上の写真は以前に BloemenVanThuraHP で紹介、販売したものですが、写真のようにいろんな色に着色されタワシ加工?されたヘチマ。

細長いもの、輪切りにカットされたもの、細かくカットされたものなど・・・いろんな色、形、状態で流通し、アレンジ資材として、デコレーションオブジェとして人気です。

水につけても問題ないし、形や大きさも好きに加工できるし、種の部分の穴(断面)?も面白く活用できるし・・・なんだかワクワクしませんか?

そんなヘチマ・・・今回こんな大きなサイズを見つけました!

Xa81017Xa81018

写真では分かりにくいのですが・・・なんと!70センチもあります(左側にうっすら見えるのが30センチ定規)。

さすがにお値段が少し高めなのですが、その愛嬌?のある”存在感”が気に入りました。

BloemenVanThura HP 「セレクト雑貨カタログ」 でご案内中です。

少量入荷です。

皆様も”ヘチマ”を創作的に活用してみませんか?

ぽってりした雰囲気・・・かわいいです?!

Xa81017up2Xa81018up

にほんブログ村 花ブログへ

2008/03/04

オランダの”今”をセレクト

1月中旬よりオランダに滞在し、展示会や買い付けをしてきましたが、今回の滞在も残り1週間ほどとなってきました(焦!)。

「セレクト雑貨」として”今”オランダの問屋さんで人気の、”今”オランダのお花屋さん、雑貨屋さんで販売されているような雑貨(アレンジ資材、小物)を集めました。



クリスマス時期よりおススメグッズのセレクトが難しいこの季節。

なぜなら・・・!?

問屋さんもお花屋さんも雑貨屋さんも街も、みーーーーんな”イースター”なのです。

イースターといえば・・・”卵”、”うさぎ”、”鳥”・・・。

日本ではあまり馴染みのないイベントにキャラクター。

オランダに来て9年・・・最初の頃は正直かなり抵抗のあったキャラクター達で(私のテイストではなかった・・・)、私にとってはかなり違和感のあるイベントでした。

イースターの頃のお花は好きですし、イースター色のアレンジも好きなのですが、関連グッズは思いっきりイースターなのです。

ですがヨーロッパでは毎年春になると、クリスマスと並ぶ盛り上がりを見せる”イースター”・・・今では私もすっかり慣れ?卵グッズや”鳥”達、イースターらいしい配色を見ると「イースター」を感じ、キャラクター達がかわいく見えるようになりました。

イースターの雰囲気は後日あらためてレポートしたいと思っています。

イースターに馴染みのない日本では、このテイストを見ると”イースター”というより”かわいい春のテイスト”と映るのではないでしょうか。


さて、話しはそれましたが、そんな中で集めたあまりイースターとは関係なく使っていただける春夏向けオススメグッズをご紹介します。

現在 BloemenVanThura HP 「雑貨カタログ」 -「セレクト雑貨2008春夏」にて、ご予約受付中です。

Yz81009Yz81024Xa81001

3月中旬まで商品は更新予定です。

セレクト雑貨のお届けは3月末頃を予定しております。

ご興味にある方は是非ご覧いただき、お問い合わせください。


今後の BloemenVanThura の予定・・・

3月中旬~・・・セレクト雑貨入荷、ご予約分発送スタート

3月末~4月前半・・・たくさんのヨーロッパ製リボン入荷

4月末~5月前半(具体的な日にちはまだ未定)・・・花器、ガーデン雑貨等入荷

これから初夏にかけて、今回のオランダ滞在の間に買い付けた商品達が入荷してきます。

この春夏もどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 花ブログへ

2008/03/02

ルンルン!?

日本には夏場いくつも台風がやってきますが、オランダにも(季節は分かりませんが)たまに嵐がやってきます。

穏やかな曇り空だった金曜日、夕方から天候が悪くなったのですが(雨・強風)、その後夜中(土曜午前3時すぎ)の嵐はすごかったです。

30分くらいで通りすぎていきましたが、日本の台風の暴風雨圏にいるような恐ろしいほどの雷と豪雨(ひょう)と強風。

嵐の前は気温が暖く10度くらいでしたが、ひょうが降り始めたら一瞬のうちに3度に。

住んでいる家の屋根が飛ぶんじゃないかと心配で眠れず、恐る恐る外を眺めていました。

オランダのあちこちで被害があったようですが、夜中でよかったです・・・

いつも急にやって来ます、ヨーロッパの嵐・・・怖いです。



さて話しはがらりと変わって・・・今回は息抜き(いつも?)。

ある日の夕方、背後のテレビから聞いたことのある曲が・・・「ルルルン!ルン!ルン!、ルルルン!ルン!ルン!・・・」。

印象的なこのフレーズ、その後は勝手に頭の中に流れます「ルルルン!ルン、ルン!ルン、ルン!」。

歳がバレますが・・・同じ世代の方お気づきですか?

Run080211979年から1980年にテレビ朝日系で放映されたアニメ「花の子ルンルン」のテーマソング。

私のオランダでの生活はJSTV(ヨーロッパで日本の番組が見られる衛星放送チャンネル)が中心です。

そのJSTVで夕方子供向けに「花の子ルンルン」を放送していました。

普段は見ない子供向け番組ですが、へェ、”ルンルン”!?・・・子供のときに見たかな・・・懐かしい・・・とテレビに目が留まりました。

テーマ曲はかなり頭に残る印象的な曲なので、大人になった今でも何かの拍子に勝手に”頭”に流れたりしていましたが、アニメ自体を思い出すことはありませんでした。

アニメの内容もテーマ・目的も全く覚えていませんでした。


”花の子”というからにはお花がテーマでしょうから、少し見てみることに。

すると・・・へぇー、こんな内容だったの???

今見ても?なのか、今見ると?なのか、すごく奥が深く興味深い!!

ルンルン(主人公の女の子)達が旅をしながら探しているのは「七色の花」。

しかもヨーロッパを旅しているのですね。

先日見たときはフランスからスペイン辺りを旅していました。

Run08022毎回旅先で人々と触れ合い、「七色の花」の情報を聞き、探しに行く・・・でもルンルンが探し求めている「七色の花」ではないのですが、それ以上の何か大切なもの(心だったり友情だったり)を見つける・・・。

ルンルンの得た情報で、今回(私が番組を見たとき)見つけ出したお花は、ルンルンが捜し求めていた「七色の花」ではなく浜辺に咲く普通の草花。

Run08023_2毎回最後にセルジュという男性が現れ、ルンルンと関わった人々にお花の種を渡します(素敵なお役目、私もこんな仕事がしたい)。

そのお花の花言葉が番組の最後で紹介されています。

今回はタチアオイ・・・オランダの夏にたくさん見かけるストックローズStokRoosですね。

こんな素敵なストーリーだったのです・・・ルンルン。


今の私はもちろんお花に興味があるし、オランダで生活をしているので、ヨーロッパの文化や生活にも興味があるし・・・番組を見ると、いろんな部分を身近に感じたり、アニメらしく現実とのギャップを感じたり(笑)、かなり興味深く見ることができます。

子供の頃の私は”ルンルン”のどんなところが面白くて見ていたのだろう?

子供の頃には、大人になった私がお花やヨーロッパに関わるなんて、全く予想していませんでしたから、今こうして子供時代を振りかえると、当時は何を思っていたのか?逆に不思議な気分です。


結局ルンルンの探している「七色の花」ってなんだろ?少し気になります・・・。

現在だったら世界中の人がきっとこう言いますね・・・「”七色の花”なら知ってるよ、それは”レインボーローズ”」(笑)。

にほんブログ村 花ブログへ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析