フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« おススメ!テーブルアレンジDVD | トップページ | 2月のオランダ・・・あれこれ »

2008/02/08

ドイツ IPM2008 「見る」Part1

さて今回は、IPMエッセン国際園芸見本市の「見る」編Part1です。

前回レポートしましたが、GreenCityというフローリスト必見、一日中楽しめる、勉強になる、刺激になるホールがあります。

そこではたくさんのアレンジやデコレーションが見られます。

会場の一角にステージがあり、イベント期間中いろんなデモやコンペが行われているようでした。

今回のブログは、ここで私が見たコンペ(競技)についてのレポートです。


事前に気になるステージイベントをチェックして、スケジュールを合わせていくもよし、行き当たりばったりで行われているイベントを見るもよし・・・一日中ステージ観戦もよし。

楽しみ方は皆様次第です。

私が見たのは、1月25日11:30~行われていたコンペ(1時間弱)。

Ipm08comp01このステージ、回転式でまわりに観客席があるスタイル・・・とても見やすいステージですね。

コンペの内容は、ヨーロッパジュニア(23歳以下)チャンピオンのドイツ予選の最終審査でした。

8月30日にベルギー・ブリュッセルにて、ヨーロッパジュニアチャンピオン本選が行われるとのことです(欧州の20~25国が参加とのこと)。


さて、ステージでは・・・

Ipm08comp0210人くらい(ステージが回っていたので何人いたのか??)の若いデザイナーの卵達が、「イースター・リース」という課題で作品を作っておりました。

お花はイースターの代表的花材・・・枝モノ、チューリップ、アネモネ等、ピンクや白、グリーンが中心です。

ステージが一周する度にだんだん形になり、だんだんお花が増え、いろんなデザインに仕上がっていきます。

MCの方々のお話し、作品を作りながらのインタビューが、当たり前なのですがドイツ語だったため、言葉のリズムはオランダ語に似ている気がするのですが、まったく解からず(笑)、残念でした。

チャレンジャーさん達の作った(すでに完成している)アレンジとウェディングブーケも会場に飾られ、途中それらの作品についてそれぞれのチャレンジャーさんへのインタビューもありました。

オランダお花業界に9年どっぷりの私、お隣の国といえども初めてドイツでドイツ人の方々の作品・制作現場を見たわけですが(一度日本でグレゴールレルシュさんのデモンストレーション見学に行ったことがありますが・・・)、オランダのこのようなイベント等で目にする作品などとの大きな違いを感じました。

もちろん季節やテーマ、デザイナーのテイストによるものとはわかっているのですが、会場全体のアレンジ等を見ても感じたオランダとの違い・・・ドイツの作品は色が多い、明るい、花が多い!?

そんな感想を持ちました(あくまでも私個人の感想です)。

色の感じやお花の使い方は、日本人に馴染みやすい、日本のデザインに馴染みやすい雰囲気を感じました(何度も言いますが、私個人の感想です)。

そのコンペの途中、もうそろそろ完成でしょう・・・と思ってもまだまだ・・・まだまだ・・・まだまだ・・・まだまだ・・・お花が入っていきます。

えー、そんなにお花入れちゃうの!???・・・等と、生意気にも思ったりして(笑)。


そんな中、気になるデザイナーさんがステージにいました。

Ipm08comp03ステージ上の唯一の男性、ハンサムです。

彼が、いえ!(笑)、彼の”作品”が気になります。

これでもか!というくらい盛り盛りにお花が入っていく他のチャレンジャーさん達とは違い、いつまでたっても葉っぱと木の皮だけ・・・

オランダでは彼のテイストが受ける!?そんなことを思いながら、彼の同行、作品をじっと(怖い?)見ていました。

できあがった彼の作品がこちら(左)、そして彼のウェディングブーケ(右)。

Ipm08comp13Ipm08comp14


他のチャレンジャーさん達の作品は春らしい、イースターらしいお花いっぱいのテーマによく合った作品です。

Ipm08comp11Ipm08comp12_2

どの作品も素敵ですが、私はやはり彼の作品、彼のテイストが一番好きです。


そして午後、審査の結果が発表されました。

優勝者は・・・やっぱりねぇ!

目をつけていた(怖)、ハンサムな彼です。

彼の今後が気になりますね。


審査結果発表の時もコメントやインタビューももちろんドイツ語のため、詳細がわからないので本当に残念でした。

ですがもちろん会場の人達に英語で質問すれば、皆さんとても優しくて親切、ちゃんと英語で説明してくれますので、ご安心を。

素敵な作品をいっぱい見て、刺激を受けたコンペでした。

8月のヨーロッパジュニアチャンピオンの結果も気になりますね。

IPMレポートはまだ続きます、お楽しみに。

にほんブログ村 花ブログへ

« おススメ!テーブルアレンジDVD | トップページ | 2月のオランダ・・・あれこれ »

コメント

Katovsky様、コメントありがとうございます。
覚えていますよ!もちろん。
お元気ですか?
たまーーーーにMixiから覗いていました。
(読み逃げでした)
Katovsky様もエッセンIPMに行かれたのですね。
何曜日に行かれたのですか?

これからアールスメーヤ(ア)あたりにいらっしゃることが多くなるとのこと、是非一度どこかでお会いしたいですね!
お時間あるときに是非ご連絡ください。

thuraさん、こんにちは。
随分前にご連絡差し上げたkatovskyと申します。
お気に入りの彼の作品、いいですねえ。僕もIPM Essenに行ったのですが、彼の作品は見ることができませんでした。残念。

今後、アールスメアやナールドワイク辺りでブラブラする機会が多くなりそうです。thuraさんにお会いできたらいいなあと思います。よろしくお願いします!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/17925667

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ IPM2008 「見る」Part1:

« おススメ!テーブルアレンジDVD | トップページ | 2月のオランダ・・・あれこれ »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析