フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ解析


無料ブログはココログ

« リンゴの思い出 | トップページ | フランクフルトの展示会に行って来ました »

2007/08/25

コサージュ・・・ところ変われば?

「9月3連休の空席情報!」というタイトルのDMメールがイーツアーe-tourさんさんから届きました。

イーツアーさんからはもう随分前に航空券を購入したことがあるため、DMメールが届きます。

不規則な生活をしている私には、ネットや電話でショッピングや旅行・出張手配ができるのはとても便利なため、いろいろ活用しています。

そこで気になったのは9月の3連休・・・「9月に3連休があるのか・・・忘れてた」・・・確認してみると2週間連続で連休なのですね。

オランダで暮らし始めて以来(もう9年)すっかり日本の祝祭日にうとくなってしまった私。

しかもオランダでのガムシャラ修行時代に、日本では祝祭日の日にちにも多少変更があったようで、余計わけの分からない状態です。

現在は日本で仕事をしていても、仕事柄あまり祝祭日は関係なく・・・

皆様も9月の連休には何か予定をたてていらっしゃるのですか。


さて今回のテーマは「コサージュ」。

花婿さんが胸につけているお花といえば、分かりやすいですね。

オランダのコサージュ事情・・・

オランダ(たぶんヨーロッパの多く)では、花婿さんはもちろん、ゲストの方々にコサージュを用意します。

ゲスト用140個!なんてこともありました。

アイルランドのお花屋さんにいた時も毎回たくさんのコサージュを作りました。

アイルランド時代のことは BloemenVanThura HP 「Holland花留学」のコーナーにありますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。


オランダでは花婿さんのコサージュと、それよりも小さく簡単な?たくさんの(ゲスト、ファミリーの数など)コサージュを作ります。

例えば(もちろんブライダルブーケの種類によりますが)、花婿さんのコサージュはメイン(バラなど)2本+サブ的フラワーや実、そしてヘデラなどの葉っぱ。

その場合のゲスト用のコサージュは、メイン1本にサブ的フラワー、小さめの葉っぱ・・・のように花婿さんよりは小さ目のコサージュでした。

創造的なデザインの場合もありますが、基本的にはシンプルなコサージュが多かったです。


作り方は日本とは少し違います。

(一般的と感じたものの例ですので、紹介するもの以外にもいろんなスタイルがあることはご理解いただければと思います)

日本でカットするいわゆる「花首」よりは、少し長く茎を残して(3-5センチくらい?もっとかな)しばらく水揚げ。

花婿さんのコサージュ1つだけではないので、流れ作業的に。

そして水揚げしていたお花を何種類か組んでワイヤーでくるくる巻いて、テーピングをして出来上がり、ピン等も忘れずに。

お花の保水処理など基本的にはしませんでしたが、オランダの気温・湿度の場合あまり必要ないのかもしれません。

何十個も用意しないといけませんので、急いで。

もちろんデザインにもよりますが、短い花首に”なんとかメソッド”でワイヤリングして・・・等は、あまりありませんでした。


私がオランダのお花屋さんにいた時には、前日の帰り際にお花をカットし水揚げし、お式当日の朝早めに出勤してコサージュを作る(テーピングなど)というパターンが多かったです。

ちなみにオランダで使うテープは、日本で皆さんが良くご存知の紙のフローラルテープ(少し伸ばしながら使うモノ)ではなく、ツルっとしたテープでした。

このテープは、伸ばして指の熱でテープ同士を貼り付ける?のですが、これが難しい・・・その加減を覚えるには少し時間がかかりました。

そして朝出勤した時にコサージュを作る場合、寒いオランダでは(私の記憶ではいつも)手がかじかんでいたので(冬は特に!)なかなかテープがくっつかず、ブーケ、コサージュのピックアップの時間だけが迫り、よく慌てたものです。


さて話が長くなりましたがそんな「コサージュ」で必要なものといえば?

もちろん新鮮なお花、ワイヤー、フローラルテープ、保水用のティッシュなどでしょうか。

そして最後に忘れてはならないのが”ピン”など、コサージュを服に固定するための小道具です。

皆さんはどんなのを使っていますか?

待ち針のようなピンが一番多いのでしょうか?

最近はマグネットもありますね。

もっとおしゃれなものもあるかもしれません。

Cos0708オランダでもいろんなものを使いましたが、写真のような「T字」型のピンもありましたね。

テーピングの際、下の部分を一緒に巻き込んでしまうので簡単です。

プラスチックですが簡単に切ることができるので、長さは調節できます。

今回お客様のご注文で手配したのですが、便利なものですので、皆様にも紹介したいと思います。


コサージュ用ピンという訳ではないですが、下の写真ようなピンも今回入荷予定です(他にもあります)。

オランダではすっかり定番ですが、お花や葉っぱに飾りとして付けたり、葉っぱをまるめてとめたり・・・

3枚目の写真は、6月にオランダで行われていたジュニアチャンピオン選考会(7月7日ブログ参照)でどなたか参加者が作成したもの・・・やはりピンは大活躍です。

今年のクリスマスのアイデアとしていかがでしょう?!

ご興味ある方はお問い合わせくださいね。

Pin07081Pin07082Arrangewpin0708






輸入雑貨・輸入資材についても少しずつ紹介していきたいと思っています。

これからもお楽しみに。にほんブログ村 花ブログへ

« リンゴの思い出 | トップページ | フランクフルトの展示会に行って来ました »

コメント

美穂様、はじめまして。
コメントありがとうございます。
オランダのフローラルテープをお探しですか?
もちろんオランダでは買えます。
私はオランダのお花・雑貨・資材などを輸入販売しておりますので、次回買い付けの際に手配することは可能です。
詳細はメールにてお知らせしますので、まずは弊社のホームページよりお問い合わせください。
http://www.bloemenvanthura.com

すみません、記事に出ていたオランダのフローラルテープってどこで手に入るのでしょうか?私は、探しておりましたが、未だにお店で探せません。
偶然このブログを見ました者でよくわからないのですが、あなた様は販売などされているのでしょうか?
大変恐縮ですが、教えていただけたらと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/16229212

この記事へのトラックバック一覧です: コサージュ・・・ところ変われば?:

« リンゴの思い出 | トップページ | フランクフルトの展示会に行って来ました »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など