フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/30

ホームページ更新のお知らせ~キューケンホフ等

悲しい・・・昨日書いて保存したと思っていたブログ、どこにもありませんでした・・・間違えたのですね・・・

みなさんもそんな経験ないですか?


気をとり戻して・・・今回はお知らせブログです。

ブルーマンファンチュラ~オランダの花と雑貨と文化のページ~ BloemenVanThura HP 更新のお知らせです。

今回更新したコーナーは下記の内容です。

お時間あるときに是非見てくださいね。

キューケンホフ公園2007 Keukenhof 

オランダといえば100パーセントの方がイメージするはず・・・チューリップ。

世界中からチューリップを目当てに観光客が集まるオランダの観光スポット・キューケンホフ公園。

2007年5月中旬のお花いっぱい?緑いっぱいの初夏の公園の様子です。

Kkf07o21Kkf07o70Kkf07o22




Kkf07e18_2Kkf07i06Kkf07t06









球根花品評会や最新トレンドのオランダスタイルフラワーアレンジ、デコレーション等も見ることができます。

真夏の今、このページをのぞけば、春の風を感じること間違いなしです。

そしてオランダに行きたくなること間違いなし!?ですよ。

写真満載、合計180点!


オランダジュニアチャンピオンシップ2007(7月7日部ブログ参照)

未来のチャンピオンのたまごたちの戦い、オランダらしい競技会の様子です。


◎BloemenVanThura 輸入雑貨・輸入リボンのお支払い方法が一部変更になっています。

これからも皆様にご利用していただきやすくなるよう工夫していきます。


ホームページを見ていただいたご意見ご感想なども是非お聞かせくださいね。

にほんブログ村 花ブログへ

2007/07/28

”きゅうり”と”スグリ”の不思議な関係?

暑い・・・ついに昨日7月27日東海地方の梅雨が明けました。

夏本番です。

お花たちにも少しつらい季節ですが、お花を一輪でも飾ってお花とともに夏をのり切りたいものです。

そんなことを言っておきながら、もうすぐ私は(8月6日から)涼しい?涼しすぎの(20度前後)オランダ生活スタート、日本の夏は脱出です。


さてそんな中、私がオランダ生活中、日本にいる間も欠かさずチェックしているオランダ関係のホームページのひとつ『オランダニュース by Portfolio』というニュースサイトで、興味深い記事(ポートフォリオ2007年7月25日参照)を見つけました。

このサイトではオランダのニュース・さまざまな情報を日本語で読むことができます。

ポートフォリオに紹介されていたニュースをまとめると(ポートフォリオさんに許可を得て書いています)・・・


今の時期をオランダ語では”Komkommer Tijd (きゅうりの季節)”と呼ぶそうです。

なぜ今の時期が「きゅうりの季節」かというと・・・あまりニュースのない夏の休暇の時期・・・だからだそうです。

新聞の厚さは通常の半分になるとか・・・

国会は休会、大臣たちも休暇・・・そんなわけでジャーナリストさん達は些細な事に関して長い記事を書くのだそうです。

オランダ・ヨーロッパはバケーションシーズン真っ只中です!


ちなみにオランダ語で”きゅうり”は”Komkommer(発音はコンコマー)”、英語の”Cucumber”(キューカンバー)に似ているので、私のオランダ語の中では比較的早く覚えた単語です。

そしてオランダのきゅうりは日本のものの何倍もあるヘチマサイズ(長さ30センチ、直径5センチくらい!)が一般的です。

オランダ好きの私でも、きゅうりは日本のきゅうりの味のほうが好きです・・・みずみずしい・・・

数ヶ月前オランダのスーパーで念願の!?親指サイズのミニきゅうりを見つけたので試してみました。

このミニきゅうり、日本のきゅうりと同じ味でした(感動!)・・・これからも簡単に手に入るといいのだけど・・・


またまた話がそれましたが、ほかの国でもこの時期は同じような状態らしく「きゅうりの季節」と同様の呼び名があるそうですよ。

ドイツ語→Sauregurkenzeit(ピクルスの季節)

フランス語→La morte-saison(オフシーズン)

英語→The dull/silly season(退屈な季節)

米語→Gooseberry time(グーズベリーの季節)

スウェーデン語→Nyhetstorka(ニュースの干ばつ)

おもしろいですね。


ところで・・・”Gooseberryグーズベリー(がちょうの実?)”ってなんだろう・・・って調べてみたら、”セイヨウスグリ(スグリ)”のことでした。

”きゅうり”からひとつお勉強になりました!

オランダにご興味のある方、ぜひポートフォリオもみてくださいね。

・・・このブログも”KomkommerTijd”・・・?

にほんブログ村 花ブログへ

2007/07/26

アイスフラワー?IceFlower

セミの声がどこに行ってもうるさいほど!聞こえてきます。

先日九州から近畿地方まで梅雨明けというニュースを聞きましたが、ここ東海地方はどうなのでしょう?

暑いです・・・


さてそんなある日、ある小さなポスターを見かけました。

『氷の彫刻展』・・・涼しそう!・・・吸い込まれるように展示会場へ行ってみると・・・

職人さんが大きな氷を削って実演、いろんなオブジェを製作していました。

そう、よく結婚披露宴でも見かけるオブジェ、大きな氷の彫刻です。

ちょうど夏休み・・・子供たちも多く、子供向けのキャラクターや恐竜などを作り、最後の仕上げは見学者も参加できる楽しそうなイベントでした。

実は私も参加したい!と思ったのですが、まわりの親子さん、お子さんたちを差しおいて大人の私が参加するわけにもいかず・・・おとなしく見学。

Iceflower07071私が興味を持ったのは今日のタイトルである「IceFlower」。

イベント会場に飾ってあったオブジェ・・・大きな氷の中にお花が入っています。

色、質感から”生花”ではないことはすぐにわかるのですが、造花?・・・どのように作るのかいろいろ想像しましたが、まあとにかく実演を見学してみましょう。

Iceflower0707すると!!!!思いがけない制作方法でした。

なんと、大きな氷の一点から、細い電動ドリルをさし込んで、花びら一枚一枚を掘り出し、最後に着色するという方法でした。

感動です!

花びらのヒラヒラやギザギザ、波打っている感じも表現されていました。

すべてドリル一本でできるなんてすごいテクニックですね!

氷の中に”造花”が入っているのではなかったのです。

今回のブログはオランダのお花にまったく関係のないテーマですが、皆様にも”涼”と”技”のお届けです。

写真はその時手元にあった携帯電話のカメラなので小さくて残念。

Iceflower07072Iceflower07073

にほんブログ村 花ブログへ

2007/07/22

アムステルダム「知っとこ」!

またまたテレビ番組のお話です。

TBS土曜日7:30~9:25の生番組「知っとこ」・・・オセロのお二人が司会をしている情報番組です。

その番組の中に「新婚さんの朝ごはん」というコーナーがあります。

名前の通り、世界のいろんな国の新婚さんの朝ごはんを紹介するというコーナー。

今週7月21日(土)はアムステルダムの新婚さんが取り上げられていました。

そのコーナーの中では、簡単にその国の観光、食べ物なども紹介されます。

今回のアムステルダム編では「アールスメーヤの花市場」が紹介されていました。

Tbs0707211Tbs0707212Tbs0707213






写真はテレビを撮影したものです。

左:市場内の様子(花の乗ったカートがたくさん並んでいます)

中:セリのシーン(バイヤーがそれぞれ端末に向かっています)

右:競られた花を運ぶ人々(すごいスピードで走り回っています)

世界最大級の「アールスメーヤの花市場」・・・世界中の花が集まり、世界へ花が出荷されていきます。

目が回るくらいの花の量とスピード・・・今回の番組でもその規模について触れていましたね。

番組では”サッカー場125個分の広さ”と説明していました。

BloemenVanThura HP 「Holland情報」 に「アールスメーヤ花市場」を特集したコーナーがあります。

是非ご覧ください。

そしてまた近日中にこのブログでも特集をしてみましょう。


番組では「アールスメーヤ花市場」以外に、ユトレヒトUtrechtの「ミッフィー」(オランダのデザイナー ディック・ブルーナDickBrunaの生み出したあの有名なうさぎのキャラクター、写真参照)、オランダでは日常食?である「ポテト(フライドポテト・・・オランダではマヨネーズなどソースをつけて食べます)」や「パンケーキ」などが紹介されていました。

Tbs0707215Tbs0707214 






ちなみにこのミッフィー、オランダでは「ナインチェNijntje」と呼ばれています。

みなさんもオランダに行ってみたくなりませんか?

にほんブログ村 花ブログへ

2007/07/18

クリスマスが気になる・・・?

台風に地震・・・天災が続きます。

地震の時とっさに逃げることができるのか、考えてしまいました。

今回の地震では愛知県でも揺れましたが、地震の瞬間とっさにしたことといえば、ニュース速報のチェック・・・でした。

大きな地震のときはその前に逃げなくてはいけませんよね。


さて天災は日本だけではありません。

最近悪天候の続くオランダですが、16日(月)は激しい雷雨ThunderStormがあったそうです。

オランダの取引先よりこんな怖そうな写真が届きました。

Weerned0707161Weerned0707162Weerned0707163




今にも雷の音が聞こえてきそうです。

左から・・・①日向なのに空は真っ黒!②稲妻③運河ではありません、水没です。

オランダ気象台や天候気候協会では、激しい雷雨や落雷がこれから年々増え、気温が上昇すると予測しているそうです。

オランダでも温暖化による?自然の変化、気候・気温の変化が見られています。


雷雨や大雨・・・夏らしいといえば夏らしい天候。

そんな中、このブログを読んでいただいているお花関係の皆様、そろそろ秋冬トレンド、クリスマストレンド、最新トレンドが気になりますよね。

私も8月中旬から始まるヨーロッパの展示会シーズンがとっても楽しみなんです。

オランダはもちろん、フランス・パリ、ベルギーなどあちこち計画中です。


Ws0706036月オランダの問屋さんで始まった2007年クリスマス・ハウスショーの写真を少しですが BloemenVanThura HP 「Holland情報」 問屋さんコーナー に掲載したのでお知らせします。

オランダの問屋さんの季節の様子なども掲載しています。

是非覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 花ブログへ

2007/07/16

ホームページ更新のお知らせ

台風一過ですっきり気分!と思っていたら、たった今大きな地震・・・

みなさん台風、地震で被害はなかったでしょうか?

さてここ愛知県は土曜日から日曜日午前にかけて台風の影響をうけました。

そんな日はやはり黙々と写真を整理しHP更新です。

そんなわけで BloemenVanThura HP 更新しましたので、皆様是非お時間あるときにご覧ください。

今回更新したのは下記の情報です。

オランダ旅行気分を味わっていただけるはずです。


「Holland情報」オランダ・アムステルダムのお花屋さんDeBloemenBoog・・・

Bb07jun08Bb07jun10





私がオランダ修行時代働いていたお花屋さんの6月の様子を紹介しています。

季節のお花、旬の雑貨、ディスプレイなどお楽しみください。

過去の様子も見られます。


「Holland情報」アムステルダム・・・

Ams07juna12Ams07juna10





現在テレビ朝日「世界の車窓から」でも”ベネルクス編”が放映されていますが、オランダ・アムステルダムの風景を四季を通して紹介しています。

中世の雰囲気の残る町並み、季節のお花、町のお花屋さんの様子も見られます(写真54枚)。


「Holland情報」OpenGardenDaysオープンガーデン・・・

0706keizer633090706heren60509




6月22日ブログでも紹介しました6月15~17日にアムステルダムで行われた「オープンガーデン」の様子、写真満載で紹介します(写真100点)。

写真を整理していたところ、2003年のもの!が出てきましたので、2003年のコーナーも作りました(写真25点)。

今、写真を見返してみると、今年と2003年のお庭の様子は随分違いますね。

今年は5月6月前半は暑かったため、お庭のお花がほとんど咲いていなかった(咲き終わり)のですが、2003年のお庭には色とりどりのお花があふれんばかりに咲いていて・・・すごくきれいな思い出なんですよね。

確かに2003年の写真の中にいる私は皮ジャケットにロングブーツ、涼しかった(寒かった)記憶があります。

というか、今年が異常なのか・・・やはり温暖化でしょうか・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

2007/07/14

今さらですが、パリ花留学!?

紛らわしいタイトル、ごめんなさい!私がパリに留学したわけではなく、するわけでもなく・・・

話は1ヶ月ほどさかのぼるのですが・・・5月~6月のオランダ滞在中のこと。

当時テレビでやっていた唯一楽しみにしていたある連続ドラマ(織田さんのです)がありました。

オランダ滞在のため6週間留守にするので、部屋のビデオを6週間分録画、ビデオテープは6時間分でぴったり、停電さえなければ・・・。

さて、オランダから帰国しビデオをチェック・・・停電はなく無事ドラマが見れそうです。

のはずだったのですが・・

なんと録画の予約を間違えたようで(泣)1時間×6週のはずが、2時間ずつになってしまいました。

結果・・・ドラマは予定通り録れておらず、見逃しました、たぶん大事なところを・・・(悲)。


ですが!!!(ここからが今回ブログの本題)その無駄に録ってしまったビデオの中に、5月終りごろお花関係の方たちのなかで話題になっていた「世界ウルルン滞在記」の成宮寛貴さんのパリお花体験が入っていました!

そして本日、ようやくその間違えて録った「ウルルン」を見ることができました。

いいですねぇ・・・パリ・ヨーロッパの雰囲気。

そして成宮さんは本当にセンスが良い方ですね。

私はパリ・ヨーロッパのあの大胆・ナチュラルな花使い、はっきりした色使い、お花の見せ方・使い方・・・が大好きです

その点はオランダも共通。

Tvparis01Tvparis02






私も始めてオランダで生活を始めたとき、ホームステイ先の私のお部屋に写真と同じようなウェルカムブーケが置いてあったのを今でも鮮明に思い出します。(写真はテレビから)


番組をみて思ったことはたくさんあります。

エルメスやエリックさん(成宮さんの修行先のデザイナーさん)のお友達のブティック等の装飾の仕事が紹介されていましたが、注文してくる側もはっきりした意思とイメージをもっていらっしゃるので(あちらもプロです)、フラワーデザイナー側も本気で真剣に勝負しないとできない仕事ですね。

”ごまかし”や”見せかけ”だけの仕事はできません。

お客様(お花の仕事をしていない方たち)もお花に対して求めるモノがある・・・お花文化が高い証拠です。

厳しい世界です。

修行の途中、成宮さんが一人でまかされて作品を作った時、後でエリックさんから「花瓶とのバランスも悪く・・・・がっかりした」そんな厳しいコメントがありました。

日本とは違い、はっきり意思表示をするヨーロッパ、こんな厳しい言葉を受けて、またそれを乗り越えて本物になっていくのでしょうね。

自分が今成宮さんの立場だったら後でトイレでこっそり泣いたかも・・・なんて思いました。

実際私もオランダでの修行中、厳しい言葉をうけて、トイレで涙が流れた(勝手に流れるんです!)ことが何度もありました・・・私も指導側も常に真剣だからこそです。

修行最後に成宮さんは大きな仕事をまかされていましたが、素敵でしたね。


お花の仕事にかかわらず、逃げ出したくなるくらいの緊張の中での真剣な戦い(仕事)は輝いているしかっこいいです。

日々の生活・仕事の中で、気がつくと自分のいいほう・楽なほうに進みがち・・・こんな緊張感いっぱいの日々を心がけたいです。

にほんブログ村 花ブログへ

2007/07/11

花の国に竜巻発生?!

オランダの取引先よりこんな写真が届きました。

Storm071Storm072Storm073







先日7月9日に水上竜巻が発生したそうです。

オランダは春からずーーーーーっと青空晴天が続きすっかり夏でしたが、私が先月日本へ戻る少し前の6月中旬ごろから天気が崩れ始め、その後ずっと悪天候なんだそうです。

滞在中はほぼ好天に恵まれていたので、どうやら私はラッキーだったようです。

最近は雨・風・雷が日常のようで、先日もアムステルダムのトラムなども運休したり交通機関も乱れたそう。

気温も今は20度を下回るくらいだそうです。

そしてこんな竜巻まで。

こんな天候の時には飛行機乗りたくないな・・・などと写真を見ながら思いました。


日本も特に九州地方で雨が降り続いて被害も出始めているので、心配です。

ですが、私の地域では全く梅雨らしくない天気が続いています。

今日(こそ)は「東海地方でも集中的な大雨が降る」と昨日からのニュース。

大雨に備えて、外出する予定は朝一番で済ませたのに、お昼のニュースでは「東海地方の大雨の恐れはなくなった」と言っていました。

この地域ではほとんど梅雨に雨が降っていないのですが、大丈夫なのでしょうか。

ある意味、不安です。


ですが、今年はあまり雨が降らないせいか、お庭のアジサイがいつまでもきれいで、最近は色も変色しアンティーク風な色合いになってきました。

Hydrhome071Hydrhome072Hydrhome073






梅雨時期に雨にしっとり濡れたアジサイは情緒があっていいのですが、その後は雨と湿気と猛暑で、きれいに咲いたアジサイも、時間が経てばドロドロになってしまうか、カリカリに干からびてしまうのですが・・・今年はいい感じです。

少し茶色い部分がありますが、ちょっと手を加えて掃除をしてあげればとてもきれい。

お庭のアジサイ・・・状態の良いうちに取り込んでしまいましょう。

写真はthura家のお庭のアジサイ、元々普通の青いアジサイでした。

にほんブログ村 花ブログへ

2007/07/10

ラッキーバンブーにまつわる不思議な出来事?

去る7月7日は「七夕」・・・あまりピンっときませんでした。

オランダで過ごしている間にすっかり忘れてしまった行事?オランダに「七夕」ってあった?それすら忘れてしまうくらいの存在に・・・

みなさんの「七夕」はどんな一日でしたか?


その日、thura家では私がオランダで修行していた時に亡くなってしまった祖母の7回忌が行われました。

もう7回忌?とびっくりでしたが、当時の頃のことを思い出して身が引き締まりました。

オランダで修行生活を送っていた時に飛び込んできた”祖母危篤”の連絡・・・

仕事で海外赴任していらっしゃる方、留学中の方、結婚されて海外に住んでいらっしゃる方・・・遠く離れた母国からの家族のこの手のお知らせは辛いですね。

そのときなにを優先すべきか、当たり前の答えしかないのに、簡単に選択できない・・・複雑な心境でした。

この頃のことは BloemenVanThura HP 「Holland花留学」コーナー に書いています。



Luckybamboo06さて!しんみりしてしまいましたが七夕つながりで・・・??

「ラッキーバンブーLuckyBamboo」。(強引です)

日本でもお馴染み「ラッキーバンブー」「ミリオンバンブー」「萬年竹」「開運竹」などと呼ばれる、竹のような緑の植物。

クルクルっとなっていたり、棒状だったり、何本かが編んであったり・・・

正体は「ドラセナ・サンデリアーナ」というそうです。

オランダでも何年か前にとても流行った時期があり、クールな花束やインテリアに人気でした。

今でももちろん出回っています。

なぜ、いまさら「ラッキーバンブー」のこと?と思われる方も多いでしょう。

特に意味はなく・・・昔の写真を整理していたら1年前に撮影した私の「ラッキーバンブー」の写真が出てきました。

オランダのお部屋にある「ラッキーバンブー」です。


この子達が私のお部屋にやってきたのは今から5.6年前(忘れてしまいました)。

もともと2本の長い「ラッキーバンブー」(70センチくらい)だったのですが、半分に切って4本に・・・長い花器がなかったのです(泣)。

ところがその後ずっと不思議だなぁと思うことがあったのです。

なにが不思議って?

ガラス花器に水を入れてそこで育っている?のですが(もう根っこもウジャウジャ生えています)、水が全く汚くならないのです!

もちろんガラス花器もすっごくきれいなままなんです!

ここ数年間は日本とオランダを行き来しているため、あまりマメに面倒を見ていないのですが、日本に戻る前に水をたっぷり入れて・・・数ヵ月後にオランダに戻ると水は減っていますがきれいなまま、そしてもちろんバンブーも元気!

なんかすごくないですか?!

年に数回しかお水を替えないのに、水がきれいなままなんて!・・・浄化されてるみたいです。

最近は葉っぱもワサワサ伸びて随分大きくなっていたので、今年の2月日本に帰国する前に、”もっと栄養をつけてあげよう”と、お水に溶かす栄養剤を入れて帰国。

そして先日5月にオランダに戻ると!!!!!なんと6年目にして初めて!水が濁ってしまっていたのです。

その上、短い2本は枯れて(腐って?)しまいました。

久しぶりに1年前の写真を見つけ、この事実を思い出し再び反省・・・。

今は2本になってしまったバンブー、なんでもかんでも栄養剤を使えばいい訳ではないようです。

栄養剤を入れた後に初めて(!)水が濁ったので、栄養剤が原因では?と思っているのですが、もしかしたら最近の暖冬や暖春のせいだったのかもせれません。

本当の原因はわかりませんが、残念・・・

みなさんのところの「ラッキーバンブー」は元気ですか?

にほんブログ村 花ブログへ

2007/07/07

オランダチャンピオンの”たまご”

久々のブログ、オランダネタです。

約2週間前、私の先日のオランダ滞在の最終日、日本への出発前日までさかのぼります。


さらにその前の週、私が以前勤めたDeBloemenboogのボス・Peterぺーターより、「来週仕事を手伝わないか?」とのお誘い。

なにやらデモンストレーションをするらしいのですが、人とは違う大きな規模のデモを計画中でスタッフがたくさん必要とのこと。

「もちろん参加します!・・・で、いつ?」・・・すると・・・なんと私が帰国する前日ではないですか・・・

さすがにそれは無理・・・帰国直前は荷造りと出荷、集荷などに追われています。

その後連絡を取ってみると多くのスタッフが確保できたとのこと、よかった・・・。

残念でしたが、当日顔だけ出してきました。


場所はアールスメーヤ花市場敷地内のCultra(仲卸が集まる場所)内の大広場。

Cultrapeter070618その日はオランダの”ジュニア・チャンピオンシップ(予選)”が行われており、ペーターはその大会のゲストデモンストレーターとして、その大規模なプロジェクトを計画していたのでした。

床・壁から高いホールの天井まで張り巡らしたセロファンに、デルフィニウムなどの花びらを用いて白からブルーへの移り変わりの中に、今回のペーターのテーマ「正と死」を表現しているそうです。



さて”ジュニアチャンピオンシップ”(予選)、将来のオランダチャンピオンの卵たちです。

24歳以下のフラワーデザイナーの卵たちが、共通の花器、共通の決められた花材を用いて、それぞれの個性を発揮して作品を作っていました。

Comp0706181その後ペーターをはじめ数人の審査員によってジャッジされます。

私は結果は見ずにその場を離れてしまいましたので、また後日情報を入手したら報告します。

平たい花器2枚を使ったフラワーアレンジ、花束、ブラックのブリキポットを使った植物のコーナーに分かれて作品が展示されていました。


数点写真を撮ってきましたので、紹介します。

平たい花器を用いたアレンジは、どれも花器の色や雰囲気を生かして素敵です。

同じ花器からもこれだけ全く違う作品が誕生します。

Compdesign0706181Compdesign0706182Compdesign0706185






Compdesign0706183Compdesign0706184






現在のオランダではすっかり定着したトレンド(?)、お花や実、葉っぱにピンを挿す、あえて見せるデザインの一部としての資材の使い方が特徴です。

アレンジの中にある「石」のように見えるものは”カラーオアシス”を削ったものです。

決められた花材・資材のなかでの工夫です。


Comp0706182ブーケ(花束)の部では、審査員の目が厳しい!

ブーケ(花束)の仕上り、ブーケの裏側、ステム(茎)の処理の仕方、ステムの組み方・・・普通に上から見たらどれもきれいなブーケですが、審査員はどちらかというと裏側をチェック!

思いっきりブーケを振ったりもしますよ。

デザインは素敵で当たり前、個性があって当たり前、技術的な部分は厳しくチェックされます。


そしてブラックのブリキは縦に使うのはもちろん、横にして使ったり、逆さまにして使ったり、みんな個性を発揮します。

Comppot0706182Copmpot0706182








いかに人と違う作品を作るか・・・これオランダでは一番大事なポイントです。

ですが、何度も言うようですが、基本的な技術が求められ、できた上での”遊び・個性”の部分です。

こうして彼らの技術・個性は磨かれていくのですね。

にほんブログ村 花ブログへ

2007/07/02

鉄道と飛行機

まるで小さな男の子が喜びそうなタイトル。

昨日7月1日は、新幹線『N700系』デビューのニュースでにぎわっていました。

鉄道は子供だけでなく大人にとっても”ロマン”ですね。

そして今日のニュース・・・

本日7月2日から9月9日までテレビ朝日の長寿番組「世界の車窓から」で、”ベネルクス編”が放映されるそうです。

(”ベネルクス”とはベルギー・オランダ・ルクセンブルクの3国をまとめて呼ぶ名称)

私もオランダにいる間は大事な”足”となっているオランダの鉄道。

鉄道の好きな方、オランダにご興味のある方は是非見てくださいね。

010205centraalstation1きっと(私の願望)アムステルダムの赤レンガの町並みや郊外のかわいい家々、運河、風車、どこまでも”平ら”に広がる草原に羊と牛たち・・・オランダらしいきれいな映像が見られるのではないでしょうか。

チューリップ畑やきれいなガーデンのお花も見られるといいですね。

写真はアムステルダム中央駅、数年前に撮影したものです。(現在は工事中でこの姿は少しお預けになっています。)

放映される日程の半分くらいが”オランダ編”とのこと、楽しみです。


鉄道好きの私は、飛行機にもあこがれます。

ですが飛行機は好きでも、苦手・・・複雑な思いがあります。

最近こそ飛行機恐怖症?を克服しましたが・・・昔はひどいものでした。

克服するためにこの生活を、この仕事をしているのかな・・・とも思います。


さてそんな飛行機・・・予約をしなければ乗れません。

まだオランダから戻ったばかりなのですが、先日夏の計画を立てようと飛行機をチェック。

!!!8月って飛行機いっぱいなんですね!!!

わかってはいるけど・・・

次回の渡蘭では、これまでのマイルがたまり、特典航空券が使えます。

ですが!

お盆もあるため、私の予定していた8月中旬頃は、すでに!?かなり不可能に近いキャンセル待ち。

お盆時期が混んでいるのはわかるけど・・・

皆さん夏の予定、夏休みの予定っていったいいつからたてるのですか?!

そういえば、昨年夏も特典航空券(復路)があったにもかかわらず、予約が取れず、泣く泣くチケット捨てたんだった・・・学習しない私です・・・

どんな手段があるかあれこれ考えて、現在とりあえず席を仮に予約してみましたが、少しスケジュールが早まりそう・・・

展示会シーズンが始まるため、予定を遅らすわけにはいかないし・・・

皆さん夏の予定は早めに立てましょうね・・・(自分に言いかけています)

夏以降のスケジュールは確定したらお知らせいたします。

にほんブログ村 花ブログへ

2007/07/01

夏の戦い・・・

7月です!オランダから戻って10日が過ぎました。

先週の内に届いたオランダから送っていた商品たちを検品、写真撮り、ホームページへのアップ・・・部屋にこもってコンピュータの前で過ごしています。

すでにお問い合わせ、ご注文いただいた皆様、ありがとうございます。


冷房が苦手な私は「この夏こそクーラーを使わないで過ごそう!環境もためにも!」等と思っていたのですが、すでにギブアップ。

ですが、やはりクーラーの涼しさは好きではなく、クーラーのオン・オフを繰り返しています。

オランダのお部屋にはクーラーはありません。

扇風機だって数年前に初めて必要だと思った程度、なくても少し我慢すれば乗り切れる(暑くない日のほうが多いという意味)。

最近は温暖化のせいかオランダでも30度越えが続く日が度々あり、夏の間日照時間の長いオランダでは部屋の温度が体温を超えてしまうこともたまにありますが、一般の家でクーラーをつけているところはないのではないでしょうか?

公共機関、交通機関、ホテル、レストランなどは最近は?ほとんどクーラーがありますね、旅行で来られる皆さんご安心を。


Bloemenboog070608_1さて気になるオランダのお花屋さんは?

多くのお店は日本のようにお花のキーパーなどは使っていませんから、クーラーで店内を冷やしているところが多いと思います。

私の勤めていたお花屋さんでもクーラーを使い、年間通して16度になるように設定にしていました。(写真のような状態でお花を並べ、売っています。)

夏は涼しく冬は暖かく・・です。

お店では夏の間も冷えたので、私は長袖セーターで過ごしていました(笑)。

同じクーラーの中での生活ですが何かが違う、日本の暑さと冷房・・・集中力を欠くこのクーラーとの戦い、皆さんなにかいい対処方法ご存知ですか?


Ribbon07072Ribbon07073Ribbon07071



さてそんな中、昨日やっと今回仕入れた夏~冬用リボンを BloemenVanThura HP 「雑貨カタログ」へアップしております。

今回は展示会シーズンではなかったため、入荷は少ないですが、面白いアイテムもありますので是非覗いてみてください。

ちょっとまったりした今、気分を変えてたい、何か刺激がほしいと思っている皆さん、意欲的に秋冬アレンジの準備を始めている皆様、是非覗いて見てください。

お花のアレンジ、ウェディング、プリザーブド、ラッピング・・・いろんな場面で皆様のお花を引き立てるリボンたちです。

気になる商品がございましたらお気軽にお早めにお問い合わせくださいね。

よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 花ブログへ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析