« レインボーアジサイ | トップページ | 夏の「ハート」 »

2007/06/26

ストックローズ StokRoos

先日アムステルダムのお庭・オープンガーデンについて紹介しました(6月22日ブログ参照)。

オープンガーデンで見ることのできるお庭は建物の内側にあり、住んでいる人たちだけが楽しむことのできるお庭。

アムステルダムには多くのフラット(アパート、日本で言うマンション)がありますが、「お庭付きのお部屋」というのは1階(グランドフロア)に住む人だけの特典。

では私達が普段見ている、歩いているストリート側は・・・?

オープンガーデンの記事で紹介したようにアムステルダムらしい赤いレンガの壁となります。

ですがストリートと壁の間に小さな花壇(奥行30-50センチx幅2メートル±)がある所も多く、四季を通して(冬以外!!)季節のお花を楽しんでいます。

チューリップ・ヒヤシンスなどの球根花、バラ、クレマチス、アジサイ、ハーブ系のお花、ヨーロッパらしい草花(あれこれありすぎて・・・またいつか紹介します)、ヘデラなどのグリーン・・・

余談ですが、アムステルダムの地域によっては花壇から苗が盗難にあったりすることもあるらしく、素敵な花壇は作れない・・・なんて話を聞いたことがあります。


Stokroos0706そしてこの季節には・・・”ストックローズStokRoos”・・・日本では聞きなれない名前?・・・

日本でも初夏から夏に見られる”タチアオイ”(立葵・AlthoaeRosea)です。

アオイ科のお花・・・わかりやすいところで言うと”ハイビスカス”の仲間の2年草です。

穂状(縦に)にお花がつき、下から上に向かって順番に開花していきます。

夏にはどういうわけか、デルフィニウムなど穂状のお花が多いですよね。


アムステルダマー(アムステルダム人のことをそう呼びます)は、ストックローズが大好き。

6月中旬頃にはあちこちで2メートルをゆうに超えるストックローズがご主人の好みでしょうか、いそんな色のお花が咲き乱れます。

ちなみに5月中旬、私がアムステルダムに行った頃には、まだ地上30センチくらいで葉っぱだけの状態でした。

この1ヶ月間、毎日「グングン・・・」音がするほど(しません!)、すごい勢いで伸びていきました。

レッド、ダークレッド、ピンク、ダークピンク、イエロー、クリーム、ホワイト・・・そしてブラック等。

(個人的にはダークレッドやダークピンクなどダーク系のストックローズが好き、ブラックはかっこいいです。)

咲き方もいろいろ、一重・八重・万重咲き・花弁に細かい切れ込みガあるタイプ等・・・

本当にいろんなタイプのストックローズがあります。


私もアムステルダムのストックローズが咲き乱れるこの風景が大好きです。

8年前アムステルダムで最初に住んだ部屋はフラットの1階(グランドフロア)でした。

部屋の前にはやはり小さな花壇があり、オーナーは夏にはもちろん!ストックローズを育てていました。

当時言葉があまりできなかったので詳しいことは聞けなかったのですが、美しさを競う『コンテスト』があるとのこと(お庭なのかストックローズなのかは不明)。

オーナーは毎日愛情をこめて育てていたのですが、ある朝ひどい光景が飛び込んできました。

Moving0608上階に住む人が引越しなのか、荷物の上げ下げを下らしく、花壇はめちゃめちゃに・・・

(写真は参考写真、アムステルダムの屋根下に付いた滑車を使った引越し風景、アムステルダムでは日常的によく見られる風景です。是非アップにして見てください。)

せっかく育ったストックローズもお花をつける前にボロボロに無残な姿になっていました。

オーナーは泣いていました。

心無いことをする人もいるんだ・・・とオーナーと共に怒りが爆発した思い出もあります。


初夏になるとお花屋さんにはストックローズの鉢モノも出回ります。

私がお花屋さんDeBloemenBoogに勤めていたとき、常連のお客様に「ストックローズはまだ?予約しておくわ!」と入荷の催促をされたこともあります。

毎年のようにストックローズ愛好家?のお客様が予約して購入していたようです。

Stokroosbb0706左の写真は6月前半にDeBloemenBoogを訪れた時のものですが、ストックローズの切り花もありました。

咲き方や色が美しくて、うっとりしてしまいます。



皆さんのお庭にはストックローズ咲いていますか?

にほんブログ村 花ブログへ

« レインボーアジサイ | トップページ | 夏の「ハート」 »

コメント

ぷう様、コメントありがとうございます。
ぷう様もお好きだったのですね。
私は立葵は真っ直ぐグングン背丈が伸びる種類ではないかと思っております。
背が伸びすぎて、thura家(日本)ではあまり人気がありません。
だんだん自立できなくなって、ある時は2階のベランダに結びつけたり、庭の大きな木に結びつけたり、でも結局強風の日に倒れる・・・(悲)

今日本も盛りですね~。
でも景色が変わると全然風情が違いますね。
立葵と芙蓉の区別がイマイチわかりません。。。
ムクゲはわかるのですが^^;

昔は淡い色が好きでしたが、最近は濃い赤の
芙蓉が夏に似合って朝の通勤時の楽しみなんです☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/15562481

この記事へのトラックバック一覧です: ストックローズ StokRoos:

« レインボーアジサイ | トップページ | 夏の「ハート」 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など