フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« アンディウォフォールのデイジーAndyWarholDaisies | トップページ | アールスメーヤレポート 2007年5月 »

2007/05/26

お月様からもらった名前を持つお花・・・Lunaria

今回は久しぶりに輸入したお花の話。

オランダに来る直前にお花を入荷した時は「母の日」前でばたばたしていたため、紹介できずにいましたが、先日アールスメーヤの花市場へ行った時に、ブログで紹介したい・・・と思っていたお花を見かけたので、遅れましたがここで紹介したいと思います。

そんな訳で、写真は輸入後日本で撮影したものでなく、その時にオランダの市場で撮影したものです・・・ご了承くださいね。


Lunaria0705このブログを見ていただいている皆様は、お花関係の方たちがほとんどと思いますので、きっと皆さんどこかで見覚えがあるお花かと思うのですが・・・思い出しましたか?

ルナリアLunariaです。

Lunaria0705up そうです!2~3センチサイズの丸型扁平で半透明銀白色の”ルナリア”です。

そのフレッシュバージョン!鮮やかなグリーンで、みずみずしい状態・・・まだ小さなお花まで付いています。

オランダではこの季節、このフレッシュ状態で、ブーケ(花束)などにグリーン物(葉物)としてよく使います。

ルナリアLunaria・・・アブラナ科、欧州原産。

ルナリアLunariaの”ルナLuna”はラテン語の”月”という意で、写真でわかるようにお花の後にできる丸型のサヤからついた名前だそうです。

和名は「ごうだ草(合田草)」・・・1901年に東京美術学校教授の合田氏が種子をパリから持ち帰ったことに因んでいるそうです。

このルナリア、調べてみると別名が面白いほどたくさんありました。

想像してください・・・たぶん皆さんもいくつかイメージできたのでは?

銀貨草、銀扇草、大判草、ペニーフラワー(アメリカの1セント銅貨)、コインプランツ、シルバーダラー・・・・などなど。

サヤの形や色から連想される名前ばかり・・・なんでもあり状態ですね(笑)。


さて一般的によく知られている半透明銀白色のドライフラワーのルナリア・・・このグリーンの状態から一体どのように変化していくのか・・・あちこちググッてみました。

まずお花(赤紫の小さなお花だそうですが、上の写真は白いですが・・・?)が終わると写真のようなサヤ(果実)ができます。

その後サヤの外皮が種とともに外れ、銀白色の隔膜が残ります。

この隔膜が私達のよく知っているドライの”ルナリア”。

半透明で光沢もあって銀白色・・・ドライフラワーにぴったりですね。


Wholesale0705せっかくなので、この写真を撮影した時、周りにあったお花も何点か紹介しましょう。

(写真はアールスメーヤ花市場の敷地内にある中卸にひとつ)

私の好きなグリーン系でまとめてみます。

Greenaupergreen0705Greenhelleborus0705Greenferule0705




Greensilene0705Greenfigues0705Greenzaaddoos0705






上段1枚目:バラSuperGreen

2枚目:ヘラボラスHelleborus

3枚目:Ferule

下段1枚目:Silene

2枚目:いちじくFigues

3枚目:チューリップシード・スペシャルタイプ(2006年6月1日ブログ参照)


Luna0705話は月(ルナLuna)に戻ります。

先日夜空を見上げると三日月(ぐらい?)のお月様が。

その時、その月が「花王」のマークに見えました!

さすがに私の普通のデジカメでは無理でした。

「花王」の”月”って本当にあるのね・・・??

にほんブログ村 花ブログへ

« アンディウォフォールのデイジーAndyWarholDaisies | トップページ | アールスメーヤレポート 2007年5月 »

コメント

OHMY様、コメントありがとうございます。
引き続き調べてみます。
ですが、難しそう・・・
Lunariaについては、実は先日少しですが、英語のサイトやオランダ語のサイトも覗いてみたんです・・・
・・・でもなんだか難題ほど燃えますね。

thura 様

レス有難う御座いました。
riaリアの意は不明との事ですが、今まで何方も触れておられなかったようですので、もし分りましら教えて頂きたく宜しくお願い致します。 

色々とお調べ下さり有難う御座いました。  合掌

OHMY様、コメントありがとうございます。
ルナリアについては私もネットの情報をあれこれ見させていただき私なりにまとめました。
その中でriaの由来は今のところ見つけることができません。
私としてはラテン語の名詞や形容詞の独特の変化・活用なのでは・・・とも思うのですが、ラテン語に関してはまったく知識がありませんので、これも不明です。
ただ・・・興味はありますので引き続きあれこれ情報収集してみます。
なにか情報がわかればお知らせします。
もしどなたかご存知の方いらっしゃれば教えてください。

お訊ねしたいことが有り着込みさせて頂きました。

数十年ゴウダソウを育ていいたものですが・・・
LunariaのLunaは月の意ですが、riaは輝くとか光る意味があるようなことを、何十年か前に聞いたのか? 何かの本で読んだような思いをしております。

それで、Lunaは月の意がありriaは光とか輝く意があるのではと思ってきましたので、其のことを某掲示板に描いたところ、其の出展はと問われまして資料を捜しましたが?でした。

riaとはどんな意味があるのか?
ご存知でしたら教えて頂きたくお願い致します。 合掌

tasaさま、コメントありがとうございます。
日本では、フレッシュな(グリーン)状態のルナリア(切り花)、あまり見ないですよね。

姪御さんのお名前が採用されるといいですね。
いつ発表ですか?
自分の名前から名づけられた植物があるなんて、素敵ですよね。
白くて可憐なバラ・・・どんなバラなのか見てみたいです。

生のルナリアを始めてみました。
えんどう豆を足でつぶしてしまった感じ?各地で色々な名前で呼ばれているのですね。

地元のばらの丘公園でも新種にばらの名前を募集しておりまして・・・(白くて可憐なばらです)
私は姪子の名前をとって「美咲」と名づけましたが採用されるかな?
人間も植物も名前は重要ですね☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/15204475

この記事へのトラックバック一覧です: お月様からもらった名前を持つお花・・・Lunaria:

« アンディウォフォールのデイジーAndyWarholDaisies | トップページ | アールスメーヤレポート 2007年5月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析