« キューケンホフ Keukenhof 2007 | トップページ | オランダ春アレンジ from Keukenhof »

2007/04/21

万国共通・太陽の花ZonneBloem

Vincentcan新発売のジュース”Vincent”・・・ではなく、オランダからのお土産「ひまわり缶」です。

3月末に日本にやって来たオランダの取引先社長さんからオランダお土産にいただいた「ひまわり缶」。

オランダの有名画家ビンセント(フィンセント)・ファン・ゴッホVincentVanGoghの有名な作品「ヒマワリ」をイメージする、オランダらしいお土産です。

缶の中に入っている種を、缶の中にまくと、缶から芽が出てお花が咲きますよーっていうお土産、日本でもこんな感じのものありますよね。

オランダと日本を行き来している私ですが、自分ではなかなかオランダで自分用にお土産を買わないので、なんだか嬉しくて大事に育てようと決心。

だったのですが、テーブルに置いてあった「ひまわり缶」を見つけた母が、すでに缶を開けてプランターに種をまいていました・・・


オランダの”ひまわり”(切り花)について・・・今までこのお花ブログに登場したことがないのでたまにはこんな一般的なお花も紹介しましょう。

オランダにももちろん”ひまわり”があります。

英語で”SunFlower”、オランダ語でも”ZonneBloem”・・・どちらも”太陽 + 花”の意味。

日本語でも”向日葵”といいますから・・・万国共通ですね。

日本にはタンポポくらいの小さなものからお日様のような大きなものまで(お日様サイズはさすがにない!)、レモン色からダークな色までいろいろありますよね。

名前もとても魅力的なモノが多いです。

ですが、オランダはというと・・・アールスメーヤの様子を見ると一目瞭然ですが、大部分が一般的な大きくて黄色い、それこそお日様のようなヒマワイが大量に出回ります。

(アールスメーヤの写真探しておきます、なかったらまた夏に撮影して紹介しますね。)

サイズは直径20センチくらいのもので茎もとーーーても太く直径3センチくらい!丈も70センチサイズ・・・そしてとても重い。

(こんなサイズを中心にいろんなサイズがあります)

こんな大きくて長くて重いヒマワリを10本単位で花束を作ります。

重くて腱鞘炎になりますよ!(丈があって頭が重いので・・・)

茎なんて10本束ねたら両手で持たないと持ちきれないくらいの太さ。

こんな花束を二つ自転車で配達・・・ってことも。

自転車に乗って生まれてくるオランダ人と違って(オランダの方スミマセン)、両手を離して自転車を操るなんてできないし、こんな重い花束を自転車にくくり付けたらバランス取れなくなってしまうし・・・

夏のヒマワリ花束づくりと配達は体力が必要です。

そしてなによりお店にあるヒマワリのバケツが重い!

バケツにはそんなヒマワリが何十本入っていて、水も入っているし、飾るときはお花のエリアの奥の上のほうになります。

お店のお花の飾り方のイメージは BloemenVanThura HP 表紙の写真を参考にしてください。

オランダのお花屋さん時代、高い位置で支えきれなくて何度か頭から水をかぶりました・・・これホント。

世界一背の高いオランダ人には胸の高さでも私には頭の上だったりするんですよ。

そんな夏のシーンをふと思い出しました。


さて今日からしばらくこのヒマワリを観察しましょう。

今日は14の双葉ちゃんがでていました。

種をかぶっているものもありかわいいですね。

何十年ぶりでしょう・・・ヒマワリ観察なんて。

Antonsunflower070421_1 にほんブログ村 花ブログへ

« キューケンホフ Keukenhof 2007 | トップページ | オランダ春アレンジ from Keukenhof »

コメント

yujiさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ヒマワリは茎も一緒に太陽に向かって回っているのですか!?
植物はすごいですね。
これから作るという2メートルのヒマワリは出荷用ですか?
これから育つのが楽しみですね。

ヒマワリは原産地は北アメリカと言われてます。
インデアンたちは、このヒマワリを重宝して、種は食用に、花や茎は土器の染色に、根は薬用にといろいろとつかっています。
ロシア種(芯が黄色でふさふさしたの*無駄にでかい)や一年草や多年草などなど・・・
60日タイプや100日タイプがあり、栽培も容易な短日植物です。
日本にもとっても大きなのはありますよ。
ほとんどが、飼料用や景観植物としてですが。

流通では、分枝系や小型わい性品種がおおいと感じます。

ちなみにほんとうに太陽のほうを向いて一日生活するので、ひまわりです。
日中ぐるっと太陽とともに茎を反転させますが、夜に反転した茎は元に戻り、また日の出とともに太陽を目指すのです。。。

ちなみに、2mのヒマワリを作ることにしました。
へへへ~おれよかでかいって☆

G.G.様、コメントありがとうございます。
もう(4月)ヒマワリご指定の花束ですか?
ヒマワリお好きな方の26歳のお誕生日でしょうか?
大輪のヒマワリの花束は茎の太さも大変ですが、お花の向きも大変ですよね。
考えただけでも腱鞘炎になりそうです・・・

ひまわりは印象の強い花。
好きなことは好きだが

3日前

ひまわり26本と他にあわせてっという注文がはいった。電話を受けた天使さんはじゃよろしくと飛んでいった。

別に難しいことじゃない
けど手が親指が
つりそうになりました。

結局手でつかめない大きさになり
寝かせて起こしてを繰り返す。

とすると何がおきるかってわかりますよね

ひまわり君は自分の向きたいほうを向く。
いい花なんだけど20本くらいまでが楽しく作る限界。

20センチもあったら本当に10本でも見事だろうな。
手は痛くなりそうですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/14797387

この記事へのトラックバック一覧です: 万国共通・太陽の花ZonneBloem:

« キューケンホフ Keukenhof 2007 | トップページ | オランダ春アレンジ from Keukenhof »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など