フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ解析


無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/31

花の都に”ニセジャポ”の嵐・・・パリ

Mo07011_1フランス・パリにて行われたメゾン&オブジェ(Maison&Objet)に行ってきました。

インテリア・テキスタイル・テーブルウェア・ガーデン・ギフトなどの展示会です。

1月26日~30日に開催されていましたが、私はスケジュールの関係で、パリに1泊、会場へは1日だけ・・・ということで緊迫した?1日となりました。

Mo07012商談だけでなく、あたらしいモノを見たり、センスのいいディスプレイ、斬新なアイデア等を見るのは、本当に勉強になります。

会場では基本的に写真を撮る事ができないのが残念です。


今年は日本でもオランダでも世界中?で暖冬ですが、パリも暖かい。

オランダからタリスThalysという電車で到着するパリ北ParisNord駅では、冬はいつも足の指が凍えるほど寒く、かじりついて離れたくないストーブが、今年は全く必要なし!という感じでした。Parisnord07011Parisnord07012_1





さて今日のタイトル「ニセジャポ」とは・・・「花文化」ではなく「食文化」について。

世界的に日本食ブームの今、ニセモノの日本食レストランが街に氾濫しています。

そんなレストランのことをフランスでは「ニセジャポ」と呼ぶそうです。

オランダでもたまに見かけますが、パリはすごい。

訪問するたびに「ニセジャポ」がものすごい勢いで増えています。

メニューがわかりやすい為か、値段がお手ごろな為か、雰囲気か・・・?、すごく流行っています!

間違った日本食が浸透し始めていている問題に対して、フランスでは日本貿易振興機構(ジェトロ)パリセンターと有識者12人から成る「日本食レストラン価値向上委員会」による、「日本食レストラン推奨店制度」ができたそうです。

今回パリでの食事は日本食。

もちろん「ニセジャポ」・・・ではなく、この制度で推奨されているお店へ。

安心しておいしい日本食が食べられます!

ですが、過去に何回か「ニセジャポ」で食事をしたことがあります。

「ニセジャポ」は一人で簡単に食事をしたいときなどに利用しやすいのですが、味・・・というかそれ以前の問題で・・・

「これが”日本食”として外国に浸透してしまって良いのか・・・?」という疑問が残り、後味はあまりいいものではありません。

Nisejap07011

Nisejap07012

私がパリでいつも利用するエリア6区には、こんな看板の「ニセジャポ」が日々増殖しています・・・

にほんブログ村 花ブログへ

2007/01/27

99 TulipBulbs・・・チューリップ球根は99

Yellowtulip070126_1タイトルは昔は流行った「ロックバルーンは99 (99 Luftballons)」風にしてみました。

(時代がばれます・・・)

写真はアールスメーヤ市場を歩いていて出会ったチューリップたち。

球根から5~10センチの丈でコロッと花が咲いています。

球根と葉っぱと花のバランスがなんとも可愛いい姿です。

この状態で売られているものなのか、暖かくて花が咲いてしまったものなのかは不明です・・・


さて今日のキーワード「99」は、個人消費(お土産など)でオランダから日本へ持ちこむことのできるチューリップの球根の個数です。

オランダに駐在の日本の植物検疫官の方とお会いする機会があり、確認してみました。

以前お土産でチューリップの球根を持ちかえろうと思い問い合わせたこともあったのですが・・・ずっと疑問だったのです。

「99」個はチューリップ全部で「99」個なのか、1種類につき「99」個なのか・・・

答えは1種類につき「99」個だそうです!

お土産やさんで10個入りのパッケージだったら、同じ種類のチューリップで9袋(10袋だと1個オーバー)買えます!

たくさんの種類のチューリップ球根が売られているので、同じ種類ばかり買いたいと思う人はそんなにいないか・・・

こんなこと疑問に思っていたのは私だけかな・・・?

これからオランダは観光シーズン、観光にでかける方はこれで安心して球根を持って帰れますね!?

ですが、オランダにもチューリップ球根が売られていない時期(初夏頃?)があるような気がします。要注意!

オランダで売られている球根でもお花の種類によって規制が違うようです。

お土産にする前に植物検疫機関に確認してくださいね。


Roses070126 久々にお花ブログらしくお花の写真。

アールスメーヤの花市場からオランダ色のバラの一コマ。

オランダ色のお花が恋しい・・・

Bloemen070126

最後の写真は暗い写真になってしまいましたが、新種のバラ。

おためし用に頂いてきました。

名前は・・・また確認しておきます(すみません)。

グリーン+イエローのコロットしたバラ・・・

咲き方をチェックしてみないとわからないけど、アバランチェ系?(希望)・・・

にほんブログ村 花ブログへ

2007/01/24

アムステルダムで思う”すごい”こと・・・

数日前から、やっとオランダの冬らしい気候になってきました。

先週までは朝も夜も10度!なんて温度計の数字を見ながら、急ぎ足で忍び寄る地球温暖化に危機を覚えていましたが・・・

Mdmidden070122 今週はいっきに寒くなり-5~+2、3度とのこと。

中途半端な寒さと雨の毎日より、ぐっと寒くてスカッと晴れてる冬らしいオランダの天気が好きです。


1月も後半、最近はオランダにいながらも事務仕事だったり、あれこれの手配だったり、調べモノなど・・・地味な仕事が中心で、ブログに書くようなこともなく・・・

そんな平凡な日常を送っていますが、これまでの生活と強烈に違う何かを感じています。

それは”インターネット”。

「何を今さら!」と言われるかもしれません、私自身もそう思うのですが、それでも”すごい!”と思わされる日々です。

具体的にいうとインターネットを通しての”人々との出会い”です。

ブログ、HP、Mixi などを通して「オランダ」「お花」に関係する様々な熱い想いを持った方達と出会いました。

出会いだけでなく、その出会いを通して”学ぶ”ことがどれだけ大きいか・・・まさに”すごい!”

8年前にオランダに来てから、孤独な?お花の修行時代を過ごしていた頃に、こんな環境があったらよかったのに・・・今の環境がちょっとうらやましく思えたりして。

オランダに来るたび?に行われる2006年夏からはじまったオフ会(花業界を熱く語る会?)のみんなもネットを通しての出会い。

私がオランダ修行時代を過ごしたお花屋さんBloemenboogにて、現在修行中の日本人女性 I さんとお会いすることができたのも、ネットを通しての出会いからでした。


そうなんです、右も左もわからなかった私が Bloemenboogで修行をした日本人”先輩?”というか”過去の人物”になりました。

月日が経つのは本当にはやいです。

I さんやオフ会のみんなのように、現在オランダで頑張っているみんなに負けないように私も頑張らなきゃ・・・身が引き締まります。

下の写真は後輩!? I さんとアムステルダムデート?で歩いた「シンゲルの花市」の風景です。Singel0701231Singel0701232_1

うっすら暗い空は午後5時半ごろ。

真冬に比べると明るくなりました。

後ろにそびえるのは”ムントタワー”です。


文章中に「先輩・後輩」という言葉を使っていますが、時間経過の上で愛情を込めての「先輩・後輩」の意味で、上下関係の意味は全くありませんので、念のため。

にほんブログ村 花ブログへ

2007/01/19

街路樹の運命・・・1月の嵐Amsterdam・・・

Storm070101月18日(オランダ)のこと・・・

「うわっ!何これ!」この日はこんな言葉からはじまりました。

外を見ると、ゴミやいろんなものが吹き荒れる暴風雨の”嵐Storm”でした(写真は私の住まいから撮ったもの)。

暴風雨(嵐)は午後にはさらひどくなり・・・

歩いて数分のスーパーマーケットに行くのでさえ、暴風雨の合間に急いでいっても、途中前も見えないような暴風雨にあい、通り沿いのお店で待機する羽目になったり(もちろん傘はさせません!)。

さっきまで暴風雨の中でも、普段よりかなり低空の着陸体制で飛んでいく飛行機を見かけたけど、今はもう飛んでいない様子・・・(空港もクローズ)


夜には友人と会うことになっているが、行けるのだろうか・・・

オランダのテレビのニュースをみると、NS(国鉄)も運休、飛行機も・・・木が倒れたり、車がその下敷きになったり、トレーラーがひっくり返ったり、クレーンが倒れて建物が壊れたり、ガラスや屋根や庭のオブジェが吹き飛んだり・・・各地でかなりの被害がでている様子。

心配しながら外を見ていると、どうやら家の前を走るトラムもとまってしまった・・・

しかし、トラムが動いていないため、いつもより多くの人がストリートを歩いていて・・・「大丈夫かも」・・・逆に安心感がうまれたりして?雨もやんできたし・・・


ということで思いきって出かけることに。

すると!家の前の街路樹の2本隣の木が被害に遭っていたことが判明。

のんきに家の窓から外を眺めている場合ではなかった!

家の前の街路樹が被害に遭っていたら・・・と思うとゾッとします。

その様子がこちら。

強風の中、見たことのない重機で街路樹をいくつかのパーツにわけて切っています。

Storm07011_2Storm07012_1Storm07013_2







見物人もいっぱいで、現地の方達(オランダ人)も携帯電話などで写真を撮ったりしていました。

はじめて見た”木をつかむ重機?”や作業行程には私も思わず足を止め、野次馬に。

そして嵐が去った後の姿は・・・

Storm07014

もともと5階建てのアパートより背の高かったこの街路樹。

何十年?もかかって成長したのに・・・自然は厳しい・・・

にほんブログ村 花ブログへ

2007/01/17

ヨーロッパチャンピオンへの道

Flowerbag_1ヨーロッパの展示会シーズンがはじまりました。

私も早速先日行ってきました。

これから2月中旬にかけてあちこち行く予定です。

左の写真はラッピング関係の問屋さんがデモンストレーションで使っていた新商品のお花用バッグ・・・お土産に?いただいたもの。

ここのラッピング屋さんのデモンストレーションでは、斬新な花束のラッピングやアイデアグッズを用いたラッピングなど、日本ではまだまだ受け入れられない色の組み合わせやブラックを用いたものなど、見ることが出来ました。

デモの様子も商品の写真もお見せできないのが(会場内は写真は撮れません)残念です。


さて、今回のタイトル「ヨーロッパチャンピオンへの道」・・・その展示会会場では、今年9月にスロベニアで行われるわれるヨーロッパチャンピオンへの選考会結果が作品と共に発表されていました。

これは昨年11月にHortiFair会場で行われていた競技会で選ばれた2006年オランダチャンピオンと2005年オランダチャンピオンSjaccoGerritsen、2004年オランダチャンピオンMartinGroenの3人で競われていたもの。

Bert1BloemenVanThrua HP のHolland情報HortiFair のコーナーでも、11月HortiFairのオランダチャンピオン選考会の様子を写真と共に紹介していますが、その後の結果がわからないままでしたのでちょうど良かった!?

11月のHortiFair会場(2006年)で左の作品を作っていた男性BertKlompsが2006年オランダチャンピオンになったようです。


さて、今回の3人のオランダチャンピオンによる競技は、それぞれ大きな3作品をそれぞれのテーマにあわせて作成。

1つ目は白い花器と球根(花)を使った作品、2つ目は黒い花器2つと”菊”と”アンスリウム”を使った作品、3つ目は”ガウディ”がテーマのようでした。

そしてヨーロッパチャンピオンへの道へ一歩踏み出したのは2005年チャンピオンのSjaccoGerritsenさんでした。

写真は優勝したSjaccoさんの作品です。

Sjacco3Sjacco1_2Sjacco2_1にほんブログ村 花ブログへ

2007/01/13

オランダより・・・クリスマスツリーのその後

Air070111さあ、オランダにやってきました。

写真は日本上空、快晴青空・・・アナウンスで富士山が見えるとのことだったのでカメラを構えました。

しばらくしてやっと見つけた山は富士山ではなさそうです・・・

この写真を見てもわかるように、「今日は飛行日和だなぁ」なんて思っていら・・・オランダ・スキポール空港着陸1時間くらい前に「これから相当の揺れが予測されます」「風速40メートルの風が吹いている場所を通過します」なんてアナウンスが・・・

焦りましたが、思ったほど揺れがひどくなくて助かりました。



さて2007年オランダからのレポート第一弾は「クリスマスツリーのその後」について。

2006年12月13日ブログで少し触れていますが、1月半ばごろになると、クリスマスツリーがゴロゴロ捨てられ始めます。

昨日今日とアムステルダムの私の住まいの近所を歩いたら、早速いくつかのクリスマスツリー達と出会いました。

役目を終えたクリスマスツリー達です。

Kerstboom1

Kerstboom2Kerstboom3







Kerstboom4Kerstboom5Kerstboom6




1メートルはある大きなクリスマスツリー達がゴミ収集場所(木の根元)や常設されているゴミ箱(緑色の箱、写真2段目の真ん中や右の写真)側に、ゴロッと転がっています。

クリスマスツリー達、お役目ご苦労様でした・・・

にほんブログ村 花ブログへ

2007/01/08

2007年もよろしくお願いします

明けましておめでとうございます。(少し遅くなりましたが・・・)

みなさんはお正月気分はもう抜けましたか?

私は年末年始に8年ぶりの”スキー"へ行ってきました。

オランダでの生活を始める直前に「スキー滑り収め」をして以来の8年ぶり。

スキーの感覚も忘れているだろうし、なにより体・筋肉の衰えがひどくて、スキーどころではない!と思っていましたが・・・

あら!まるで昨日のことのように滑れるじゃない!!

ちょっと嬉しい2007年のスタートでした。


このブログはオランダからスタートする予定でしたが、まだ日本にいます。

オランダに出発する前にお知らせです。

BloemenVanThura HP いくつかのページを更新しています。

是非お時間のあるときに覗いてみてください。

更新した項目は「Holland情報」の中の下記の内容です。

◎アムステルダム情報 2006年8-9月

◎アムステルダム郊外 2006年9月ザーンセスカンスZaanseschanse

◎アムステルダム情報 2006年11月

◎オランダ問屋さん情報 2006年11月


そろそろ「オランダベルギー◎日間お花巡り」なんて旅行のパンフレットが並ぶ季節ですよね。

今年こそオランダに行ってみようと思っている方、すでに行かれた方、オランダってどこ?って方も、是非 BloemenVanThura HP に紹介しているきれいなオランダの写真見てくださいね。


それでは今年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログへ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など