« ブラックマニア!? | トップページ | お庭にひとついかが? »

2006/12/09

枝ものの進化・・・?

ここ数年オランダのトレンドは”BringBring”。

”キラキラゴージャス”そんなキーワードのデコレーションが大流行。

もちろんお花そのものもBringBring!

特に寒く暗くなるこの季節は(オランダでは)そんなBringBringが楽しく、外の寒く暗い景色を見て沈みがちな気分も盛り上がります。

枝ものの加工といえば、日本でも染めたものやラメ付き、最近はスノースプレーが吹き付けてあるようなものとかも見かけます。

ですが、オランダでは!今年ここまで来てしまいました。

Cornusblack_1スパンコール(みたいなもの)やビーズ(みたいなもの)付きです。

どんな枝にもびっしりスパンコールが!

今回入荷したのはヤナギのブラックですが、どんな色でも(ホントに!)流通しています。


Cornusblackupアップでみると左のような感じ、びっしり スパンコールみたいなものが張り付いています。

スパンコールみたいなものの一粒の大きさは3ミリくらい。

これが室内の照明の下ではとってもきれいなんです。

昨年はベルベット加工の枝ものが大流行(今年も健在)でしたが、こんなものまで枝に付いちゃったら来年は何が付くのだろう・・・もうこれ以上くっつくものなんてなさそう・・・

ということは、来年からは逆にシンプルナチュラルかな・・・?

それとも想像を超える加工がまだ来るのかな・・・?

下の写真は以前入荷したドライのカール加工の枝もの、ゴールドとブラックです。

Curlyspan

Curlyspanup1

Curlyspanup2










Aalsmeerビーズつきのものは入荷していませんが、アールスメーヤの市場では左の写真のようにズラーーーーッと並んでいました。

先月の見本市でオランダのデザイナー、MartinGroenマーティン氏がデモンストレーションで思いっきり使っていました。

ビーズ付きのものもいろんな色がありますが、マーティン氏はこのとき個性的なパープルでアレンジしていました。

Hfmartin1

Hfmartin2Hfmartin3

見本市のマーティン氏のデモンストレーションでは、最新の花材資材を使ってのアレンジで、とても楽しかったです。

上の写真のようなBringBringばかりでなく、もちろんナチュラルっぽいものもありました。

そのときの写真も撮りためていますので、近日中に BloemenVanThura HP にアップしますね・・・毎週言っていますが、もう少しお時間くださいね。

にほんブログ村 花ブログへ

« ブラックマニア!? | トップページ | お庭にひとついかが? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/12992883

この記事へのトラックバック一覧です: 枝ものの進化・・・?:

« ブラックマニア!? | トップページ | お庭にひとついかが? »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など