« 加工バラ~Newバージョン~ | トップページ | 秋の代表Quercus ~オーク~ »

2006/10/07

春が来た?

各地で秋祭り開催お知らせのポスターを見かけます。

すっかり秋を感じる毎日です。


ですが!今日は春のお花を紹介します。

Tulipmontecarloオランダの花市場ではそろそろ春のイメージのお花が出始めました。

私も早速春のイメージのお花、チューリップ、ヒヤシンス、ラナンキュラスを入荷しました。

写真のチューリップはMonteCarloモンテカルロという八重咲きのチューリップ。

半年ぶりのチューリップ、久々に見てもかわいい!

まだまだ日本では需要が少ないと思いますが、オランダでは寒くなるこれからクリスマス、年始にかけて、暗ーく寒ーく長ーい冬を明るく楽しく彩るお花達です。

RanunHyacinthラナンキュラスOrangeElegance

ヒヤシンスFondant




この季節にチューリップを販売していると、「チューリップってもつの(花モチはいいの)?」と聞かれます。

ご存知の通り、チューリップって花モチ決して良くないです。

暖かかったり、明るいと、早く咲く(開く)花・・・咲いたり閉じたりしながらいずれ散ります。

短い命です。

でもチューリップってそんなお花です。

短い命だからきれいなんです!

余談ですが、丈の長いフレンチチューリップの花モチはずっといいですよ、ホント。

チューリップに花モチを期待するのって何か違う気がします。

チューリップは可愛さや季節感(日本の場合は春、オランダでは冬)を求めるお花です!

もし「チューリップ、モチますよ」なんて言うお花屋さんがいたら不信感抱くべき。

いろんなお花がありますが、それぞれの個性・特性を活かした使い方、飾り方、提案の仕方があります。

チューリップの場合、咲く(開く)お花なのだから、最初からそんな姿をイメージして飾ってみては?

よく見ると咲いた姿がびっくり!(めしべやおしべの色とのコントラストとか)って発見がある場合もあるし、八重咲きチューリップは咲いた姿もシャクヤクのようでかわいいです。


人間の都合をお花に押し付けるのはあまり好きではありません。

オランダのお花屋さんに勤めていたとき、お客さんに、花モチが悪いお花を「モチますよ」なんて言うな!とボスに言われました。

お花の個性・特性を知って、それを正しく伝えるべきということでした。

だからお客さんもお花に対して正しい知識があるし、お花に個性・特性以上のものを求める人はいなかったなぁという印象です。

花モチはもちろんいいほうがいいですが、それ以上を求めたり、自然のものなら傷があるのはあたりまえ、絶対傷を許さないとか・・・それにあわせて改良したり・・・それは人間の都合です。

オランダと日本のお花の文化ってそんなところが大きく違う気がします。

今日はちょっと辛口ブログ・・・

にほんブログ村 花ブログへ

« 加工バラ~Newバージョン~ | トップページ | 秋の代表Quercus ~オーク~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/12185669

この記事へのトラックバック一覧です: 春が来た?:

« 加工バラ~Newバージョン~ | トップページ | 秋の代表Quercus ~オーク~ »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など