« ベルベットビーンズ Lonchocarpus | トップページ | サンセベリア »

2006/10/25

オークリーフのいろいろ

オランダではだんだん寒く暗く・・・典型的な秋の雰囲気になってきたようです。

日本はもうすぐ11月だというのに、暖かいですね。(地域によるかな?)

朝晩はさすがに寒くなってきましたが、暑いです。

オランダに住んでいた頃、まるで雨季のようなこの季節のお天気が一番嫌いだったのですが、今日本にいてこんなに暑いと、ちょっとオランダの秋が恋しくなったりして・・・(ないものねだり)


Oak2_110月8日のブログにも紹介しましたが、オークリーフ。

秋の代表的な花材です。

オリジナルは緑色の葉っぱ(2005年10月20日ブログ参照)。

写真は紅葉したもの・・・ではなく赤加工(吸上げ)です。

実際、赤や黄色に紅葉したオークリーフも流通しています。 

じゃあ、自然のものでいいじゃない!という話もありますが、自然のものと吸上げとものでは、色、雰囲気、質感、ドライになった後の色や雰囲気など、微妙に違います。

いずれはドライになるオークリーフ、用途に合わせて選ぶのがいいと思います。


Oakpink2そして先日10月8日ブログで紹介した「 シャイニー加工」のオークリーフ。

こんな色はいかがですか?「パープルピンク系シャイニーオーク」です。

今年は他にもいろんなきれいな色のオークリーフが流通しています。

イメージ変わりますよね。

これなら資材感覚で葉っぱだけをアレンジやリースに使えます。

キラキラしていてこれからのクリスマスシーズンに使えそうです。

ペンキ?はサラットしたタイプで、全く匂わず、手につくこともありません。

でもその特殊な塗装のせいか、自然のものや吸上げ、今年も人気の黒加工(2005年10月26日ブログ参照)のオークリーフに比べ、ある程度の時間がたつと葉っぱが散りやすいのが残念。

このオークリーフ、ドライにもなるし使いやすく、また今年はいろんな色、タイプが流通していて、クリスマス時に使える!と期待される方もいらっしゃる思いますが、オークリーフ自体が冬には出荷が減ってきます。

オークリーフが流通するのは、やはり秋なのです。

オランダ・ヨーロッパではクリスマスに向けての期間、クリスマスをもっと楽しみます。

クリスマス時に活用するのではなく、今からクリスマスまでを楽しみましょう。


Quercusblack2オランダのお花屋さんで働いていた頃は、秋の花束にはもちろんですが、葉っぱだけを集めておいて、お店にまいて秋の雰囲気を作ったり、貼って繋げてオリジナルガーランドを作ってデコレーションしたり、フレームを作ったり・・・楽しかった思い出がいっぱいです。

にほんブログ村 花ブログへ

« ベルベットビーンズ Lonchocarpus | トップページ | サンセベリア »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/12459291

この記事へのトラックバック一覧です: オークリーフのいろいろ:

« ベルベットビーンズ Lonchocarpus | トップページ | サンセベリア »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など