« パリが少しだけ好きになった夜 | トップページ | 趣味とお花の共通点 »

2006/09/10

アイルランドの人々の人情に触れ・・・

今から7年程前、オランダ生活を始めた最初の頃の2.3ヶ月間、アイルランドのお花屋さんで研修をしたことがあります。

そのときお世話になったお花屋さんのオーナー、トミーとフランシス。

私がアイルランドを離れてからは、オランダのお花の見本市にトミーとフランシスが来たことがあり、そのときにアムステルダムで会って以来6年。

オランダからなら近いのでいつでも会いにいける・・・そう思い続けながら結局会いに行くことなく・・・。

今年の1月トミーが亡くなってしまい(1月27日ブログ参照)、これまで一度も会いに行かなかったことをすごく悔やみました。

フランシスにはそのときに電話をし、お悔やみの手紙を送っていました。


先日そのフランシスから「アムステルダムに行くわよ」と電話が。

ということで、この度フランシスと6年ぶりに会うことができました。

フランシスのお嬢さんS、現在フランシスのお店で働いているという日本人Tさん(元研修生)、以前フランシスのお店で研修をしたという日本人Mさん(現在オランダ在住)と5人で、アムステルダムで会うことができました。

フランシスとは6年ぶり、きっとトミーを亡くして元気をなくしていただろうフランシス・・・でも相変わらずな様子。

私を見た途端、「髪が長ーーーい、茶色!」と大はしゃぎ。

いいえ、フランシス、私は当時も髪は今ほどではありませんが長かったですよ。

持って行った当時の写真でも証明。

抱き合って涙ぼろぼろ・・・なんて事はなく、なんだか拍子抜け。

でもこの調子で思い出話、アイルランドの話、経済の話(アイルランドの方達、この手の話が好きそうです)、仕事の話、花の話・・・盛り上がりました。

いつかそのうちに渡せると身近に置いていた7年前!の写真、その中には会うことが叶わなかったトミーと、フランシスのベストショットもあり、早く渡したかったのですが、やっとそれも叶いました。

フランシスのお店の研修生第1号(インターンシップ)だった私の話は伝説?のように語られているらしく・・・初対面だった日本人のお二人は私の名前、存在はよく知っていたようです。

一体どんな人物をイメージしていたのでしょう、ちょっと怖い・・・。

そして現在正社員としてフランシスのお店で働いているTさんが、フランシスのお店で受け入れた最後の研修生(9人目?)なのだそうです。

フランシスは「研修生第1号のNaomiと最後のTさんがここでこうして会うなんて、何かを感じるわね」みたいなこと言っていましたが、ほんと面白い縁。


フランシスが”天ぷら”が食べたいとのことだったので、5人で日本食レストランで和食とワインで盛り上がりました。

アイルランドのお二人は生魚がだめだそうで、おすしもお刺身もだめ・・・残念。

アイルランドにはあーーーんなにおいしいサーモンがあるのに、生魚を食べる習慣はないのですね・・・

ちなみに同じヨーロッパ人でもオランダ人は結構生魚大丈夫みたいです。


そしてすごく抽象的なことですが、アイルランドの人々の感覚、人との距離感、(いい意味での)気の使い方、いろんな部分が日本人と似ています。

オランダ、オランダの人たちは結構違います。

(◎◎人は・・・と決め付けるのは良くないのですが、少なくとも私の関わっている環境では)

これは7年前にアイルランドに住んだときから感じています。

アイルランドの人たちはすごく人情味があります。

私は普段オランダでの生活の中では、ドライな感情・関係で過ごしていますが、アイルランドの人たちの人情にふれ、少し人恋しくなってしまいました。

今回は本当会えてよかった。

今度こそ私がアイルランドに遊びに行きますね。


アイルランド時代のストーリーは BloemenVanThura HP の「Holland花留学」内の「番外編アイルランド」のコーナーで紹介しています。

にほんブログ村 花ブログへ

« パリが少しだけ好きになった夜 | トップページ | 趣味とお花の共通点 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/11874303

この記事へのトラックバック一覧です: アイルランドの人々の人情に触れ・・・:

« パリが少しだけ好きになった夜 | トップページ | 趣味とお花の共通点 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など