フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オランダのお花ブログINDEX

無料ブログはココログ

« スプレーバラHistory | トップページ | チューリップシード(フレンチバージョン) »

2006/06/29

ガーリック!AlliumKnoflook

Alliumknoflookクルクルのグリーンのライン・・・これも夏のお花、アリウムの種類。

”Knoflook”といいます。

”Knoflook”とは・・・オランダ語で”ガーリック(にんにく)”の意味!

オランダに住んでいたとき、この”Knoflook(クノフローク)”という単語は、音(発音)もおもしろいし、スーパーでもレストランでも必須なため、早い時期に覚えた単語です。

にんにくらしい苦い香りが漂います。

この”Knoflook”と大量のアリウム類がオランダから到着した時には、その箱はかなりにおっていました・・・

お料理なら、特に夏は”にんにく”の香りはおいしそうだし、元気が出ますが、アレンジや花束には・・・と心配な方、茎を切るのはお早めに。

茎を切ったあとはニオイがきつくなりますが、ご安心を。

本当に時間がたてば、ニオイは飛びます。

ですが、空気の入れ替えがしやすい場所で作業することをお勧めします!?


Alliumknoflookup今日入荷したものは茎がクルクルしていますが、これはおそらくわざと茎をくねらせていると思います。

その茎の先に小さくて細くて長いふくらみが。

写真をアップにしてみてください。

この中にお花があります。

ということは、このふくらみがつぼみですね。

1~2週間(環境にもよりますが、予想)ほどで、ふくらみの付け根が少しずつ裂けてきます。

そして今のこの個性的な姿とは似つかぬ白い可憐な!花が出てきます。

自然に咲くのを待てない場合は、ふくらみの部分をめくってしまいましょう。

今の雰囲気とはまたちがう雰囲気で使うことができる2度おいしい花材です。

にほんブログ村 花ブログへ

« スプレーバラHistory | トップページ | チューリップシード(フレンチバージョン) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/10757435

この記事へのトラックバック一覧です: ガーリック!AlliumKnoflook:

« スプレーバラHistory | トップページ | チューリップシード(フレンチバージョン) »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など





ブログ解析