« AnigozanthosRedGreen(カンガルーポー) | トップページ | ライラック »

2006/03/17

ピンクッションVeldfire

NutanVeldfire「オランダのお花ブログ」初登場、ピンクッションです。

原産国である南アフリカからオランダ経由で来ました。

一般的なのは朱色のような赤いピンクッションですが、ピンクッションも種類NutanUPの豊富なお花です。

黄色もあるし、今回のように毛の生えたものもあります。

今回のものは「Veldfire」という名前のものです。



ところで日本では「ピンクッション」と呼ばれている名前。

おそらく花の形がお裁縫で使う”針山”に似ているからだと思います。

ですが、私がオランダのお花屋さんで働いていた時、「ピンクッション」では通じませんでした。

"針山"を説明しても「ふーん・・・?」って感じ。

ところ変わればお花の名前も文化も違う。

ちなみにオランダでは「ヌタン(Nutans)」というかわいい?名前があります。

学名は「Leucospermum」。

オランダのお花屋さんでは日常的に”オランダ名”と”ラテン名”そして”英語での名前”を使うことがあり、オランダのお花屋さんで働き始めた頃はお花の名前を覚えるのが大変だったことを覚えています。

Nutanleaf このお花の葉っぱはこんな形。

葉っぱもなんだか”動物の手”みたいでかわいい。

« AnigozanthosRedGreen(カンガルーポー) | トップページ | ライラック »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/9145601

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクッションVeldfire:

« AnigozanthosRedGreen(カンガルーポー) | トップページ | ライラック »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など