フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ解析


無料ブログはココログ

« Cynara アーティチョーク | トップページ | AnigozanthosRedGreen(カンガルーポー) »

2006/03/11

Anthurium Clarinervium

anthuriumclarinervium なんだこれ!?

アンスリウムClarinerviumといいます。

アンスリウムの葉っぱです。

上に写真はその葉っぱを何枚も重ねて円形にしてみました。

個性的な模様で、何枚も重ねることによって面白さが倍増です。

デザイナーの血が騒ぐ!?

創作的なアレンジが主流のオランダではこんな素材は大人気です。



この葉っぱにはとても特徴があります。

毛が生えているわけではないのですが、ベルベットのようなツヤ・光沢感があり、少し硬い感じです。

そしてなによりモチのよさ。

切花としても数ヶ月行けちゃいますよ。

そしてドライにもなります。

というか、以前「いつまでも生きてるなぁ」と思っていたらいつの間にか水がなくなっていて、すでにドライになっていた!のです。

色も光沢感も変わらなかったので、水がなくなっていたことに気付かなかったのです・・・



最近は鉢モノも少し流通しているようです。

以前お花屋さんで見つけ、もちろん買いました!!

その鉢にはお花も付いていました。

いわゆるアンスリウムのカラフルな花ではなく、細く地味なタイプのお花。

以前Arrowという種類のアンスリウム(切花)を入荷したことがあるのですが(2005年11月23日のブログ参照)、同じタイプの花でした。

もう数ヶ月になりますが、もちろん大事にしています。お花は枯れましたが・・・



ただ・・・今のところとても値段が高いのが難点。

切花としては茎も短いので(10センチ前後)用途の幅が狭くなってしまいますよね・・・

でもそのうち国産やアジア・ハワイ産が大量に出回り始めるのでしょうか・・・

それはそれで嬉しいような寂しいような・・・

レアモノはいつまでもレアモノであってほしい・・・

« Cynara アーティチョーク | トップページ | AnigozanthosRedGreen(カンガルーポー) »

コメント

私の初ブログにコメント涙が出るほどうれしかったです~~(^^これからもこちらのHPに刺激を受けてがんばりまあす。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/9052579

この記事へのトラックバック一覧です: Anthurium Clarinervium:

« Cynara アーティチョーク | トップページ | AnigozanthosRedGreen(カンガルーポー) »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など