« オランダのバレンタインデイ | トップページ | Hellebours »

2006/02/19

スノードロップ

snowdrop 先週、あと5週間で出産というオランダ人の友人Marloesとアムステルダム郊外にある広大な森「AmsterdamseBos(アムステルダムス・ボス)」へお散歩にいきました。

アムステルダムス・ボスは、山のないオランダでは貴重な森で、アムステルダムや郊外の市民の憩いの場となっています。

日本で想像する公園という規模ではなく、森です。

こんな真冬の寒い中森を散歩なんて、私もずいぶんオランダ人化したものです。

といってもこの日は午前中は冬には珍しい大雨・強風が・・・しかしお昼過ぎから午前中の天気ががうそのように晴れ、オランダ人なら誰もが?アイスクリームを食べたくなるような陽気(7度くらい)だったのです。

そんな大木の森を歩いていると川(運河?)の両ヘリに白いお花が!

先日ブログでクロッカスのことを書きましたが、クロッカスより早く可憐なお花を咲かせています。

とても幻想的な風景だったのですが、残念!写真を撮りませんでした。



しかしアムステルダム・ボスでは他にも感動的?な経験をしました。

少し歩いていくとそこには「動物ふれあい広場(正式名称はわかりません)」なるものがあり、多くの子供たちがお父さん・お母さん・保母さん(と思われる)方たちと遊びに来ていました。

無料の施設で、そこではヤギを中心に豚やニワトリなどが放し飼いになっています。

多くの赤ちゃん(ヤギ・ブタ・ひよこなど)もたくさんいました。

そしてなんと!サクに入って動物たちと遊んだり、ミルクをあげたりできるんです。

赤ちゃんヤギのサクの中ではミルクをあげました。

ミルクは施設で50ユーロセントで小さな哺乳瓶に入って売っていたものです。

ここはなにもかも私にとっては初体験。

ヤギに触るのも干し草に座ってミルクを赤ちゃんヤギにあげるのも、ヤギが私のコートや髪をかじったり・・・

かわいいことには違いありませんが、初めはかなり!!抵抗がありました。

でもそのうち周りのオランダ人の子供たちと同じようにはしゃいでいました。

すごく貴重な経験をした気分です。

goat1goat2  こんなハンサムヤギもいました!

そうそうMarloesはヤギと遊んだ後アイスクリーム食べていました!(やっぱり!)


最近は世界中で「鳥インフルエンザ」が広がりつつあります。

ヨーロッパでも感染した野鳥が発見されています。

ここには鳥がいっぱいいますが、大丈夫なんですかね・・・

というか森でなくても、アムステルダムの運河にだって水鳥や白鳥いっぱいいますけど・・・

あまり神経質になることもないのかな・・・

NHKの海外安全情報では野鳥のいるところは近づかないように・・・って言っていますが・・・

さて、明日は日本に向けて出発です。

今週からはまたオランダのお花の輸入をスタートします。

« オランダのバレンタインデイ | トップページ | Hellebours »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/8749658

この記事へのトラックバック一覧です: スノードロップ:

« オランダのバレンタインデイ | トップページ | Hellebours »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など