フォト

Facebookページ          最新入荷情報など

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ解析


無料ブログはココログ

« Anthurium RosaAntique | トップページ | Stillingia »

2005/11/16

Amaryllis DancingQueen

amaryllisDancingQueen1 ブログ初登場のアマリリス。

写真は「DancingQueen」。

八重咲きのアマリリスです。

アマリリスといえば、一重の赤色などが一般的ですが、たくさんの種類があります。

単色のもの、複色のもの、一重、八重、レッド、ボルドー、ピンク、サーモン、ライラック、ホワイト、グリーン系など本当にいろんな種類があります。

アマリリスミニと呼ばれる細くて小さいタイプや変わり咲きのものもあります。

でも日本では切花のアマリリスがヨーロッパほど浸透していないような気がします。

茎が太く裂けやすく割れやすいアマリリスは、アレンジ中心の日本のお花スタイルに合わないからなのでしょうか・・・?

ちなみに普通のアマリリスの茎は直径3センチくらい、なかには5センチくらいのものも!




ヨーロッパでは冬から春にかけて欠かせない代表的な球根花です。

(スウェーデンではクリスマスまでと聞いたことがありますが・・・)

オランダではシンプルなガラス花器などにアマリリス数本を枝物と一緒に丈の長いまま飾るのが一番人気です。

いろんなお花の入った花束にももちろん使います。

たとえばアマリリス5本を入れる花束だと、束ねているところの直径はすぐに10センチ以上に。

アマリリスの茎は空洞のため強くも握れないし、茎はつるつるしていて花の向きを固定させるのも難しいし、花の頭は重いし、初めはかなり苦労しました。

でもそのうち、コツをつかんだようです。

お客さんの前で、ささっとかっこよく花束を完成させることがオランダのフローリストには不可欠です。

「アマリリス10本の花束を」って言われても焦らない!!




amaryllisDancingQueen2 アマリリスは案外長持ちです。

この写真は入荷してから3週間目です。(10/26入荷)

また、水に入れるタイミングや茎を切るタイミング、冷蔵庫から常温にするタイミングをコントロールすることにより、咲く時期を多少ずらすことができます。

球根の花なので新しい花が一番ですが、花の咲き具合をコントロールすることにより、アレンジなどに幅が広がるはず。




写真の花は直径20センチ!

すごい迫力です。

それにしても古めかしい定規ですみません・・・

« Anthurium RosaAntique | トップページ | Stillingia »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/7239185

この記事へのトラックバック一覧です: Amaryllis DancingQueen:

« Anthurium RosaAntique | トップページ | Stillingia »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など