フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

オランダのお花ブログINDEX

« Anigozanthos(カンガルーポー) BronzeOrange | トップページ | Eucalypthus Boule »

2005/10/13

Germini Madness

gerberaMadness今日はこのブログ初、オランダのガーベラを紹介します。

「Germini Madness」

ガーベラミニサイズ(直径7~8センチ)で、秋にピッタリのエンジ色のガーベラです。

花びらは一重ではなく、中心までびっしり詰まっています。

資料によるとベースライフ(切花としての寿命)は2週間前後だそうです。

写真はガーベラが箱に並んで入っている様子。

オランダから入荷する際は、こんな状態で箱に寝かされて届きます。

オランダでもガーベラ・ガーミニの多くは箱入りのこの状態で流通しています。

箱入りでない場合は、アールスメーヤ規定のバケツで、水に入って出荷されます。

その場合は、日本のガーベラのように、一花一花ずつセロファンがかかっていません。

ですから傷も付きやすいです。

箱入りのほうがかなり高値となります。

そのせいか、オランダのお花屋さんでは、ガーベラの値段とバラ(スタンダード)の値段はあまりかわりません。

ガーベラは高いお花の印象(日本と比べると)です。



ガーベラの茎(空洞になっている)はバクテリアに大変弱いです。

花モチは悪くないですが、環境に左右されます。

茎がバクテリアにやられれば、1日で様子がおかしくなったりします。

そんな場合、花が古いと思う前に、花瓶やバケツ、ハサミやナイフまで清潔にしているか、再度確認してください。

アレンジの場合、吸水フォームの使いまわしも危険です。

バクテリアの巣になっています。



先日オランダに滞在した際、ガーベラ種苗・生産会社さんを訪問しました。

その模様を BloemenVanThura HP にレポートしています。

よろしかったらそちらもご覧くださいね。

« Anigozanthos(カンガルーポー) BronzeOrange | トップページ | Eucalypthus Boule »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Germini Madness:

« Anigozanthos(カンガルーポー) BronzeOrange | トップページ | Eucalypthus Boule »

Twitter



オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




無料ブログはココログ