« オランダお花の生産会社さん巡り(2) | トップページ | Banksia Dry »

2005/09/21

Eucalyptus Kardinal

しばらくオランダに滞在しておりましたが、今週より日本に戻り、さっそくオランダからの花の輸入を再開しました。

しばらく日本を離れていたので、季節感が薄らいでいますが・・・

オランダは秋・初冬のお花がきれいな時期です。

オークなどの葉っぱもの、バラの実やミニリンゴなどベリー系、すでにチューリップ、アマリリスなども。

特にベリー系(実物)が充実していますが、残念ながら輸入禁止のものがほとんどです。

それでもめげずにオランダの秋、初冬らしいお花を輸入していきます。

EucaKardinal 今週紹介するのは自らアールスメーヤの市場を歩き回って見つけたレアなユーカリKardinal。

鮮やかなオレンジ色のつぼみで、ぽろっとオレンジ色の部分がフタのように取れると、中から黄色っぽいフサフサができてきます。

これが花です。

花が終わるとボタンのような形の実になります。

上の写真の左下に写っています。かなり大きいです!

この一本の枝を見ていると「植物は生きている」という感動を覚えます。

オランダから輸入するユーカリはほとんどがイタリア産。

イタリアも秋になり、ユーカリも含めいろんな実物が豊富な時期になります。

またレアなユーカリが入荷できるといいのですが・・・

ところで以前(2005.7.20)にもユーカリのことを書いたことがあります。

euca1 その日の記事の後半に書いた、2本のユーカリ。

この写真はそのときのもの。

私が数年前に種から育てたものだったので、2本だけが育ち、今では屋根より大きくなったのです。

それが・・・・

私がオランダ滞在中にやってきた台風13号の強風で1本が倒れてしまったそうです。

屋根を壊す勢いだったそうで、残りのもう1本も危険と判断。

台風の中両親が半分に切ってしまったそうです。

オランダから家に戻ると見通しのいいさびしい庭になっていました・・・残念です。

でも半分になった1本も約1ヶ月で新しい葉をたくさん付け始め、前よりも健康的に見えます。

せっかく育ったのに残念ですが、残った1本をこれからも観察していこうと思います。

« オランダお花の生産会社さん巡り(2) | トップページ | Banksia Dry »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/6107633

この記事へのトラックバック一覧です: Eucalyptus Kardinal:

« オランダお花の生産会社さん巡り(2) | トップページ | Banksia Dry »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など