« Eucalyptus Kardinal | トップページ | Rose bluePainted(青バラ) »

2005/09/25

Banksia Dry

今日はBanksiaのドライを紹介いたします。

バンクシアは私の好きな花の一つで、たまにオランダから南アフリカ産のものを輸入しています。(2005.7.14に関連記事)

banksiaDry 今日紹介するバンクシアはオランダの問屋さんで直接購入し持ち帰ったもの。

黒く見えていますが、これは焼いて黒くなったもの。

聞くところによると、バンクシアは焼かれて始めて中から種が出てくるそうです。

自然の火災を利用して子孫を残していくのでしょう。ロマンです。

生きているバンクシアは黄色やオレンジ色のタワシ状のフサフサが付いていますが、

その中はゴツゴツとした堅い部分からできています。

そこには貝のようなデコボコがあり、そこがパクッと割れて中から薄っぺらの種が出てきます。

その貝のようなゴツゴツがとても面白く、オブジェとして人気があります。

バンクシアも種類の多いお花ですので、ドライもいろんな表情があります。

写真は2タイプのバンクシアが写っています。

私はいつか南アフリカの自生しているバンクシアを見てみたい・・・そう夢見ています。

« Eucalyptus Kardinal | トップページ | Rose bluePainted(青バラ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119897/6107887

この記事へのトラックバック一覧です: Banksia Dry:

« Eucalyptus Kardinal | トップページ | Rose bluePainted(青バラ) »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など