トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

Cannamois Virgata

cannamois 「Cannamois Virgata」という南アフリカのお花(葉?)。

オランダでの通称は「Pokers」。

日本でも一部この名前で通っているかも。

オランダの市場の方の話では「葉?」との事ですが、

見た目はまさに日本の竹。竹の子を長くしたような・・・

長さは80~100センチ以上、茎の太さは2~3センチ。

花モチもよく、大きな生け込みやデコレーションに最適です。

値段もそれほど高くなく(私的には)、気に入りました!

2005/06/29

Astilbe PurpleVison

astilbe_purplevision 日本・オランダ共に5~7月頃出回るアスチルベ。

ピンク・白・赤・ダークレッド・・・、いろんな色があります。

色により、花束やアレンジの雰囲気を違うものにするアスチルベ。

決して花モチのいいお花ではありませんが、人気があります。

今回オランダの市場に「パープルビジョン」という紫色のアスチルベを

見つけました。

入荷前は「どうせピンク系か赤系だろう・・・」とあまり信用していませんでしたが、

なんと!本当に紫色でした。しかもかなり怪しい紫色!

スナックなどの暗い場所での生け込みにも光を放ちそうな

そんな力強い雰囲気をもったアスチルベでした。

オランダでも数週間しか出荷されないレアなアスチルベです。

2005/06/23

Haemanthus

haemanthus1  haemanthus2

写真の花は「ハエマンサス」(ヒガンバナ科)。

6月ごろオランダの市場に登場します。

茎の長さは80センチ位、茎の直径は2~3センチ位(太い!)。

花は「彼岸花」や「ネリネ(ダイヤモンドリリー)」みたいな付き方。

細かいオレンジ色の花がたくさん集まっています。

写真ではわかり難いですが、中心までつぼみもいっぱいあります。

花の部分は直径10センチはあります(大きい!)。

値段も高いです・・・

でも花モチはとても良いので(常温で1週間以上平気です)、

花にはつらいこの時期の生けこみなどにはとてもお勧めです。

2005/06/22

Allium Schubertii

allium_schubertii 日本でもオランダでも5月~6月に出回るアリウム類。

日本では青紫の大きなギガンジウム等が人気ですが

オランダでは「これもアリウム?」って驚くような様相のものまで多くの種類があります。

写真は「schubertii」、スパイダータイプのものです。

今回の写真のものは穂?が10~15センチくらいの比較的小ぶりのタイプ。

中には穂?の長さが30センチ位のものもあります。

穂の先端の紫色の部分の花が咲き終わった後、花びらの中心にある緑色のめしべが膨らんできます。

そしてそのころにはドライにすることができます。ドライオブジェとしてかっこいいです。

オランダでは花の終わったアリウム類は「アリウムシード」として市場にも出回り続けます。

お花屋さんでは「アリウムシード」も花束に入れたり、デコレーションに使ったりします。

楽しく長く使える花材なのです。

トップページ | 2005年7月 »

Twitter



  • Photo Collection by Thura

オランダ・アムステルダムの様子

オススメ ホテル予約サイト



  • Booking.com

オランダ・ヨーロッパへ出かけませんか?




海外旅行・留学情報など